ねじまきカギュー 2 (ヤングジャンプコミックス)

  • 459人登録
  • 4.13評価
    • (44)
    • (48)
    • (23)
    • (3)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 中山敦支
  • 集英社 (2011年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088792088

ねじまきカギュー 2 (ヤングジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すでに侠客物語のように生きざまに惚れることで物語が成り立っている。愛・友情・ド根性! 今どきテーマとしてあっても声に出せない古い言葉を堂々使うこのマンガ大好き!

  • 極、必要最低限の人間だけで見事に話が回る周る廻る。これぞ才能。

  • エグ美がカッコいいと思った2巻。

    愛のために戦う十兵衛ちゃんだけど、そのために先生がピンチに。
    落ち込む十兵衛ちゃん。そんな十兵衛ちゃんのために頑張る友2人。
    相変わらず怖いくらいのバトルが繰り広げられます。
    学園理事長もなにやら企んでいる様子で、この先もうひと波乱ありそうな気配。

    巻末のマチルダがもう可愛くて!!
    あとカバー下もぜひ見て欲しい!!

  • こわい絵にも慣れてきたら
    ふつうに萌え漫画に思えてきた。
    女の子みんなかわいい。

  • 友情、愛情、根性と溢れでる狂気。回をますごとにカギューちゃんに魅了されちゃう。

  • 学園物で闘うなら風紀委員が当然敵として登場するのはお約束。でも、このマンガの表情の激変はクセになりますねぇ。ダブルで表情が変わるコマはまるでホラー漫画のようだけど。

  • いまひとつ盛り上がらない。
    絵はかわいいんだが。

  • 崇拝的友情!バトルがカッコいい!

  • カギューの「一番の友達」の座を巡って殴り愛、宇宙な富江と朱羽が共同戦線。
    そして駄犬。

    まぁそうだろうね…と言う人物が黒幕だったり、まぁそうだろうね…て人物が百合ってたり、あからさまにアレで使い古された感のあるキャラが校長だったりと、普段なら「ふむ」と読むのを投げ出すところだが、それをしないのは手放せないだけの熱量があるからでしょうね、と。


    バイト中のエグさんが可愛いな。

  • 中山先生のドアップ怪物女子的表情は本当に素晴らしい。
    禍々しさが画面全体から伝わってくる。
    今巻では実は怪物的女子が存在する理由が公式設定で説明されるという衝撃的ミニ事実が発覚。そしてその理由に付随して風紀委員の権力とパワーの話がでてくるぞ!

    今回は富江ちゃんとあげはちゃんの友情(仮)にも注目だ。彼女たちのカギューちゃんに対する心情吐露。そして自分こそが一番の友達だということで敵視しあう仲wそんな彼女たちがいつもどおりの喧嘩ノリでカギューちゃんのために奔走するんだ。でもやっぱりいつもどおりなオチが好きw

    四天王一寡黙なマチルダちゃん。彼女の怪物化と巻末のギャップがかわゆい。喋り方も実はかわいいw

    理事長の風貌がなんというジーザス・クライストwwww

全18件中 1 - 10件を表示

中山敦支の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ねじまきカギュー 2 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ねじまきカギュー 2 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ねじまきカギュー 2 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ねじまきカギュー 2 (ヤングジャンプコミックス)のKindle版

ツイートする