銀魂-ぎんたま- 1

  • 9417人登録
  • 3.74評価
    • (1838)
    • (974)
    • (3368)
    • (32)
    • (15)
  • 1267レビュー
著者 : 空知英秋
  • 集英社 (2004年4月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088736235

銀魂-ぎんたま- 1の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どこから来て、どこに行くのか分からない、聖域なき?ギャグマンガ。
    今はこういうのがとても増えたけど、このマンガが草分けだったのかな。とても刺激的だ。

    ボケもツッコミも毒が多いけど、どこかあたたかいから、安心して読める。
    主人公がここまでぶっちゃけているのは、やはり面白いなあ。糖尿病のケがあって、再放送大好きな主人公って(笑)

  • 退屈すぎて机につっぷしてた高校生活をガラっと変えてくれた一作 私は姿勢を正して机に座り、毎日コツコツと銀魂を最新刊まで読み、先生に怒られた

  • あつくるしい少年漫画は基本得意分野ではないのですが、限られた人ひとりの積載量の中で、何を大切にしていくかというこの漫画のテーマは、わりと大人の心にもざっくりと刺さるえぐさがあります。大事件に巻き込まれる長編回より、一話完結の、独特のギャグを交えて進む人情話が好き。主役の銀さんもかっこいいけど、ある程度の人生を生きた等身大のオッサン(の本音)を描かせたら、この人の右に出る人はいないと思う。

  • 一度読んで受け付けないと察知した
    文字ばっかだし下品だし主人公の目は死んだ魚だし

    二度目読んで
    一度読んでやめたことを後悔した

    内容は主人公の営む万事屋の住人たちが巻き起こすドタバタギャグ下ネタ人情話(ん?)

    主人公は目は死んでるし糖尿病寸前だしガキだしぐうたらだし
    準主人公はツッコミしかできないしオタクだしヘタレだし
    ヒロインは主人公より強いし(おい)ゲ●吐くし酢昆布だし


    けどいざという時にはきらめいて活躍する
    主人公だけじゃなくみんな輝くからあら不思議、きっと作者がそのタイプなんだと思う。いざという時にきらめく

    逆を返せば

    いざとならないときらめかない(笑)

    アホな話の中にもかなり人の心のをえぐってくるようないいセリフや人情が垣間見える
    人は腹のうちにどんな爆弾抱えてるかわからないな
    と改めて実感した作品

    万人にはお勧めしません
    けど万人に読んでほしい

    そんな作品です。

  • 実写記念に再読。最初から名言の宝庫だな。

  • 時々銀魂なのに!銀魂なのに!ってなりながら感動してる

  • 銀さんみたいな人間になりたい。万事屋で働きたい。グダグダして、人情に命をかけて、不器用でも温かく生きていきたい。ギャグもシリアスも抜群に面白い。大人の悪ふざけ、万歳!

  • 前々から面白いよ~と聞いていたので、購入!
    ギャグ漫画にしては吹き出し内の言葉が多めという印象ですが、そらち先生の独特の言い回しが実に味のある作品ですので、とっても読みごたえあり!1冊読んでの満足感があります(´ー`) でも何といってもいい話が多いていうのがいいですよね!笑えて泣ける!人気があるのも納得です。

  • ギャグと人情と切なさと下ネタと涙。

  • 既刊44冊もあるのに今更手を出した。
    読む前は、この本読むのにすごい体力使いそう、と思ってたけど意外にそうでもない気がする。

全1267件中 1 - 10件を表示

空知英秋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
矢沢 あい
有効な右矢印 無効な右矢印

銀魂-ぎんたま- 1を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする