岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)

  • 1588人登録
  • 4.26評価
    • (223)
    • (200)
    • (77)
    • (6)
    • (0)
  • 141レビュー
著者 : 荒木飛呂彦
  • 集英社 (2013年11月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088708720

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

  • GUCCIとコラボしてる。世界の岸辺露伴。荒木先生の圧倒的世界観を楽しめました。

  • 岸辺露伴を語り手に、奇妙で怪しい話を
    収めた短編集。
    正直「奇妙な話」としての奇抜さは
    そういった類の文芸作品をいくつか
    読んだ事がある人なら、
    満足のいくクオリティではないだろう。
    荒木先生のマンガの魅力の一つは、
    登場人物やスタンド能力等の
    個性的で美しいデザインや、
    バトルの迫力といった所にあるが、
    この作品はそういった魅力的な所が
    感じられなかった。

  • 動かない(出かけまくる)

  • 岸部露伴旅行記。

  • どれもホラー面白くて良い

    あと、相変わらず岸辺露伴はちょっととんがり過ぎててそこもいい

  • 露伴先生のスピンオフ!

    この世にも奇妙な世界観が大好き!
    トニオがまた出てきてうれしい!
    トラサルディー料理食べてみたい!

  • ジョジョを読んだことがない人も、ヘブンズドアーの能力とか、スタンドの概念とか、そんなことわからなくてもきっと面白いと感じるはず。

    各話で描かれた時期が違うので、絵柄が変わっていっているのも荒木先生のファンとしては楽しかったです。六壁坂の絵が一番好みでした。7部描いてたときくらいでしょうか?それにしても、表紙が素敵過ぎて、いつまでだって眺めていられる…笑


    (´・ω・`) ココカラネタバレアリ〼


    懺悔室のポップコーンや富豪村のとうもろこしのシーンは、4部のジャンケン小僧や6部のキャッチボールに似た緊張感がありました。子どもの遊びのようなことに、命を掛けさせられるあの感じ。とても面白かったです。ポップコーンに火をつけて鳩を遠ざけるところなんて最高でした。

    一番は富豪村。もやもやした不気味さが好きでした。それに編集者の泉さんが憎めない感じで可愛かった(^^)

  • 荒木先生の漫画術の本を読んみ、また読みたくなって読む。
    漫画術の本を読んだ後だとまた見方も変わって、作家の考えを想像しながら読む。
    岸辺露伴が関わるショートストーリー集。

  • 懺悔室 神父様 ポップコーン 鳩 整形手術 幸せの絶頂の時 六壁坂 ド・スタール 光と奥行きと哀愁 つまり「絵画」で心の究極に挑戦しているんだ 必要なのはリアリティだ 庭師 子孫だけを残すのを目的とした妖怪 ジャーナリスト 富豪村 別荘 25歳 マナー違反 自分が一番 オレ様 自然の営み マナーに「寛容」はございません ひとつ得るかひとつ失うか 山の神々の怒りを買うぞ 密漁海岸 鮑のリゾット 鮑の天敵は蛸 トニオ ボーノ 疲れ目 スピンオフキャラクター 岸辺露伴GUCCIへ行くアイコン フリーダ・ジャンニーニ 職人アルチザン 伝統と革新

  • 友達に貸してもらいました
    噂に聞いていたけど本当にアワビと戦ってるじゃん!
    正真正銘のアワビじゃん!(笑)
    荒木さんが露伴のこと気に入ってるあたり、かわいい

  • 短編ながら不気味さ満載。グッチへ行くはおしゃれな作品だった。

  • ジョジョ第4部キャラクター「岸辺露伴」のスピンオフ短編集。濃密な話、迫力のある絵に引き込まれる。登場キャラクターも個性的で面白い!
    収録作品:「懺悔室」「六壁坂」「富豪村」「密漁海岸」「岸辺露伴 グッチへ行く」

  • 買いそびれていたものを古本屋で発見。
    ホラー的な要素もありで、面白かった。

  • ジョジョを離れてもおもしろい。露伴先生が語るだけでさらに面白くなるのがミソ。ミステリー?怪談?伝奇?ジャンルがうまく言えない。
    ジャンプ+で新作も出ていたので、今後も続く様子。不定期?でもうれしい。

  • トニオさん!ひさしぶり!

  • おもしろォーい!!

    この人はホラー作家でもあるな。少しの違和感から徐々に広がっていく怪奇、想像もつかないようなラストのオチ、作画も美しいし最高だな。また露伴先生のシニカルで独善的なキャラクターがいいんだまた

  • 荒木先生は岸辺露伴好きですね。私も好きです。ジョジョのストーリーの主要登場人物の中でも群を抜くワガママさと人間臭さが。岸辺露伴のスピンオフはこれからもどんどん描いていただきたい。
    これを読んでいたら、ジョジョの画集にまで手を出したくなってきました…高いけど。でも、欲しい。

  • 怪談でも少しユーモラスで不気味なのがいい感じ。
    一番好きなのは「グッチへ行く」です。

  • 全編ホラーテイスト。岸辺露伴はあまりストーリーには絡まなくて、あくまで語り部という感じ。露伴先生が好奇心で色々なことに首を突っ込んで危険な目に会うのがおもしろい。

  • 同じ露伴ものでも驚くほどバラエティーに富んだ短編集。知恵比べ、怪談、ショートショート、冒険、ファンタジー。どれも荒木節で短編らしい丁寧な作り。『グッチへ行く』は底本で美しさを知っているだけに残念な白黒・縮小の収録だったけど、もしかして後々「JoJonium」で出すの?

  • ジョジョは第1部以外きちんと読んだことがないのだけれど、このシリーズは読み切りなので本編が分からなくても読める。ジャンプに載るたびに楽しみにしてました。

    好奇心が最優先だけど人への優しさを感じる、露伴の倫理観が好きです。

  • 露伴せんせーの短編集。
    何度読んでも『六壁坂』の緊張感とドキドキ感が凄いです。

全141件中 1 - 25件を表示

岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)に関連する談話室の質問

岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)に関連するまとめ

荒木飛呂彦の作品一覧

荒木飛呂彦の作品ランキング・新刊情報

岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)の作品紹介

杜王町在住の人気漫画家・岸辺露伴。好奇心に溢れ、リアリティを追求する彼が、さまざまな取材先で体験した恐怖のエピソードとは…!? 『懺悔室』『六壁坂』『富豪村』『密漁海岸』『岸辺露伴 グッチへ行く』の5編を収録。


岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)のKindle版

ツイートする