ハイキュー!! 18 (ジャンプコミックス)

  • 1034人登録
  • 4.28評価
    • (92)
    • (74)
    • (32)
    • (2)
    • (0)
  • 52レビュー
著者 : 古舘春一
  • 集英社 (2015年10月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088804842

ハイキュー!! 18 (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 白鳥沢戦!手に汗握る戦いが続く(゜゜;)ツッキーがいい感じに闘志を燃やしているけれど、天童のゲス・ブロックが気になる(^^;)

  • 絶対王者!!白鳥沢との対戦
    ウシワカの強烈なスパイクに苦戦!!
    上手くレシーブが上げれない…が、
    そこは有言実行のスーパーリベロ・西谷、
    全てのプレーは繋がっている!!
    『しんどくても焦っても楽すんじゃねえぞ』って言葉通り
    得点しては返され、
    得点しては返されの地味な戦いなれど息がつまる攻防戦。
    この苦しい展開がさらに烏野を成長させてるし
    "烏野の理性"に期待!!ヾ(≧▽≦)ノ 

  • 白鳥沢のキャラクターが魅力的。
    スラムダンクの山王工業、黒子のバスケの洛山を思い出します。

  • 白鳥沢との県代表決定戦、ウシワカ率いる力のあるチームとの試合で烏野はチームの力が一致団結し、善戦を見せる。試合は白鳥沢の絶対的エースの存在に圧倒され、苦戦を強いられていたものの、烏野はレシーブなどでチャンスを見せ、展開にハラハラドキドキが感じられ、王者の力を見せ付けられるといった圧巻だと感じた。その中で、ツッキーが以前に増し、進化を見せるといった新たな収穫も感じ、覚醒するかもと期待が高まる。今後の鍵となるのか。ツッキーはクールで照れ屋な所もあるのか、ハイタッチが少ないので、するシーンがみたいなと感じる。

  • vs.白鳥沢

    全国三本の指に数えられる絶対的エース牛島要するチーム。
    しかし、手強いのは決して牛島ひとりだけではなく。

    特徴的な一人、異質なブロッカー『ゲスモンスター』。

    あまりにも強大な敵。
    それに対抗すべく全身全霊で挑む烏野。

    今回も熱く、躍動感あふれる試合模様!

  • 熱暴走さえ起こしそうな対白鳥沢戦。
    無我の境地で研ぎ澄まされていく夕と、ガチガチと鋼鉄の歯車がかみ合うように深く硬く覚醒していく月島が印象に残る。

  • 1~18巻まで読み終えたので、こちらに感想をまとめます。
    面白かったです。ハイキューの魅力は、なんといっても『部活感』だと思います。私も学生時代は運動部だったことがあるので、あの雰囲気を身近に感じられてとても嬉しく、懐かしく思いました。この漫画を読んでいると、今まさに部活動に精を出しているような学生でも、それほど熱心でない学生でも、まだ部活動なんてしたことのない子供でも、学生時代を終えた大人でも、なにか眩しく、楽しく、仲間と一緒にバレーボールをしているような気分になれるのではないでしょうか。実力があろうがなかろうがなんだかんだで先輩のことは尊敬していたり、後輩ができると嬉しかったり、例え個人的に苦手でも同じチームの仲間への賛辞は嬉しかったり、部活後に買い食いしに行ったり、女の子の目があるとちょっとソワソワしちゃったり…、青春ですねぇ。ほんと、たまらなく懐かしい。いや、自分はそんな良い青春送っちゃいなかったけど、なにか、懐かしい。いいねぇ。うーん、すごくいい。
    読者の共感を呼ぶようなこの感じは、あまり現実離れしすぎていないことによるのだと思います。もちろん漫画なんだから現実離れはしているのですが、そういう面が全面的に押し出されてはいない。よくある、ものすごい超人のような天才が出てきてそれを主人公陣が倒す、というようなバトル的な要素よりも、この現代の日本で、高校生たちがバレーボールを通して成長していく、という部分に焦点がきちっと合っていて、そこが面白い。きっと、作者の古舘先生は実際に部活でバレーボールをやっていたのでしょうね。個人的に、思い切り現実離れしているような漫画は大好きなのですが、ここまできっちり地に足の付いた部活漫画もまたすごく良いと思います。続きも楽しみにしています。

  • 覚悟した人間の目は強い。誰であっても、それが表層に出ていなくても。

  • ツッキーの成長が垣間見れる一冊

  • 白鳥沢戦の続き。ウシワカの攻撃を1セット目後半で西谷が止めたところからスタート。ウシワカや相手チームの名プレーに苦戦を強いられるも、やっとつっきーが活躍開始。
    他のメンバーにない理性的なプレーや思考がアクセントになって面白かった。
    負けず嫌いの影山には思わず笑ってしまった。2セット目後半でドゥースが続くなか、どうなるのか続きが早く読みたい!!

