ハイキュー!! 14 (ジャンプコミックス)

  • 1439人登録
  • 4.30評価
    • (125)
    • (106)
    • (42)
    • (0)
    • (0)
  • 54レビュー
著者 : 古舘春一
  • 集英社 (2014年12月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088802756

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ハイキュー!! 14 (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 縁下の気持ちが痛いほどよく分かる
    ハイキューは感情の表現が生々しくて好き

  • 泣いた。



    縁下はきっと良い主将になるよ…!
    ところで再来年はどうするのか。山口か?

  • 「小さな巨人」にあこがれてバレーを始めた日向と中島。二人の対決で盛り上がる和久南戦、と思いきや、この戦いの主役は縁下だったりする。
    主将・澤村の負傷交代で急きょ途中出場となった縁下を待っていたのは、疎外感。
    自分と澤村との比較。緊張によるミス。それらから生み出される重圧。いろんな要素が混ざり合って感じる疎外感。それを打ち破るには、今まで自分がしてきたことを信じるしかないです。それが逃げた記憶であろうとも、逃げっぱなしにならなかったという、ほんの少しの自負を糧にして。
    開き直った先の西谷からの「ナイスレシーブ」。
    ほら、感じた疎外感も気のせいですよ。

    どっしり支える大地がいなくなっても、縁下で支えてきた力があるから、烏たちは飛べます。
    ベタベタな名は体を表すですが、ふさわしい活躍を見せた縁下。表紙になりますよ、そりゃあ。

    春高バレー宮城県代表決定戦、烏野2回戦突破です。

  • 前回、和久谷南との試合中に田中と激突した大地さん(゜m゜;)顔を強く打って医務室へ(T-T)大地が抜けた穴を埋めようと頑張る縁下が印象的(^^)でも一人じゃなくて、仲間と頑張れるっていいな~(^o^)さぁ次の試合はどこのチームかな♪

  • 縁下先輩。
    山口ふたたび。

  • 縁下さぁぁぁん!!泣 大地さぁぁぁん!!泣

    烏野も他校も3年が引退したあとの伏線がすごいね。
    山口は便所じゃなくてどこ行ったのか気になる!あと伊達工と青城どっちだ…たぶん青城だけど伊達工も好きだし気になるよー!!

  • 縁下くんも山口くんも試練。抜けたのは縁下くんが先だったね。西谷くんが相変わらずの男前具合です。澤村くんの怪我も大事に至らなくてなにより。

  • 前巻の衝撃的な終わり。
    烏野の大黒柱に異変?

    大事で必須な土台。
    あのシーンがどう影響を及ぼすのか?

    今回はそこが大きなポイント。
    地味だが、とてもとても重要な役割。その大きな意味。

    そして相手には…。

    日向には負けられない相手。
    負けたくない相手。
    憧れのあの背中に追いつくために。

    巻末にニセコイとのコラボエピソード。

    この巻もまた、楽しかった。

  • 代表決定戦準々決勝、
    和久谷南高校との試合中に田中と激突して
    コートを離れることになったキャプテンの澤村。
    澤村の代わりにコートに入ったのは2年の縁下 力。
    澤村が烏野バレー部の土台だったので
    その代りが務まるか…
    でも不安や重圧のなか
    今立ってる場所から逃げ出す訳にはいかない。
    バレーから一度逃げた事がある縁下はわかっている。逃げ出した後の後悔や反省…。
    それを踏まえたうえで
    もう一度コートに戻って来た縁下は
    精神的に強いんじゃないのかな?
    今回は地味な縁下が主役です(。+・`ω・´)キリッ

全54件中 1 - 10件を表示

ハイキュー!! 14 (ジャンプコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ハイキュー!! 14 (ジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハイキュー!! 14 (ジャンプコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ハイキュー!! 14 (ジャンプコミックス)の作品紹介

代表決定戦準々決勝で、主将・澤村が負傷!! 試合からの離脱を余儀なくされてしまう。チームの土台を失った烏野は、土台代理として縁下を送り出すが!? 「ニセコイ」との奇跡のコラボ「ニセキュー!!」も収録!!

ハイキュー!! 14 (ジャンプコミックス)のKindle版

ツイートする