封神演義 (第8部) (ジャンプ・コミックス)

  • 1046人登録
  • 3.59評価
    • (112)
    • (37)
    • (297)
    • (0)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : 藤崎竜
  • 集英社 (1998年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088725291

封神演義 (第8部) (ジャンプ・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第61〜69話収録。
    師である清虚道徳真君(せいきょどうとくしんくん)から新たな宝貝と一時的な治療を受けて戻ってきた天化。この師匠の言葉が後々響いてくるのよね。魔家四将を倒した直後、朝歌へやってきたのは趙公明(ちょうこうめい)。65話冒頭のやりとりは何度読んでも噴く、過労のあとに珍しくツッコミ役をする聞仲本当にお疲れ様。そして聞仲から直々に周へのスパイとして乗り込んだ鄧蟬玉(とうせんぎょく)登場。宝貝の説明で全員顔が濃くこと、要塞を壊そうとする場面で「スパイはかわいい」から倒すの反対することに笑う。

  • 魔家四将の冷酷な攻撃に周は大きな被害を受ける!絶体絶命の中、黄天化が復帰し、四将の一人・魔礼青(まれいせい)を食い止める!!一方殷では、打倒太公望のため、金鰲島(きんごうとう)最強の一角・趙公明(ちょうこうめい)が召し出され…!(Amazon紹介より)

  • どうもこの漫画は読者を意識してる目立ちたがり屋さんが多いみたいですね(笑)

  • 易姓革命。名実ともに対決の準備が整いました。駄文が結構おもしろいです。目黒寄生虫館、一度は御訪問を。

  • 西岐に魔家四将を送り込み、民を巻き添えにした戦闘の中で負傷した太公望は仲間に策を授けて任せる。仙人同士の戦いは終了し、周と殷の戦争の気運が上がるなかで周内部で動く怪しい影が…天化の気迫もさることながら、楊ゼン強ぇぇ!!そりゃあ、主人公の影が薄まるわw趙公明だ!懐かしいわーこいつめちゃくちゃ濃ゆいキャラ何だよなぁw蝉玉も初登場し敵味方関係なくボケの割合が過剰です。で、土行孫とのラブコメ展開での引きで終了って(^∀^;)民衆への演説では姫発は姫発らしい飾らない演説で流石、姫昌の子という感じで王の風格がキラリと光る良いシーン。殷の妲己も妲己らしい末恐ろしい感じと妲己コールには参った。

  • 「だが… 出来る限りは犠牲を最小限に抑えたい。
     これは仙人界の者のおごりなのやもしれぬが……
     それでも わしはいやなのだ!」

  • 表紙が天化!
    本編は趙公明が登場!!

  • 藤崎竜

  • まず最初に。
    この表紙の彼が一番好きです!!!!!!!!!!!!!!!!
    天化。天化。
    やさしい彼が好きだ。

    藤崎さんも作画が素敵すぎる。
    週刊誌に連載されていたとは思えないくらいクオリティの高いトーンワーク!画面構成!!
    すごい。本当にきれいと思う。
    うますぎる。
    ふじりゅーイイ!

    ラストは賛否両論だったけど、私はあれでもよかったのかなーって思ったりしたりして。

  • 天化と楊戩がかこいい巻。
    かなりお気に入り

全21件中 1 - 10件を表示

藤崎竜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

封神演義 (第8部) (ジャンプ・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

封神演義 (第8部) (ジャンプ・コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

封神演義 (第8部) (ジャンプ・コミックス)のKindle版

ツイートする