ジョジョリオン 11 (ジャンプコミックス)

  • 502人登録
  • 3.84評価
    • (31)
    • (45)
    • (44)
    • (2)
    • (1)
  • 37レビュー
著者 : 荒木飛呂彦
  • 集英社 (2015年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088805481

ジョジョリオン 11 (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まさかの「空条」の血統に興奮した。

    定助と吉良の過去を知るカエラとの関係。
    「岩人間」との因縁。
    謎のフルーツ。

    少しずつ物語の核心に迫っていってるようでドキドキする。

    「岩人間」の観察。
    意外と人間に近い存在なのか。

  • 謎が明らかとなりつつも、謎が謎を呼ぶ展開。空条の姓が登場、しかし名は承世文!?本気とパロディーが混ざりあう世界。

  • 大きく進んだ!? とはいえ1つの謎が明らかになると、また新たな謎が!…といった雰囲気。
    岩人間を見ていると第2部に登場した柱の男を思い出すんですが、何か関係があるのかなあ。

  • いいねー話動いてきた。ラブラブデラックスの子は4部でいうと山岸由花子のポジションなんだろうけど、スタンド使って金策してるとこ見てるとこいつも実は壁の目付近で重ちーポジションの銭ゲバと融合した人間なんじゃねえかなって思った。

  • 物語が大きく動き出した感じですね。
    空条も登場ですか!
    これはひょっとしたらカーズ様の登場はないか?!

    ちなみに、
    ジョジョにタロットカードがでてきて興味を持ち、
    まさかのプロタロット占い師になった人が居るって知ってますか?

  • 本名が明らかに。未だにジョジョの能力が把握しきれない。

  • 遂に定助の名前が!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

    4部であり2部でもあるのか。岩人間はカーズだし、柱の男でもあるのか。
    そしてラスボス吉良は既に死んでいて、ジョセフ!!!!!!
    モーーー、最高すぎる。
    時間予告もとても愉しみ。
    わーーー。

  • フルーツの名前「ロカカカ」。
    定助の過去の名前「空条仗世文」。

    大事なキーワードがさらっと、ぱあぷうカレラによって明かされます。作並カレラ彼女と吉良良影と空条仗世文の3人がどんな関係だったのか。それが気になるけど、起こってきた双子の岩人間撃退した後、いなくなってしまいます。人間のクズの部分をキャラ立ちとして書くことが多いように感じる第8部ですが、彼女のテンプレ的なダメ女はひどい。

    人間社会に混じっている岩人間って、勤務時間の決められている職業には就けないんですって。睡眠時間が数か月あるので。なので、休んでいることの多い漫画家とかはとても怪しいんですって。

    ということは、あの漫画家もひょっとして???

  • 2016/04/25
    立読

  • そういえば怪奇漫画でもあるのだった。生理的にイヤなカレラ、いきなり理解不能な人間世界の異物と明らかになった岩人間。スタンド戦よりこの「異和」感にページを割いているのが怪奇漫画ですばらしい。

全37件中 1 - 10件を表示

荒木飛呂彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ジョジョリオン 11 (ジャンプコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ジョジョリオン 11 (ジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジョジョリオン 11 (ジャンプコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ジョジョリオン 11 (ジャンプコミックス)の作品紹介

謎の果実の鉢植えを持つ男、大年寺山愛唱を倒したつるぎと康穂。そこへ定助が合流し、果実の栽培場所と思われる杜王スタジアムへ向かおうとするも、妙な女が突然現れて…。彼女は定助のことを知っているようだが!?

ジョジョリオン 11 (ジャンプコミックス)のKindle版

ツイートする