銀魂-ぎんたま- 7 (ジャンプ・コミックス)

  • 2920人登録
  • 3.44評価
    • (296)
    • (149)
    • (1235)
    • (2)
    • (2)
  • 98レビュー
著者 : 空知英秋
  • 集英社 (2005年5月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088738062

銀魂-ぎんたま- 7 (ジャンプ・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 銀さんが交通事故に遭い記憶喪失に! 新八や神楽、万事屋のことさえも忘却の彼方へ。しかも災難は、さらに続き!? 他にも少年ジャンプを賭けた男と男の壮絶な闘いとか、宇宙からの大工とか…。何と神楽の○○も登場!!(Amazon紹介より)

  • 再読

  • 銀さんが記憶喪失になってちゃんとなってしまってどうなることかと思った…!
    やっぱりいつもの銀さんがほっとする。
    桂と幾松の話が好き。
    海坊主編続く。

  • 初めてジャスタウェイの件読んだ時は大爆笑でした。

  • マンションで読む。再読です。今もそうですけど、せりふが多い。読みにくいです。でも、つまらないわけではありません。

  • 銀さん記憶喪失。
    目が死んでいない銀さんなんて!!と思ってしまった。

    ところでジャスタウェイっていったい何なんでしょう。

    そして神楽ちゃんのお父さんが現れ神楽ちゃんを
    連れて帰ろうとするのだが・・・
    パピーの髪!
    強いのに禿げ親父であるのが残念。

  • 漫画の銀魂は疲れる……アニメの方が好きかもしれない。
    これも読むのに時間がかかる割に、「まぁ面白い、かな?」くらいの感想。
    時間つぶしにはちょうど良かった。

  • いろいろツボがあったんだけど、ヅラが幾松さんの所にいる間にだんだん大変なことになっていくエリザベスと、「塚にこい」という花火に10万点!

  • 銀時も全蔵もジャンプに対する執念がすごいなww
    記憶喪失篇では、銀時の側に居ようとする新八と神楽に泣けた。

    幾松さんを助ける桂がかっこ良かった。
    普段バカな事ばっかやってるけど、いざという時はやるよね桂も銀時も。

    56話は、悲しくて切ない話だった。

全98件中 1 - 10件を表示

銀魂-ぎんたま- 7 (ジャンプ・コミックス)のその他の作品

空知英秋の作品

銀魂-ぎんたま- 7 (ジャンプ・コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

銀魂-ぎんたま- 7 (ジャンプ・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀魂-ぎんたま- 7 (ジャンプ・コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする