ジョジョリオン 4 (ジャンプコミックス)

  • 1406人登録
  • 4.11評価
    • (129)
    • (157)
    • (67)
    • (9)
    • (1)
  • 91レビュー
著者 : 荒木飛呂彦
  • 集英社 (2013年5月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088706429

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ジョジョリオン 4 (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

  • カツアゲロード、怖すぎィィイ!!
    水着✖パンケーキで朝ご飯=えせハワイ気分♪

  • 攻撃してくる相手はいるけれども必ずしも「敵」ではないというところも、その相手が使うスタンドが直接ではなく搦め手から攻めてくるというところも、杜王町らしいなあと思う。ただ、その分、展開が遅いよね。ボーン・ディス・ウェイはここまで引っ張る相手なのかとか。

  • ボーン・ディス・ウェイ戦決着から次の相手までの第4巻。
    ボーン・ディス・ウェイ戦の決着そのものはシンプルにつけられるのでこれまでのシリーズよりもあっさりとした知略対決をわざとやっているような気もしてくる。しかしバイク型が突進するなど絵的な迫力は流石である。

    それ以上に重要なのは戦闘後に明らかにされる事実である。非常に大きい事実がわかるものの、余計に気になる部分が増えるようになっているのが凄い所。4部を読んだシリーズファンがにやりとする関係性も見えてきて非常に楽しい。

  • 待ちに待った感じ。期待に違わず、面白い。
    謎のバイク、ホリーの不思議、ヤスホのスタンド、カツアゲロード。
    楽しさ満載の感。

  • 面白過ぎる。早く次読みたい。長いよ次巻迄ェ。
    著者折り返しの荒木先生のキレっぷり好きだわ。
    とにかく早く続きを読みたいぃ。

  • 作者のコメントに吹き出した。
    「怒」の季節がやって来たかもしれない。

    主人公の正体にせまる衝撃的な事実。
    新たなる味方?家政婦さん。
    天然なライバルにも目が離せない!

  • よく思い出したら、あーあの人!がいっぱいいる。ブチャラティ出るかな〜(笑)

  • 定助の正体に関するアイディアが面白かった。吉良吉影の能力が4部に関係していた。定助の正体の答えが気になる。

  • 虹村さんがホリーの娘って…
    どんなんなってくんだろ?

    ペイズリーパークって、殿下から再び。

  • 吉良との関係が明かされて、さらに気になる謎が。

    ホリーさんのことも気になるし、ヤスホちゃんのスタンド能力が今後どんなふうに関わってくるのかも気になります。

    カツアゲロードで爆笑しました(笑)

  • たッ、玉美登場かッ!?とちょっとときめいた。そうか〜。噴上とかも出てくる可能性あるかな?重ちーも。しかし謎が増えていくなぁ。自分のことが知りたい、だから学校へ行きたい。この発想が新鮮だった。自分の嗜好や得意不得意を知るために学校へ行く。そういう観点で学校を見たことなかったもんなー。しかし仗助だったら、あのカツアゲロード楽勝だったのに。

  • ボーンディスウェイの本体とか、やっぱりそうだったかあ感があった。
    でも女の子がみんな可愛い。ヤスホとコウイチが重なってて今まで読んでた人も楽しめるんじゃ

  • 遂に登場、スタンド「ボーン・ディス・ウェイ」!ガガ様楽曲由来なのかしら?東方家メイドの虹村さんから明かされるまさかの事実は、果たして真実なのかが気になるところ。
    康穂のスタンド「ペイズリーパーク」はナビ機能だけ?まだまだ何かあって欲しい!ペイズリーパークは何由来なんだろう。
    相変わらずのジョジョクオリティで楽しめました(笑)

  • タクシーオープンから、迂回路を探せ、の流れがすごく楽しい。

    危険を意識して近づかないようにしているのに、関係のない第三者の行動(第三者からしたら当然の行動)で、窮地に追い込まれる。
    この導入がね、すごく楽しい。

    錠前の上位機種みたいなスタンド出てきて、待て次巻。

    しかし、ハーフ&ハーフが4巻での最大の衝撃。

  • まさかの展開…!表紙の色彩が美しい

  • 『ジョジョ』において、"自らのルーツに悩む主人公"というのは新鮮だ。
    これまでの主人公は、血統の誇りを胸に戦っていたからねえ。

    「カツアゲロード」は小林玉美を思い出すなぁ。このネチネチ嫌らしい感じが面白い。

  • 今までのジョジョリオンの中で一番盛り上がった巻だと思う。
    レモンとみかんという副題のかわいらしさに、読む前は「?」だったのですが、ぞっとしました。虹村さん好きになった。
    すきっ歯設定なんて珍しいなと思っていたのですが、まさかそんな秘密があるなんて。
    これから更にどうなるのか本当に楽しみです。次はいつでるんでしょうか。

  • 地中に埋まっていたのにはそんな秘密が!!相変わらず展開が読めなくて面白すぎです。とりあえずホーリーさんがカッコイイ。ヤスハちゃんも可愛い。続きが楽しみですよ!

  • 定助のたまたまたまたまとすきっぱの謎が明かされました。…あれっ?すきっぱもそうよね??笑
    この巻は常秀がけっこーよかった。続きが楽しみ。

  • いい感じに謎が膨らんできた。
    挑戦し続けている作家だと思う。

  • レモンのみかんのくだりは衝撃的。失われている、のもこのくだりと関係しているのだろうけど、今はただただ謎。四部を再構成してる感じはあるものの、ここまで見た限り絵もストーリーもクォリティ高くて満足してます。

  • 定助の正体には不気味なものを感じたけど、スタンドバトルはなんだか地味だったな。
    まあ、どこか日常的で、だけど不気味で気色悪い、というのがこのシリーズのコンセプトなのかもしれないけど。

  • 徐々に明らかにされる定助の正体。
    とともにまたもや現れる謎。
    なんとも興奮の展開で楽しかった。

  • ジョースター家、改め吉良家の人々が登場する今巻

    レディーガガが元ネタの敵スタンドは久々の自動追尾型スタンド
    我らの康穂ちゃんも念願のスタンドを発動!

    歴代ジョジョ一番の泣き虫、東方定助が究極のアイデンティティ崩壊に見舞われる。かわいそすぎるわ。

    http://goo.gl/DPzso

  • 個人的にジョジョ史上№1の面白さ!!第4部が好きだった人、ジョジョのバトルより奇妙な物語や何気ない会話が好きな人には悶絶の内容です。既に第5巻が待ちきれない。

全91件中 1 - 25件を表示

荒木飛呂彦の作品一覧

荒木飛呂彦の作品ランキング・新刊情報

ジョジョリオン 4 (ジャンプコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ジョジョリオン 4 (ジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジョジョリオン 4 (ジャンプコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ジョジョリオン 4 (ジャンプコミックス)の作品紹介

吉良吉影の母親ホリー・ジョースターに会う為、彼女が入院している大学病院へ向かう定助。だが、その行く手を黒いライダー姿のスタンドが阻む! その頃、先に病院に辿り着いた康穂は、ホリーに急接近していた…。


ツイートする