ペルソナ 3―罪と罰 (ジャンプコミックス)

  • 44人登録
  • 3.63評価
    • (5)
    • (5)
    • (14)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 松枝尚嗣
  • 集英社 (2001年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088732022

ペルソナ 3―罪と罰 (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全部通して読みました。

    何度読んでも、通しで読むと毎度毎度ラストで泣いてしまうんですよね。「冬になったらまた遊べるホー」のところで。

    誰しもが、それぞれこう生きたいという自己を抱えていて、時には衝突もする。しかし、それでもいつかは和解して行くことができる。自分を殺したり、なかったことにするのではない。罪を恐れ、罰に怯えるだけの、孤独な存在ではない。
    「もうあの頃には戻れなくたって
    俺達の心はいつも一緒だ…!」
    と言い切れる強さを、一実は手に入れたんだなぁと思います。

  • 最後だけ、何年も前に雑誌で読んだ事がある。こんな形で再会するとは面白い。

  • }尚嗣

全3件中 1 - 3件を表示

松枝尚嗣の作品

ペルソナ 3―罪と罰 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ペルソナ 3―罪と罰 (ジャンプコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ペルソナ 3―罪と罰 (ジャンプコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする