GANTZ 1 (ヤングジャンプコミックス)

  • 2283人登録
  • 3.69評価
    • (250)
    • (293)
    • (491)
    • (31)
    • (12)
  • 269レビュー
著者 : 奥浩哉
  • 集英社 (2000年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784088761053

GANTZ 1 (ヤングジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 電子無料。怖そうだな~と恐る恐る読み始めたけどやっぱり怖い!設定は面白いけど続きは無理だな…

  • と、
    いうことでガンツも!

    昔からあったのが、
    勇者を探すために召喚魔法で勇者を異世界から招き入れるっていうやつ。
    ガンツの場合は、
    異世界ではなく魔法ではなく、
    この、
    地球で死者を生き返らせて勇者にするアイデアは古いパターンを上手く壊して新しくしたよね!
    と、
    言う点が凄い!

    最初の「ケイ」ちゃんって意外なまでに残念な子だったのねぇ。。。
    「加藤」の方がましな。

  • 想像できないことばかりの展開に読んでいると面白い。もうわっさわさ人が死ぬし…。
    そういえば最後どうなったんだろう

  • 最初の頃は読んでなかったので読んでみたが、色々突っ込みたいところがあるというか、みんなモタモタしててすごいストレスだった。
    中盤から面白くなるらしいのだが、本当なのか。言われてなかったらこの巻で切るレベル。

  • 轢死。
    全裸おっぱい汗巨乳たぷんっ。
    ねぎ星人。

  • 大阪編までは続きが気になって仕方なかったけど、いつの間にか読まなくなった。この間、最終巻が出たというので溜まってた巻を一気読みしたけど、やはり残念な漫
    画になってしまっていた。

    作者は、不条理な世界を描くことは上手かったが、物語を上手く収束させる力は残念ながらなかったようだ。

  • 一話目の電車に惹かれるシーンで度肝を抜かれてハマって、斬新な世界観に圧倒された。でもわくわくしながら読んでたのは大阪編くらいまで。巨人が出てきたあたりでもう結末への期待は無くなった。ただ宇宙戦争もつまらなかったとまで言えないのは見せ方が上手かったからだろう。後半はなんの新鮮味も驚くような展開もなく終了。伏線も置いてけぼり。小学生のときに夢を膨らませて読んでた思い出が虚しい。どうしてこうなっちゃったんだ。

  • とびとびながら読んでみた。絵が多いので、ざーっと読める。一気に読める。
    個人的にはグロいのが苦手でなければ面白いのでは?と思う。

  • ふつーの高校生がガンツという球体に選ばれて宇宙人と戦うお話。
    設定が分かりやすいので世界観にのめり込みやすい。
    大阪編より後は確かにSFの壮大さ故に中だるみ感はあるけれど、最後まで読み切れるレベル
    グロの中にほどよく入るエロ描写が良い。
    また実際にある場所や人物がちらほら出てきて面白い

    映画だけを見て微妙だと感じた人にも是非読んでほしい

  • この1巻を読むのは何度目だろう?全巻読み通したことがなく、いつもここに帰ってくる。
    なぜか、手にとってしまう不思議な作品だ。

全269件中 1 - 10件を表示

GANTZ 1 (ヤングジャンプコミックス)のその他の作品

奥浩哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カネコ アツシ
矢沢 あい
有効な右矢印 無効な右矢印

GANTZ 1 (ヤングジャンプコミックス)に関連するまとめ

GANTZ 1 (ヤングジャンプコミックス)はこんなマンガです

GANTZ 1 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

GANTZ 1 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

GANTZ 1 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

GANTZ 1 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする