To LOVEる―とらぶる― ダークネス 14 (ジャンプコミックス)

  • 162人登録
  • 3.90評価
    • (7)
    • (13)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 矢吹健太朗
制作 : 長谷見 沙貴 
  • 集英社 (2015年9月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088804699

To LOVEる―とらぶる― ダークネス 14 (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まあ今回もいつも通りというかなんというか。とうとうキスまでいった....というかこいつらキス以前に普段からあんな凄いことばっかしてるくせに今更なにを恥ずかしがるというのか

  • 春菜の家に招かれたリトでしたが、いつものようにララの発明した機械のせいで身体が小さくなってしまいます。ティッシュを身体に巻いただけの格好になった2人は、マロンから身を隠して春菜のパンツの中にもぐり込み、そこで偶然2人は口づけを交わしてしまいます。次の日、2人は改めて告白を試みますが、これは失敗に終わり、けっきょく2人の仲はごくわずかに進展したにとどまります。

    また、ララの身体が少しずつ元に戻り始め、彼女の成長過程の各段階をたどりつつ、リトにとってラッキースケベなイヴェントが生じます。さらに、御門先生に頼まれて校長のふりをしたり、またしてもララの発明のためにボディ・スポンジに変身してしまったリトが、ララと春菜の身体にごしごしこすり付けられたりといった日常生活が描かれます。

    ダークネス・シリーズになってから、若干影の薄くなったララでしたが、微ロリ形態の彼女に久しぶりに萌える巻でした。あと、股間をくいっと指で押し広げる手つきで、ニセ校長の正体が分かってしまう唯にもぐっときます。

  • KISS!

全3件中 1 - 3件を表示

矢吹健太朗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

To LOVEる―とらぶる― ダークネス 14 (ジャンプコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

To LOVEる―とらぶる― ダークネス 14 (ジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

To LOVEる―とらぶる― ダークネス 14 (ジャンプコミックス)の作品紹介

ララの計らいで春菜の家に招待されたリトだが、早々にトラブルに見舞われる。リトと春菜の身体がララの発明品の誤作動で小さくなってしまったのだ。ハプニングの連続であいまいな2人の関係が遂に進展する!?

To LOVEる―とらぶる― ダークネス 14 (ジャンプコミックス)はこんなマンガです

To LOVEる―とらぶる― ダークネス 14 (ジャンプコミックス)のKindle版

To LOVEる―とらぶる― ダークネス 14 (ジャンプコミックス)のKindle版

ツイートする