霊能力者小田霧響子の嘘 2 (ヤングジャンプコミックス)

  • 147人登録
  • 3.57評価
    • (7)
    • (18)
    • (26)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 甲斐谷忍
  • 集英社 (2008年7月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088774794

霊能力者小田霧響子の嘘 2 (ヤングジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昔からあるトリックもハイテクで味つけをしてあるので新鮮。さすが工学部。

  • 人情推理短編傑作漫画。
    非現実な殺人事件がない分、トリックの内容が面白いです。

  • 1巻に続けて2巻も読了。
    彼女の冴えた推理と人情が光る話が続きます。
    1巻では「ジョニー・ゲップ」、2巻では「オッサンズ13」など、ベタなダジャレも登場しています。

    ストーカーの話で、切断した鍵は、切った先端を鍵穴に入れ、合い鍵を使おうとしても開けられないようにするためだ、ということを知りました。なるほど。

    人間の嫉妬や強欲、独占欲や排他主義などといった黒い気持ちが起こす事件の数々を、次々に解明していくだけではなく、犯人の弱い心をしっかりと癒していく、常に弱い側の味方であり続けるオダキョー。
    かっこいいです。実際にこんな人がいたらいいのに、と思います。

  • 頭のいい女王様系の主人公が大好きな私には楽しめる作品。
    嘘は人のために吐く女霊能力者(実際は探偵のようなもの)。

    取り巻きたちの魅力ももっと発揮させてほしい。

  • これ程までに人の心を救う探偵がいたでしょうか!!
    響子さんに骨の髄まで惚れました☆

  • 2008/07/18

  • もう早2巻です。

    特に何も言うことないんですよね。この本。
    小ネタがいちいち面白すぎます。

  • 丁寧であちこちに伏線をちりばめたサスペンスフルな長編心理戦は『LIAR GAME』で、こちらはもっとコンパクトな短編連作形式で頭の体操的推理もの、と棲み分けしているみたい。この片方だけで確実に大変なジャンルを両立していることがまず凄い。

    こういうジャンルだとどうしても小粒なイメージになってしまうのはいたしかたないところとして(まして作者は同時に長編も書いてるわけだしねー)、サクサクとテンポよく謎の提示→読者のシンキングタイム→推理コーナー→人情落ちのエピローグときれいにまとめあげる手腕はさすが。
    この手の頭の体操的推理ものはあえて情を介さずソリッドに話を進めて目の覚める推理でオチとなす(もっとも有名な例としてはアシモフの『黒後家蜘蛛の会』とか)、というのが基本パターンなんだけど、そこにオダキョーの「いい人」ぶりをからめて人情話で落とすあたりに作者、ひいては日本のミステリマンガの傾向が見てとれて面白い。

全8件中 1 - 8件を表示

甲斐谷忍の作品

霊能力者小田霧響子の嘘 2 (ヤングジャンプコミックス)はこんなマンガです

霊能力者小田霧響子の嘘 2 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

霊能力者小田霧響子の嘘 2 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

霊能力者小田霧響子の嘘 2 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

霊能力者小田霧響子の嘘 2 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

霊能力者小田霧響子の嘘 2 (ヤングジャンプコミックス)のKindle版

ツイートする