ハイキュー!! 15 (ジャンプコミックス)

  • 1153人登録
  • 4.17評価
    • (78)
    • (81)
    • (42)
    • (1)
    • (0)
  • 45レビュー
著者 : 古舘春一
  • 集英社 (2015年3月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088803166

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ハイキュー!! 15 (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 青城戦途中。あととりあえず主将二口君萌え。今まで自由奔放な後輩キャラだったのが、自分が先輩になって後輩にがんばって気を遣ってるのがほほえましい。
    2016.9.3再読
    (あらすじ)青城対伊達工。伊達工は1年大型セッター黄金川君投入も、最後は岩ちゃんがブロック(黄金川君のとこ)を打ち抜いて、2-0で青城。烏野対青城、第1セット終盤で京谷投入。しかし京谷の暴走で第1セットは烏野。第2セット中盤、菅さんとツッキー交代。京谷君にレシーブさせる作戦で連続得点。
    (感想)ツーアタックやろうとして手がバレバレな黄金川君、かわいい。ていうかフェイントじゃなくてもありなんだ!京谷君はキャラ的にあんま好きじゃないけど、及川さんがドライにうまく使ってるのはかっこいい。

  • 再戦は熱い。あとライバル校同士の試合もベタだが熱い。

  • 烏野の準決勝の相手は、因縁の青葉城西。IH予選で屈辱を味わい、そこから這い上がり新たな力をつけるべく、負けに負けてきた夏合宿。過去を振り払い、未来へと羽ばたくためには格好の待望の垂涎の相手です。

    強烈なサーブの応酬で始まった序盤。日向の新神業速攻で、敗北のイメージを打ち砕いた1セット取ります。そのセット終盤に投入された京谷が、2セット目から牙を剥きます。
    整然と構築されたコンビネーションが強みの青葉城西に、紛れ込んだ異分子・京谷。彼を部品の一つとして嚙合わせることが強さになるのでなく、異分子であるがゆえに燃焼させる
    素材として組み込むことが、強さへとつながる。
    監督の戦略の目論見通りの活躍してくれる京谷と、彼を操縦した及川の手綱さばき。見事。
    青葉城西の監督のこわさです。やはり、強豪校の監督さんなので、人当たりのよさそうな外見とは違う一面持ってます。「正すところはいずれ正すよ」。

    2セット目終盤にして、京谷のヒートアップがチームに連動した青葉城西。このまま流れに飲み込まれて、冒険と挑戦を終わらせるわけにはいかない烏野。

    バレーボールで流れを変える為の戦術とは?
    山口がスタンバってますよ、烏養コーチ。

  • 青葉城西と伊達工の試合凄かった~!(>_<)そして大地も復活して、遂に青葉城西VS烏野(;゜∇゜)烏野リベンジなるか!?どちらのチームも成長してる(^^)さらに青葉城西には狂犬ちゃんを投入!どうなるのかワクワク♪

  • 黄金川君と狂犬君。

  • 及川さんドヤ顔で笑わせてくるのやめて欲しい

  • どの対戦もハラハラドキドキ!!!!
    続きがきになる!!!

  • ほとんど出番ないのに木兎くんにいろいろともってかれた15巻(笑)青葉の狂犬、よっちんキャラなんだけど、他キャラで声当ててるよね?影山くんも成長してってるけど、まだ及川くんのほうが一枚上手かな。試合中にどこまで成長できるか!?

  • "「私!!
    緊張にかけてはけっこう自信があるんだ!!」
    「えっ!?自信??緊張に??」
    「緊張はね 口に出した方が良いんだよ!
    我慢するより「緊張する〜!どうしよ〜!」って素直に言っちゃった方が心がほぐれるんだよ!
    私よく緊張による命の危険を感じるから色々調べたんだ!」
    「命の危険?」"

    どきどき。

全45件中 1 - 10件を表示

ハイキュー!! 15 (ジャンプコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ハイキュー!! 15 (ジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハイキュー!! 15 (ジャンプコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ハイキュー!! 15 (ジャンプコミックス)の作品紹介

縁下などの活躍で、烏野は和久谷南を破り代表決定戦準決勝へ。次の相手は青葉城西と伊達工業の勝者!! 県No.1セッター・及川率いる青城と、新たな鉄壁を築いた伊達工の両者一歩も譲らぬ戦いを制するのは…!?

ハイキュー!! 15 (ジャンプコミックス)のKindle版

ツイートする