REAL 13 (ヤングジャンプコミックス)

  • 856人登録
  • 4.53評価
    • (190)
    • (81)
    • (25)
    • (2)
    • (1)
  • 119レビュー
著者 : 井上雄彦
  • 集英社 (2013年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088797168

REAL 13 (ヤングジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 毎年、読み終えたあと、親友と語り合います。

    今年は「リアルをリアルで読もう祭」を開催。
    発売日に購入を済ませ、読まずに我慢。
    昨晩、仕事を終え、友人宅に行き、初めて開封。
    家族が寝静まったリビングで、40のおやじが二人、黙って、唸りながら読みました。

    双方、読み終えた後に残ったもの
    ・僕らは強いのだろうか?
    ・足がダメなら手、手がダメなら歯、残ったもので戦うまで!
    ・スコーピオン、マンバ、プロレス、リアル、井上雄彦。
     すばらしすぎる。疲れたオッサン二人の心の芯に勇気をくれた。
    ・必死で仕事しよう。必死で家族を守ろう

  • 白鳥さんの巻。素晴らしかった。

    〝勝つスコーピオンはそりゃあかっこいい。でも負けるスコーピオンも同じくらいかっこいい。〟

    クールぶってかっこつけてた高橋君の殻が破れて、次巻どうなるのか、楽しみ。

  • 子供の頃プロレスを見てて、あんなにスローな馬場さんの十六文キックを若いレスラーが避けられないのが不思議でした。相手の繰り出す技は受けなければ卑怯、なんですね。シラトリ復活、泣いた泣いた。

  • ・・・久々に、泣いたぜ。

  • スコーピオン白鳥メインの巻。いやー、泣けた。次巻は高橋くんかな!いよいよ始まった!という感じです。

  • 読みはじめから、涙が止まらなかった。
    意地でもリングに立つ白鳥。
    足が動かないなら、それ以外の武器で闘うまで。
    自分の持っている力を全て使い果たして、プロレスに向かっていく姿勢にプロレス好きでなくとも、心を打たれる。
    そんな彼に憧れ、手紙を出し続けるファンの気持ちと一緒になって、白鳥を応援した。

    最近、縁があって、車椅子バスケットボールの元日本代表選手にお会いした。
    彼も足が動かなくなって車椅子生活になっても、努力を惜しまず、成功を収めた人。
    一つのことに命を懸けて努力することって、本当にかっこいい。

    私もまだまだ頑張れる。

  • 井上雄彦の新作が読める時代に生まれてよかった。あしたのジョーとか、カムイ伝とか、バカボンとかリアルタイムで読みたかったって思うこともあるけど、でもそしたらリアルなんてマンガが出てくることを知らないわけだよ。

  • まさかのプロレス編…

    少年時代、プロレス好きでしたからね。
    こみ上げるものがありました。

    この巻だけで一本映画ができそうです。

  • スコーピオン白鳥、その生き様に惚れる。男の中の男だよ。そして高橋くんも、やっと目覚めたようだ。なのに、これからまた1年待つのね。それが辛い!

  • 『スラムダンク』の井上雄彦先生の描く、車椅子バスケットボール漫画の第13巻。ヤングジャンプで不定期連載中。

    13巻では、スコーピオン白鳥が男を見せる。
    彼は、バイク事故で脊髄損傷を負ったプロレスラー。
    受傷後約一年で、リングに復帰。
    ロープに摑まりながら立つのがやっとの状態にもかかわらず、観客を沸かせ、立派に戦う。
    それが試合を観ていた高橋に強烈な印象を与え、車椅子バスケに挑戦するきっかけとなった。

    画力が鬼。

    「強さって何ですか 俺にも…それはありますか」(高橋)

全119件中 1 - 10件を表示

井上雄彦の作品

REAL 13 (ヤングジャンプコミックス)に関連するまとめ

REAL 13 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

REAL 13 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

REAL 13 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

REAL 13 (ヤングジャンプコミックス)の作品紹介

リハビリ中のプロレスラー・白鳥が、リングで男を見せる──。

ツイートする