BLEACH 23 (ジャンプ・コミックス)

  • 1724人登録
  • 3.36評価
    • (116)
    • (66)
    • (572)
    • (14)
    • (3)
  • 60レビュー
著者 : 久保帯人
  • 集英社 (2006年8月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088741406

BLEACH 23 (ジャンプ・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 織姫の気持ちが切ない。白哉が裏でルキアを席官から外していたことが判明(笑)何だかんだで大事にしてたのね。そして、とうとう一角まで卍解を・・・。卍解ってそんなに何人も使えるような代物だったっけ・・・?

  • ・尸魂界組、一護の部屋。
    ・ルキアが赴任する直前の話

    織姫の可愛さはこの巻がピークではないかと思われる。

    破面の10番代がグリムジョーに引き連れられて
    現世に登場。そこかしこで死神とバトル。

    しかしなんか要らない感じ出されてかわいそうなチャド。


    あんま目立たなかったがルキアの斬魄刀が遂にお披露目。
    斑目さんも挽回!

  • ヤバイな、死神vs破面の闘いがなにやってんのかよくわかんなくなってきた。斑目一角くんは直情型でキャラがハッキリしてるのでけっこう好き。一護といいコンビな感じだし。巻末の番外編の阿散井恋次くんはけっこうキュンとくる。ルキアは一護と恋次どっちとくっつくんだ??

  • アランカルVS現世出張組(ルキア、恋次、一角、弓親、日番谷、乱菊さん)。短い番外編いくつか。1巻直前の一護サイドとルキア&恋次サイド。女性死神協会ものはいつも大好きです。

  • 十一番隊隊員、斑目一角。

  • ハゲ連呼しすぎ。

  • タイトル*BLEACHーブリーチー23
    作者*久保 帯人
    出版社*集英社

    藍染から一護の処遇を一任されたウルキオラ。彼は一護の持つ潜在能力に注目していた。一方、藍染の動向に危機感を抱いたルキアたち尸魂界の援軍も一護の元へ集結。そしてついに死神VS破面、全面対決へ…!!

  • 破面の圧倒的な力に、一角はついに秘蔵していた卍解を披露する。

  • 破面のNo.が強さを表すとしたら、ルキアに瞬殺されたディ・ロイより大きいNo.の破面は物の数じゃないね(破面って何人いたっけ?)。

    井上の嫉妬、ルキアの斬魄刀の登場、一護と茶渡の間の溝、白哉の過保護など細かいエピソード盛りだくさんの巻。

  • 日常生活に破面がいっぱい。
    戦闘シーンは良かった。しばらく出てこなかった高校のメンツがいっぱい出ている点も賑やかで楽しい。
    浅野やたつき、黒崎家がどう絡んでくるのかも期待できる。

    でもウンデシーモて、ディエシセイスて!トレッセて(笑)
    スペイン語かっけーっす。
    久保大先生はどこに向かってるんだろうね。

全60件中 1 - 10件を表示

久保帯人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久保 帯人
有効な右矢印 無効な右矢印

BLEACH 23 (ジャンプ・コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

BLEACH 23 (ジャンプ・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

BLEACH 23 (ジャンプ・コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする