ジョジョリオン 9 (ジャンプコミックス)

  • 712人登録
  • 3.86評価
    • (38)
    • (80)
    • (60)
    • (0)
    • (1)
  • 45レビュー
著者 : 荒木飛呂彦
  • 集英社 (2015年2月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088803142

ジョジョリオン 9 (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これこれ!こういうのが見たかったんだよ、という感じ

    表向きはムシキング、でもその裏にはスタンドバトルが……4部の仗助vs露伴のサイコロ勝負やジャンケン小僧を思い出す。単なるパワー対決ではないというジョジョの醍醐味を見た気がする、命の取り合いをしているわけでもないのに緊迫感もすごい。どちらが勝つのかハラハラドキドキしてしまった

    未だ真相は闇の中だが「病気」と「フルーツ」が物語の鍵になっているらしい。そして誰が敵で誰が味方なのか。物語が進むにつれてそれぞれの登場人物の素性やキャラクターも分かってきた。謎に包まれた東方家の住人もそれぞれの思惑が見えてきたと思う。果たして常甁は敵なのか、それとも……

    まだまだ先が気になる

  • あのフルーツの秘密を知るために、クワガタグラディエーター。子供の心をもった大人とはいいますが、子供の残酷さ躊躇のなさを、持ったまま大人になった東方家長男の常敏。彼から情報を抜くために、つるぎと結託してクワガタ対決です。

    とりあえず常秀うるさい、うざい。

  • クワガタがちょっとかわいそう。

  • 今回も安定の面白さ常秀のスタンドの片鱗と常秀とフルーツの関係など色々な謎が解け新たな謎がまた生まれたなと感じました。地味な戦いではあったものの手に汗握る展開でした。

  • クワガタと思えない大迫力、後出し感も少ない充実の戦いだった。常敏や常秀の小バカにされる時の、作者の人の悪さの出たボキャブラリーが楽しい。定助を止めようとした常秀がこっちに向いた鍵(サムターン)を閉めるの、威圧としてはともかく実質的に意味ないという細かい描写で好き。

  • 面白かったけど、核心がなかなかわからなくて、楽しみが先延ばしされていく感。やすほチャンのスタンドが思ったより便利。シャボン玉のほうは、応用がきいて地味だけど面白いな。わたしは絶対使いこなせないな。

  • クワガタムシの対決は如何なものかと始めは思ったが
    意外と楽しく読めた。
    物語の進行自体はあんまなくてモヤモヤ謎だけが残された感じの巻でした。

  • 2015/05/13
    立読

  • グロ耐性は強い方だと思ってたけど。
    幼い頃に見た、母が力強く叩き潰したゴキブリの粘液と飛び散った脚。その衝撃の映像が蘇る…。
    グロ注意‼︎ グロ注意‼︎
    ちょっと直視できなかったです…。

  • コロコロコミック的展開

全45件中 1 - 10件を表示

荒木飛呂彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ジョジョリオン 9 (ジャンプコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ジョジョリオン 9 (ジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジョジョリオン 9 (ジャンプコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ジョジョリオン 9 (ジャンプコミックス)の作品紹介

東方家に代々伝わる病を治すという果実について、常敏は何かを知っている。そして家族に隠している…。それに気づいた定助は、常敏の得意とするクワガタ対決を持ちかける。彼を追い込んで真実を暴くことができるか!?

ジョジョリオン 9 (ジャンプコミックス)のKindle版

ジョジョリオン 9 (ジャンプコミックス)のKindle版

ツイートする