テニスの王子様 (31) (ジャンプ・コミックス)

  • 737人登録
  • 3.34評価
    • (47)
    • (24)
    • (246)
    • (3)
    • (2)
  • 20レビュー
著者 : 許斐剛
  • 集英社 (2005年12月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088738802

テニスの王子様 (31) (ジャンプ・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 白熱する比嘉中との全国大会緒戦。2連勝で波に乗る青学。続くS2ではなんと、ダブルス専門の菊丸が甲斐と対決!不馴れなシングルスながら驚異的なプレイを見せる菊丸に対して、甲斐も真の実力を発揮して…!?(Amazon紹介より)

  • シングルスで登場の菊丸の覚醒がヤバイ…(笑)。
    この巻だけで何度腹筋が崩壊したか。2度めで更に面白いとかどういうこと。
    許斐剛先生は、天才だ。

  • 菊丸がめちゃくちゃ可愛かった!そして、かっこよかったっ!
    ”戻ってこいよ相棒!!”
    の一言に全部持ってかれた感。
    なんか菊丸くんって今までどちらかといえば甘え役(?)でそれはそれで大石の支えになっていたとは思うんだけど、なんか大人になったというか、成長したな、という謎の感動というかなんというか←
    きっと自由奔放で割と突っ走ってたイメージだったのが前にも思ったけれどさらに周りを見れる子で、思ってるよりもひとつひとつの行為に意味があるんだな、と思った。
    “お帰りなさーい・・・部長!”
    ここもヤバいリョーマめちゃくちゃ可愛いんですけど!ほんと可愛いんですけど!大切なことなので2度(ry
    あと、山吹負けちゃったけど・・・なんかチームとして前よりいいチームになったな~と。
    四天も見れて―っ!嬉しい!四天宝寺の雰囲気超好みです!
    強豪校が集まってきて、手塚も戻ってきて盛り上がってきたぁ!!
    続きも楽しみ♪といっても大体話は知ってるですけどねw
    はたしてこれはネタバレなのか・・・?

  • 友達から借りてたテニスの王子様1巻から31巻を読み終わったぁ~(・∀・)

    なんかもぅ人の体内から煙というかオーラを発した時点から
    もぅ次元が違うわと思ってしまった。

    全国で、さぁ氷帝戦ってところで終わっちゃったから
    なんか、続きが気になる…
    レンタルしてこようかな。

    そして、私はやっぱ立海好きだと思った。
    もぅこれはテニミュ見て立海を好きになったからだと思う。(o´艸`o)ァハ♪

  • 【M】

  • Genius265~273

    vs比嘉戦決着

    氷帝戦の幕開け

  • (2005.12.7 初版)

  • 菊丸シングル中心、手塚の久々の試合まで。
    菊丸はほんとかっこいい、かわいい。一人でオーラリアンフォーメーションは無理って(笑)。
    手塚が行った九州は、タイムスリップだったのか?帰ってきてから3歳ぐらい年取ったようだ。かっこよすぎ。

  • もう言う事がないです。
    ランクを見なさい星5つ!!

  • 菊チャン問題発言!!
    「もうダブルスはやんない!」
    そんなこと言わないでおくれょ〜。

全20件中 1 - 10件を表示

許斐剛の作品

テニスの王子様 (31) (ジャンプ・コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

テニスの王子様 (31) (ジャンプ・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

テニスの王子様 (31) (ジャンプ・コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

テニスの王子様 (31) (ジャンプ・コミックス)のKindle版

ツイートする