封神演義 (第6部) (ジャンプ・コミックス)

  • 1042人登録
  • 3.53評価
    • (93)
    • (40)
    • (291)
    • (0)
    • (1)
  • 12レビュー
著者 : 藤崎竜
  • 集英社 (1997年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088721460

封神演義 (第6部) (ジャンプ・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第43〜51話収録。
    聞仲の圧倒的強さ、そして彼の過去が印象的。その全ての始まりとなる朱氏(しゅし)との約束が切ないよ。何百年と守ってきたことを親友と思っていた飛虎にあんな風に言われたら怒るわな。その危機を逃れ無事黄一族は西岐へとやって来たが、なかなか馴染むのは難しそう。また、太公望の機転で姫昌に食事をさせようとするも、失敗に終わる。姫昌好きだから遺言のようなこと言われたらつらい、長生きしてほしい。彼を継ぐ人として選ばれた姫発(きはつ)は紂王と同様の女好き。王族こんな奴ばかりなのかと民から誤解受けそう。

  • 太公望らは刺客・九竜島の四聖を倒すが、続いて現れた殷の太師・聞仲に大敗…!しかし「四聖が民を傷つけた借りを返した」という理由で見逃される。 太公望らは西岐に帰還し、それぞれ修業のために崑崙山脈に帰っていった。 人間界に残った太公望は、殷を討つために正式に西岐の軍師に着任する!(Amazon紹介より)

  • 聞仲めちゃ強い

    『それぞれの現在・過去・未来シリーズ』
    小話かな?と思いきや、わりと見逃せないエピソードでした

  • それぞれの現在・過去・未来など。巻末の「封神演義」を解く15のキーワードが復習に便利でした。

  • 九竜島の四聖との戦いも終盤を迎え、いよいよ追い詰める事が出来たが…その時、強い力と大きな怒りに震える空気と共に聞仲が現れる。誰もが歯が立たずに倒される中で太公望は力を振り絞って聞仲と対峙し、人間だった頃の過去を思い出し、原点に回帰するのだった…聞仲の圧巻な強さよ。「理想を語るには…」「それに見合う力が必要だ!!」の台詞は今の太公望に強く刺さる重い言葉ですわ。何よりも過去編で知った殷と共に生き、多くの死も見て来た男の揺るぎない確固たる信念は太公望らと道は違えども国を想う姿は何にも言えない格好良さ。姫昌と太公望の過去の邂逅の話と現在の流れが良すぎていいわーーそして、次男の姫発は…溌剌とした馬鹿なキャラでありながら人望が厚くで、魅力あるキャラなので今後の成長が気になる。他にも気になるのが武吉のオールマイティーさと妲己のどんどん斬新でありながらもゴージャス化する衣装とそれに伴う楊ゼンの磨きがかかった変化の妲己になったお姿は「楊ゼン…」と嘆息的な突っ込みが口から漏れる。

  • 「理想を語るには… それに見合う力が必要だ!
     おまえ達にはそれが無い!」

  • 聞仲!!
    あとは外伝、姫発(武王)も好きだった!!

  • 藤崎竜

  • 表紙かっこいいよね☆

    聞仲大好き☆

    でもこの巻のあたりでは、まだきらいな部類でした。

    その行動の裏には殷への愛があったのよね。

  • 聞仲もえ

全12件中 1 - 10件を表示

藤崎竜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

封神演義 (第6部) (ジャンプ・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

封神演義 (第6部) (ジャンプ・コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする