封神演義―完全版 (13) (ジャンプ・コミックス)

  • 428人登録
  • 3.75評価
    • (70)
    • (15)
    • (119)
    • (1)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 藤崎竜
  • 集英社 (2006年1月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088737508

封神演義―完全版 (13) (ジャンプ・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 聞仲むっちゃ強くて好きだー!作品が初期の頃から「強い!」というハードル上げまくってきて、表現がこちらの想像を超えてくるのが楽しい!また強さの分かりやすい表現って、マンガとかアニメが持つ表現の強みのような気もする。

  • 戦いの終わりが描かれている本巻。
    初めて読んだ時、悲しくて悔しくて何とも言えない気持ちになったのをよく覚えている。
    普賢は、皆生きてこそと思う人だと思っていた。
    だからこそ彼が下した決断がやるせなく、彼の言葉、何かを成すには犠牲はつきもの、というのが胸をついた。

    そして聞仲と飛虎とのやり取り。
    長きにわたる友情と、決別、そして最後の最後にはわかりあえたと思うやり取り。

    ラストの飛虎の後は任せた!の台詞が最後まで彼らしく泣けた。

  • Thanks to I.Y.

  • 表紙が好きキャラ

  • 聞仲戦最終章の始まり。動力炉を壊し、金鰲を崑崙ごと沈め、怒った聞仲をフクロにする作戦の太公望達の前に、遂に彼は現れる―――。

    この巻は聞仲と、崑崙の仙道&その仲間達との激戦が続き、その大半が封神されてしまうという、非常に悲劇的な巻です。趙公明戦とか、悲しいシーンが今までこのシリーズには沢山あったけれど(そして名シーンだと思ったけれど)、ここまで仲間がバタバタと死んでゆくのは、悲しいを通り越して衝撃的でさえありました。「星降る時」っていうサブタイトルは魂魄の星が降るっていう意味もあるのかなと考えて、また切なくなったり。


    あの人物がまさかの再登場して、あの運命の二人を再会させたり、封神計画にもまだウラがありそうだったり…。最終巻に向けて眼が離せない激動の巻。

  • たいじょうろーくん

    ねてばかりのたいじょーろーくんww

  • 怠惰スーツがほしいです、太上老君。

  • 弟のだがこの巻はうちが買った。
    おもしろいよなー泣くよなー

  • なんか、ラスボス(中ボスか?)を倒すのに、真打ちは最後にでてきているだけだという……。

    ラスボスとはそういうものですが……ちと、かわいそうだな。

  • 何かまたブレイクし始めました。
    絶賛 読み直し中

全20件中 1 - 10件を表示

藤崎竜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

封神演義―完全版 (13) (ジャンプ・コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

封神演義―完全版 (13) (ジャンプ・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

封神演義―完全版 (13) (ジャンプ・コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする