明稜帝梧桐勢十郎 (4) (ジャンプ・コミックス)

  • 252人登録
  • 3.28評価
    • (13)
    • (11)
    • (86)
    • (3)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : かずはじめ
  • 集英社 (1998年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088726281

明稜帝梧桐勢十郎 (4) (ジャンプ・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 明陵高校生徒会長、明陵帝・梧桐勢十郎。超わがままで、超外道。
    激戦サバイバル球技大会で卑怯な手で勝ち上がる梧桐。
    同じく卑怯な手で勝ち上がった武実と決勝戦のゲートボールで対決。
    柔道部の助っ人。
    梧桐を憎む正義感の強い嘉神と東京ドームで対決。

    球技大会の梧桐と半屋との対戦で、梧桐の外道っぷりに笑えた。
    この巻は結構ツボだった。

  • 「ならば人に自分の正義をおしつけ、その相手を傷つけるおまえは何様だ」

    嘉神でた

  • 柔道部入部はいい話。悪い顔して、やることはハチャメチャの中に愛。こんな生徒会長も悪くない。
    遂に嘉神登場。対決読むと熱くなるなぁ。なぜか若干須藤元気とかぶる…笑

  • あり得ない設定と展開に説得力を持たせるって、結構凄いことだよなあと、漫画を読みながら思います。

  • かずはじめ氏のすっきりした絵が好きだったので、買ってみた本。

    マインドアサシンと違って、ストーリーも色のあるものになって、違う面白さを感じました。
    途中で連載打ち切ってしまったのが残念…

    外観は半屋が好き。
    中身あんな荒くれは勘弁ですが…

  • 嘉神さんが出てきますヨ。でも嘉神さんの魅力バリバリになってくるのはもっとあとだよね。

全6件中 1 - 6件を表示

かずはじめの作品

明稜帝梧桐勢十郎 (4) (ジャンプ・コミックス)はこんなマンガです

明稜帝梧桐勢十郎 (4) (ジャンプ・コミックス)を本棚に登録しているひと

明稜帝梧桐勢十郎 (4) (ジャンプ・コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

明稜帝梧桐勢十郎 (4) (ジャンプ・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

明稜帝梧桐勢十郎 (4) (ジャンプ・コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

明稜帝梧桐勢十郎 (4) (ジャンプ・コミックス)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする