ONE PIECE 81 (ジャンプコミックス)

  • 920人登録
  • 4.00評価
    • (62)
    • (83)
    • (52)
    • (3)
    • (1)
  • 57レビュー
著者 : 尾田栄一郎
  • 集英社 (2016年4月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088806488

ONE PIECE 81 (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

  • ようやく新展開。

  • サンジの手配書が生け捕りのみになっていたのはそういう事だったのかぁ!?(^o^;)

  • こんな展開になるとは!!

  • サンジの生い立ちの謎が、ここでクローズアップされるんだ。最初期からの伏線かぁ! サンジの実の父がどんな人なのか楽しみ。
    前巻から今巻にかけては、ゾロとサンジの信頼関係も凄かった♪ 「ぐる眉がいるんだ、殺される様なヘマしねェよ」って、言い切ってたもんね。子どもみたいに反発してるけど、仲間として強く認めあってるんだよね。ルフィにも「サンジの事、(本当は)心配なんだろー、ししし」ってからかわれてたし(笑)。
    チョッパーが〝10日前〟の説明で、両手をパーにして出したの可愛かった。蹄だから、2×2しかない(๑^ ^๑)

  • 情報量が多すぎて途中でちょっと嫌になってきてたけど、最後、大どんでん返しでびっくり。もうどうなっちゃうんだろうか?

  • ネコマムシの旦那が可愛いのにカッコいい。にしても悪やつは本当嫌なやつだ。

  • ナミ達とゾウの国で合流を果たすも、国は壊滅状態…。
    さらにサンジの身に一体何が!?
    この国で起きた謎を追う中、明らかになるサンジ出生の秘密とは…!?

    ルフィ達がドフラミンゴとバトっている間に起きた、別働隊ナミ達の話。
    ゾウの上で起こった無慈悲な殺戮は何とも不快な気分にさせられる。ある意味で実に海賊らしい話。昼と夜で王が違うって言うのは面白い。
    それはともかく、今回はサンジが本当に驚かしてくれた。前巻でサンジの身に何か起こったらしいとは思ったけど、まさかこんな展開とは。
    ていうかまさか80巻過ぎて今更ファミリーネーム明かされるとは思わなかったよ。おまけに結構面倒な実家のようだし。その三男が何故船でコックしてたのか…家出?
    侍のせいで国が崩壊したんだし、マジで錦えもん達空気読めよと苛立っただけに、それに対する反応は予想外だった。雷蔵ってほんと何者なんだ。

  • ついにサンジの謎が…。

  • 何が滅ぼうとも 敵に“仲間”は売らんぜよ

  • いろんな伏線を張り巡らせているなあということがよくわかる。これからどうなっていくのか楽しみなる物語の紡ぎ方。

    ただまあ、ウソップがほとんど出てこないのが不満ではある。

  • ゾウ編の開始、すでに濃い。文字も絵もぎゅうぎゅう。読者よりも前にキャラたちがギャーギャー言い過ぎだ。苦しいでも面白かった。

    サンジさんがやっと出てきたのに…と、ネコマムシの旦那!が素敵すぎる。

  • 麦わらの一味の中で誰が一番強いか。っていう話をこの前旦那としたのだけれど、私はそれは断トツでサンジだとずっと思っていて、だって実は食べてないし刀持ってないしロボじゃないしで生身の人間なのにサンジめっちゃ強いじゃん。
    でも実と刀の野郎がサイヤ人すぎてサンジってクリリン的な存在なんだよなー。
    でもすごく好き。だから早く帰って来て。

  • サンジ、行方不明からようやく脱したと思ったらまた一味から離脱。

  • 仲間は売らない!

  • 相変わらず、1つ解決したらまた次の事件と謎。
    一体どうなる…サンジくん!!
    そしてやっぱり泣かされるなああ。
    ネコマムシの旦那がたまらんっす。

  • 「ゾウ」で起きた事件の詳細とミンク族との交流を描く回。ゲストキャラの紹介に時間がかかるのは毎回のことだが、今回は導入としてなんとも綺麗にハマる。別れていた一味からさらに別れたキャラを作ることで興味を引きながら、その別れた経緯を説明する中で自然とゲストとの交流があったと描いていく。仲間の仲間は仲間というか、それを台詞で簡単にやるのではなく作品として見せてくれている感じ。この巻の巻末の一話で本当のキャラクター象が見える形はやはり計算だろうか。お見事。

    展開がごちゃごちゃしていくのはやはり惜しいところだが、人数も増えてきたことだしもはや本作にそこはつきものになってしまうのだろうか。今まとまっているメンバーでどう話を進めるのか期待しつつ待つ。

  • サンジのこと、もっと知りたい!(久々にワクワクした)

  • ええ!? ここで!? ここでサンジさんのまさかの過去が明らかに!?
    うわわわわ、まっっったく想定していなかった。言われてみればそうだよ! そんな過去があっても不思議じゃないよ! でも全然そこまで思い至らなかった! ゼフと出会う前のことは確かに誰も何も知らない…。
    今後が気になります。どういうおうちなのかしら…。

    そして見事に最後だまされた!
    ほんとに居ないと思ってたので、これはもう本当にびっくりした。でもワンピースに出てくるキャラならそこまでしてくれそうだから、ありえるな~と納得。

  • ■書名

    書名:ONE PIECE 81
    著者:尾田 栄一郎

    ■概要

    ナミ達とゾウの国で合流を果たすも、国は壊滅状態…。さらにサンジ
    の身に一体何が!? この国で起きた謎を追う中、明らかになるサンジ
    出生の秘密とは…!? “ひとつなぎの大秘宝"を巡る海洋冒険ロマン!!
    (From amazon)

    ■感想

    なにこれ!?
    1-10巻ぐらいまでの面白さが蘇ってきているぐらい面白い!
    こんなに続きが気になったのは、本当に初期以来な気がします。

    サンジの物語とカイドウの物語と倭の国の物語が同時進行は基本無
    理だろうから、まずはサンジの方なのかな?

    サンジの方はビッグマムが関連しているし、恐らくだけどジンベエが
    絡んできそうな気がするな~
    ジンベエとルフィのタッグでサンジを連れ戻すのかな?
    もう誰がどう絡んでくるのか、想像つかない感じ!
    アオキジとかもありえそうだし。

    ゾウ編、かなり凄い展開になりそう!

    後気になったのか、ネコとイヌの二人。
    途中で「あの二人を死なすわけにはいかない」という台詞があった
    ので、恐らく倭の国がらみか兵器がらみでこの二人がキーになって
    くるのかな??

    ここまで伏線ばかりだともう楽しみで仕方無い!
    あと、キッドVSカイドウや、革命軍VS黒ひげ一味など、放置されてい
    る伏線も気になるものばかり。

    あ、ちなみにヘッジのシロシロの実の能力ってあれだけなら、物凄
    いしょぼい気がする。
    あれも、色々な使い方があるのかな??
    まあ、ドフラミンゴの覚醒のイトイトの実が何でもありだったから、
    他の実も色々な使い方が出てくるのでしょう。

    とにかく次のサンジ編、マジで楽しみです!!!
    正直、ライゾウとかどうでもいいぐらい、サンジ編が読みたいです!

  • イヌアラシとネコマムシを筆頭としたゾウの民族。
    その仁義は、かつて見たことがないほど固い意志ッ!

    ミンク族みたら、ゾーン系能力者と区別つかない。

    サンジをすべての拘束から放たれ、一味に戻ってくることを期待する。

  • 国中の人達を救った頑張りを、「いい事したなーっ」って割と雑なまとめ方で感動するフランキーに、さすがロボだなと感心(笑)。
    何よりねこまむしの旦那が可愛いーっ!!
    そしてラスト数ページは、驚愕&感動!!
    久し振りにテンションあがった。

  • サンジの出生の秘密。

    ジャックみたいな連中に麦わらたちは勝てるのかしら。

全57件中 1 - 25件を表示

ONE PIECE 81 (ジャンプコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ONE PIECE 81 (ジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ONE PIECE 81 (ジャンプコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ONE PIECE 81 (ジャンプコミックス)のKindle版

ツイートする