  • 白鳥沢、悪役的な立ち位置で、雰囲気怖そうだし好きになれなさそうと思っていたが、皆かわいいじゃないですか~。ゲスの天童くん好き。ウシワカ君が割と天然というか、全然偉そうにしてないとこも良い。試合は5セットだったか!長い!
    2016.9.3再読
    (あらすじ)第1セットは白鳥沢。第2セットはデュースでまだ勝敗不明。
    (感想)ツッキーが落ち着いていて良い感じ。ブロックでコースを限定してレシーブにつなげるってのはかっこいいな(トータルディフェンス)。

  • 次巻が楽しみ。
    ノヤっさんはやっぱり最高のリベロ。かっこいい。
    冷静な月島くんが、どう動くのか。
    個人的には、もみあげのおっさんを唸らせたい。
    やじりながらも、長年、応援してくれてたんだもんなぁーと思うと、そこにも歴史を感じる。

  • 覚醒したツッキーがほんとカッコイイ

  • "「どうも普通の方です
    一人時間差 うちの野生児は騙せても 僕には通じないんでよろしくどうぞ」
    「烏野の1年腹立つ奴ばっかだと思ってたらお前ダントツ!!」
    「どうも」「腹立つ」"

  • 対白鳥沢戦。
    月島が東京での合宿以来気になって仕方ありません。
    何か吹っ切れたような一皮剥けようで「次は何をやってくれるのか」と期待してしまいます。
    19巻も楽しみに待っています。

  • 購入。引き続きホント目の離せない試合が続いています。
    白鳥沢のメンバーの個性も出てきて楽しいです。ゲス野郎(褒め言葉)天童くんが性格含めていい感じです。
    でも、この試合のヒーローはツッキーです。その筈です。
    次巻も楽しみに待ってます。プロフ楽しみに。

  • 特典:ポストカード(翔陽 紫色の「闘志」ver.)
    対白鳥沢戦 1〜2セット目デュースまで。
    白鳥沢セッターの白布くんかわいい。
    のやっさんかっけー!飛雄ちゃん負けず嫌いww
    つっぎぃぃいいいい!!!烏野の理性!!
    やっぱりハイキューは激アツです!!!最高か!!

  • 週間ジャンプはコミック出るの早いな〜。両チームブロッカーの性質の違いがうまく出てる。ツッキーの内面が理性と共に熱くなっていってるのをビシビシ感じる。

  • 月島の「どうぞよろしく」がもうホントいい性格で良いです。月島は相変わらず性格がアレだけど、なんつーか、こう時々デレも見せてくれるようになったなあってカンジが良いです。
    トータルディフェンスが決まった時はマジカッコ良かった。
    龍のブロックアウトに応援団がうまい!とか言ってる時に冴子さんが「すごいの?いまのすごいの?!そんなに?そんなに?!」とかやってるのが可愛かった。冴子姉さん弟大好きだな!
    女バレの主将が応援席で、足をきゅうって縮めて、すごいドキドキしながら応援してるの可愛い。そのきゅうってなる気持ちわかる。
    試合もいいけど応援側も可愛くて一緒に応援したくなる。
    あとゲス野郎が結構好きです(笑)
    オマケのハリポタぱろワロタww

  • おもしろかった〜!
    2セット目からの点の取り合いにドキドキした
    ツッキーのあの可愛くないところと天童くんのネジが外れかかってるところが好き!

  • 前巻の青葉城西の試合が熱すぎて、ウシワカ戦はあまり燃えないなぁ…。というのも多分、白鳥沢高校があまり多く描かれず、思い入れがないままラスボスっぽく出てきてるからだろうな。青葉城西は最初からライバル!って感じだったので、その退場が本当に惜しまれるのだけれど、、、。

  • 今回すごく面白かったです!試合を実際に見るにはスパイクとかサーブとか派手な方に目がいってしまうけれど、理性で戦っていくというのは物語として読んでいく上でとても面白いなと思いました。みんながそれぞれ自分の戦い方を見つけていく中、ずっとくすぶってたツッキーの力が光り始めて、これまで以上に烏野というチームが出来上がってきたように感じます。チームプレーがすごくいい!!次巻がたのしみ!!!!

  • 試合中は心臓に悪いです。今回は月島のターンかな。

全52件中 1 - 25件を表示

ハイキュー!! 18 (ジャンプコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ハイキュー!! 18 (ジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハイキュー!! 18 (ジャンプコミックス)のKindle版

ツイートする