屍鬼 4 (ジャンプコミックス)

  • 1016人登録
  • 3.71評価
    • (70)
    • (79)
    • (139)
    • (4)
    • (3)
  • 37レビュー
  • 集英社 (2009年2月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088746456

屍鬼 4 (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 約30名死亡?

    夏野くんまでもが…!

  • 2014年12月29日

    <SHI KI>

  • この辺りからグッと面白くなるなぁ。原作の細かいところを忘れてしまっているので、近いうちに読み直したい。

  • 「それで親友を殺しちゃうわけ?
     天秤にかけた結果、家族が勝ったってこと!?」

  • 人の心の恐ろしさを知る。単なる怪奇漫画ではないと思います。

  • 起き上がりたちの正体が見え、起き上がり目線も交差する4巻。

    最後、衝撃!
    えー、そう来たか!えー、えー、どう見ても、噛まれてますよね?!
    ていうか、最後までこっち(人間)側で戦うのだとばかり・・・。
    ・・・で、ネットでその後のネタバレを見てしまい。私って、大バカ。

    個人的に、かおりちゃんとその弟が好きなんですが、だいぶ怖いデス。

  • 尾崎と静信の前に、死んだはずの人間が現れる。
    事態に困惑する二人。
    そして、夏野には危険が迫っていた。―――(以上、あらすじ)



    あちゃー…夏野(間接的にだけれど)は招いてしまったのか。
    でも、結構夏野の父親は好きな方ですね。なんだか人間臭くて。
    人間臭いと言えば、田中かおりもそんな感じがしますが。

    そして、やっぱり…そう来たかー。徹も起き上がりだったんですね。

  • 奈緒さんが可愛すぎるのでもっと出してください。5巻は出番がなくてがっかり。

  • 雰囲気すき

  • ゆるやかに物語は進む。
    屍鬼の存在・特徴について分かるとともに、
    主人公の1人に毒牙が迫る。
    屍鬼をモンスターとして扱うではなく、
    人の形あるものとして認識する主人公。
    人の敵として認識する主人公。
    そこが運命の分かれ道だったりするんやね。

全37件中 1 - 10件を表示

藤崎竜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

屍鬼 4 (ジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

屍鬼 4 (ジャンプコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

屍鬼 4 (ジャンプコミックス)のKindle版

屍鬼 4 (ジャンプコミックス)のムック

ツイートする