アウターゾーン 12 (ジャンプコミックス)

  • 60人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (3)
    • (15)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 光原伸
  • 集英社 (1994年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088714486

アウターゾーン 12 (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 11巻にミザリィは男を撃退できる絶対の自信があるから決してインランな女じゃないなどと作者は御託を並べておられましたが、ミザリィの力ならセクハラされる前に幾らでも回避出来るのでは?(その代わりお色気シーンは皆無となってしまうが)

    自画像がやけにホラーですね。作者が病んでいる。

  • 後半はジュラシックパーク。
    最初の黒いカードの話は笑うセールスマンのようで怖いわーとなった。
    漫画がこの世の中からなくなるよという思想統制された未来の世界の話は現実に起きそうだなぁと思うとなんとも言えない身につまされる感覚になった。

  • 【再読】

    2013年2月13日

    <THE OUTER ZONE>

全3件中 1 - 3件を表示

光原伸の作品

アウターゾーン 12 (ジャンプコミックス)はこんなマンガです

アウターゾーン 12 (ジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アウターゾーン 12 (ジャンプコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

アウターゾーン 12 (ジャンプコミックス)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする