明日泥棒 1 (ヤングジャンプコミックス)

  • 156人登録
  • 3.38評価
    • (7)
    • (17)
    • (33)
    • (5)
    • (1)
  • 15レビュー
著者 : 別天荒人
制作 : 外薗 昌也 
  • 集英社 (2008年6月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088774428

明日泥棒 1 (ヤングジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 素直になれなかった過去。忘れられない恋心!

    好きだった人の面影を追いかけて。好きだったのに素直になれなかった。もし、好きだった人と同じ外見をした人が当時のまま現れたら?

    ちょっぴり切ない。けど、元気も出ちゃう?
    そんなラブコメ!

    話が進むに連れわかる気持ち、解かれる謎。
    まさかの展開にどうなる事やら?

    絵がとても綺麗でキャラクターも魅力的!
    主人公と明日、この微妙な関係がはらはらさせます!

  • ぱっと見よさそうだけどイマイチ普通

  • 全4巻

    wikiから引用
    ストーリー
    仕事で多忙な日々に息苦しさを感じている青年・宮迫享一。彼は9年前に別れた元恋人・天堂明日の存在を忘れられずにいた。

    そんなある日、東京上空に謎の巨大飛行物体が出現。異星人のものと思われるそれは享一を目掛けて一筋の光弾を放つ。その光の中から現れたのは、何と明日だった。

    ネタバレになってしまいそうな事が多いのであまり書きませんが、結構面白かったです

  • ちょっとぶっ飛んだ彼女を思い返すところから舞台は始まり…あれよあれよという間にSFラブコメっぽくなる。

    まあ、まだ一巻目なので話が盛り上がっているところの為か、比較的評価は高めかな、と自己分析。

  • ジャケ買い失敗。
    謎の巨大飛行物体から出現したのは、元カノだった…!
    元カノの姿をした宇宙人らしき人物と実在する元カノとの、
    ドタバタコメディっぽい。
    タイトルに惹かれてみたものの、
    予測とは大幅に外れてなんだかなぁな感じだった。
    絵は悪くない。が、いかんせん話が…。
    裏表紙のあらすじを読んどけば良かった…。

  • 明日が好き。メイド服とか可愛い要素をいっぱい詰め込んでる。眺めてるだけで楽しめる。

  • ちょっと無理がある箇所がいくつかあったけど、
    明日がかわいいから許しちゃう。

  • 大人の明日も宇宙人の明日もかわいいー。
    あいかわらず絵うまいなあ

  • 1巻の時点ではまだ未知数だったが、最近読んだ作品としては『自分マンガランキング』上位にランクインされるマンガ。絶妙な人間(?)関係というか、妙な三角関係の不均衡状態がおもしろい。内容的にも「これからどうなっていくんだろう!?」というハラハラドキドキ感がなんともたまらない。これからが実に楽しみな作品。

  • 外薗 昌也が原作ということで、購入。
    しかし、この人、「犬神」とか、「ワイズマン」を描いた人と同じとはとても思えないですね。
    でも、「琉伽といた夏」や、「わたしはあい」を読むと、この路線か……。メチャクチャ、妄想。そして、純情な路線ですね。

    でも、こういう妄想は……、なんだかとっても懐かしい気もします(笑)
    ビーム出すとこまでは、妄想しなかったと思うけれど。

    別天 荒人という人の絵も、けっこう唇が色っぽい絵で、お話にあっていると思います。このマンガに関しては、外薗 昌也が、自分で描くよりもいいかも。

全15件中 1 - 10件を表示

別天荒人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

明日泥棒 1 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

明日泥棒 1 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

明日泥棒 1 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

明日泥棒 1 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする