ハイキュー!! 6 (ジャンプコミックス)

  • 2261人登録
  • 4.39評価
    • (224)
    • (166)
    • (51)
    • (1)
    • (0)
  • 90レビュー
著者 : 古舘春一
  • 集英社 (2013年5月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088706665

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ハイキュー!! 6 (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 表紙いい。表紙を見るかぎりは及川の方が格上かな。アニメも最高だったけどコミックもいい。セッター対決シビれる程カッコいい。が、しかし早く最新の月島の巻まで行きたくて、読みたいが買えないというジレンマ。西谷、菅原、澤村好きだ。次は菅原さんが登場するので楽しみは倍以上。

  • 「天才」主人公の影で、脇役だったチームメイトたちにも光。天才と思われていた敵役は実は努力の塊。
    主人公が天才、二人組、という設定が少し異色ではあるのだけど、基本的にエピソードは王道、王道、ひたすら王道。なのだけど、それだけに気持ちいい。凡才の努力が、天才をさらに高みに立たせるための礎となっていくのが気持ちいい。必殺技とかでなく、地道な積み重ねでバレーへの愛が感じられるのが気持ちいい。
    あとは、あえて言うなら画力かなぁ。比べるのもなんだけど、スラムダンク井上雄彦さんの、動きを感じさせつつ美しさのある絵、とつい比較してしまう。それくらいの名作。

  • 伊達工の無口くんみたいなキャラ大好きです!
    おまけにも涙

  • 伊達工戦決着。青葉城西戦開始。

    技巧派で見目もいい及川が、決して天才ではないというのがいい。軽やかに努力を隠し、巫山戯た態度を取るが、その及川を信頼している青葉城西のチームが本当にすてき。
    センスある天才影山は、菅原のプレイに何を学べるか?続きがはやく読みたい!!

  •  前半の伊達工戦をひたすら読み返してしまっています。伊達工好き!
     もともと「ふたをあけてみれば強豪校の猛者たちも普通の高校生でした」的な描写が大好きなんですね。古いマンガになりますが「帯をギュッとね!」に登場した名門千駄谷学園の皆さんなんて、今も忘れられないくらいです。大仏に似てるからあだ名が「大仏」(でもそれに返事をしてくれる人間のできた生徒w)とか、1年生が「今日の試合が終わったらお父さんお母さんと中華料理を食べられるんだ」ってうきうきしていたシーンとか(柔道漬けの寮生活なので大きな試合の日は久しぶりに両親と会える日なのです!)

     …脱線しました。
     この伊達工も、「味方エースを以前完封してくれた」「鉄壁」「しかも顔怖い」…と、試合前の何度かの遭遇ではもう悪魔のようなイメージで、ところが話が進むにつれて、キャプテンは苦労人だし怖い顔の彼は至って温厚で真面目(公式設定)
     すっかり応援したくなってしまいました。
     とどめに試合後のキャプテンのひとこと。「俺達の代は”ハズレ”と言われてた」泣けます。
     当然ながら烏野に負けて、当分登場もないと思われる彼らですが、この巻ではカラーイラストや書き下ろし舞台裏マンガなど、彼らにスポットをあてたおまけがいっぱい。ありがとうございました・゜・(ノД`)・゜・

  • ノヤっさんの足の回と、最強の龍の回が収録されている時点で★5をつけないわけがないじゃないのよ、と思っていたら、たった2ページの番外編に涙腺が崩壊した。本当に、紙の向こうで笑ったり泣いたりしている人間が存在していることを丁寧に描く作者さんだなぁ。ますます鉄壁に磨きをかけた伊達工の話を読める日が来ますように。

  • 因縁の伊達工業戦も終わり、青葉城西戦へ。

    及川のえげつなさ。影山のテンパリっぷり。
    満を持しての、菅原登場です。

    が、ここはやはり田中先輩のかっこよさが光る6巻ですな。
    うん。
    一人ひとりに焦点当てて、登場人物に対するテンション上げさせながら、試合展開のテンションも上げられていく。
    なんだか、ぐいぐい選手個人に惹き込まれていくわけです。

    及川のえげつなさも光るけど、それを克服する田中先輩が輝いちゃってます。

    番外編の伊達工業のエピソードもいい。

  • 西谷が足を使ってボールを取ったシーンは思わずゾクゾクした
    7巻はスガさんの活躍が見られそうで今から楽しみです
    そしてやっぱりこれを読むと自分もバレーがしたくなる

  • 相手からの目線にして日向の顔切らすことで日向の速さを表してるコマが上手いなーって思った。
    なかなかここで本人の顔をぶった切れないよなぁ普通。

    反射的に足でとる西宮がカッコよすぎる!!
    てかバレーって足いいんだね!知らなかった笑
    及川のサーブ返す姿とか、後ろで繋いでくれる姿がいちいちカッコイイ(*´Д`*)

    田中のメンタル見習いたい笑

    最後の伊達工に思わぬ所で泣かされた(っω;`。) 笑

  • 2016.8.28再読
    (あらすじ)対伊達工、2-0で烏野。第2セット、ノヤさん、足で拾う。最後に旭さんが決めて試合終了。対青城戦。及川さんは人を見ている(敵も味方も)。第1セット中に速攻の使い分けの合図を見破られる。田中さんは折れない。影山焦りすぎ。セッター、菅さんに交代。
    (感想)及川さんのキャラも好き。天才っぽく見せてるけど実は努力型。

  • 伊達工との試合が終わり、次は青葉城西!及川くんはやっぱり凄いな~(^o^;)烏野も前回戦った時より成長してるp(^^)q

  • 旭さん復活!伊達高戦はノヤっさん、城西戦は田中さんだったなぁ…!2人が好きだ!でもみんな可愛い!!
    青葉城西も深そう…及川と岩ちゃんのコンビ好きよ

  • 影山くんはまだ1年生だし、目標としてた先輩を前に挑発されて周りが見えなくなるのもわかるよ、うん。ここで菅原先輩の出番!ベンチで頭冷やして、次ガツンと行って来い!しかし、西谷くん、漢やわ!5巻でも思ったけど、男前や!そして、月島くんは目立ちそうであまり目立たないねぇ。

  • 見事にハマってしまった。
    及川さんのサーブを返す西谷と、田中先輩がかっこよすぎた!
    次巻のセッター菅さん楽しみ。

  • みんな「漢」という感じで、すごくカッコ良かった!

    貸してくれる友達が、「誰が好き?」と聞いてくるので、もうそろそろ考えようと思う(笑)

  • 才能と努力とコンプレックス

  • 熱いなあ。全員で戦う感じ、いい。

  • 先にアニメで観てはいたんだけどちょいちょい出てくるスガさんの腹黒さが見てて楽しかった
    スタメンじゃない唯一の三年生って色々きついとは思うけどスガさん頑張れ

    伊達工の三年生も周りから色々言われて辛かったろうなーと思うと泣ける

  • 45-53
    光の裏側
    背中の護り
    エースとヒーロー
    指揮者
    VS大王様2
    ザ・セッター対決
    強豪と呼ばれる実力
    エースの資質
    及川徹は天才ではない

  • 1年生で司令塔セッターって大変なんだろうなあ。影山くんがめちゃくちゃ可愛くみえる。

  • 伊達工戦後半、何と言っても、ノヤっさんのスーパーレシーブ! 「間に合わな」というふうにモノローグのフォントが断ち切りになってる演出が物凄くカッコイイ。そして青城戦、大王様にじわじわと追い詰められていく影山の姿にひたすらハラハラした。
    まさかの展開に煽りに煽られた巻末、不意打ちのように番外編で泣かせにかかってくるの、勘弁してほしい……(褒めてます)

  • 伊達工との試合で東峰もトラウマを払拭して良かった。けど、伊達工だって頑張っているわけで、敗けたチームはつらいなぁ…。 番外編でとても切なくなりました。
     さて、青城戦。セッター対決、及川VS影山ですが、及川クンの方がまだまだ上手ですねぇ。及川クンは3年生だから経験の差も歴然です。ここは天才影山の成長への試練ですね。

全90件中 1 - 25件を表示

ハイキュー!! 6 (ジャンプコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ハイキュー!! 6 (ジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハイキュー!! 6 (ジャンプコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ハイキュー!! 6 (ジャンプコミックス)の作品紹介

鉄壁のブロックが武器の伊達工に、日向の“変人速攻"が機能し第1セットを先取した烏野。しかし、脅威的なブロッカー・青根の粘りで伊達工の防御が鋭さを増す! そんな中、ついに烏野がマッチポイントを迎えて!?


ハイキュー!! 6 (ジャンプコミックス)のKindle版

ツイートする