HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)

  • 650人登録
  • 4.23評価
    • (68)
    • (59)
    • (26)
    • (3)
    • (0)
  • 51レビュー
著者 : 冨樫義博
  • 集英社 (2017年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088812489

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 継承戦が始まる。何がどう利害を持っているのか、非常に多層的で複雑で先が読めなくて面白い。

    名無しキャラやら超一線キャラはスルーして雑魚専と揶揄されるヒソカさんは結局万全の団長にボコボコにされて腹いせにやっぱり非戦闘員を殺害していくというヒソカさんらしい展開。ヒソカさんの独り相撲はつまらないので、まあ一人で殺戮のパレードやってて下さい。
    同じくつまらない存在だった蜘蛛はちょっとだけ本筋に関わるのかも知れないのでちょっとだけ気になる。

  • ジャンプで連載再開!
    その前のおさらい。

    クロロとヒソカの激闘は何度読んでもルールが難解すぎて、、もう雰囲気だけで読んでます。笑
    クロロ、カッコよかったー。(๑´ω`๑)♡

    クラピカのほうも今後の展開が気になるけど、今回は少しでも長く連載を続けて欲しいなぁ。
    あんまり期待してないけど。

  • 条件設定が複雑で難解。何度もページを繰り返し開き直しながら読んだ。面白さよりも、ここまで考え抜いて書いている事に感動。

  • 1年ぶりの新刊だったのね。

    ヒソカvs団長は私的にはそんなに興味なくって、ヒソカが団長に執着するっていうのがあまりピンとこないからなんだと思う。
    巻末の富樫本人によるこの対決のコメントには驚いた。
    コメント内容ではなく、「富樫が作品について語っている」ということが‥。意図はなんなんだろう?

    後半はクラピカのシーンに移ってよかった。そこが見たかった。

  • 何でこんなにも面白いんやろ。
    ちょっと別次元の世界観とワクワク。
    冨樫義博さんででしか体感できない感覚。
    いつも想像の遥か上を超えたものを提供してくれる。
    間違いなく天才。間違いなく奇才。
    頭がめちゃくちゃ賢い人だと思う。
    続編が待ち遠しいですね。そして新作も。

  • ヒソカVSクロロ 団長がちゃんと戦ってるのやっとみられた気がします。団長の能力の重ね技と発動条件と制限を考えつつ読んだけど、一度では理解しきれていない、な。
    暗黒大陸への舟も出航し、謎のチュパカブラみたいな念能力者?謎と王子たちの「壺中卵の儀」が蟲毒で、本人たちには無自覚で発動する念能力とか、このままちゃんと続いてくれるのかしら。

  • ジャンプと同時発売だったのか。
    いやー本誌買ってたけど一気に読むとまたいいね、ただ何回も読んでもよくわからんけど笑。
    ハンター試験がもう20年くらい前なわけでしょ、どんだけ待ってると思ってんだと思うけど新刊出たら全部どうでもよくなるな

  • 待望の連載再開(2017.6.27)と同時に発売された最新刊。
    暗黒大陸へ向かう船上のクラピカの活躍と、天空闘技場でのヒソカ対クロロ戦。ヒソカ対クロロ戦は、連載時に“携帯する他人の運命(ブラックボイス)”のアンテナデザインが一定しないことから、ネット上で様々な考察がなされていたけれど、単行本収録の際に統一デザインに修正された様子。すっきりしたような、考察も面白かったので残念なような。

    相変わらず面白い。ただただ、いつかは完結することを願うばかり。

  • ヒソカも負けるんだなぁ。生き返ったけど。
    最後の解説を読んで先がさらに楽しみになった!前の巻の内容を忘れてしまっていて、後半読みながら前の巻読み直さなきゃってなった。出来れば忘れないうちに次の巻出て欲しいw

  • ヒソカVSクロロ、見ごたえあったなー!
    団長も能力がパワーアップしてて凄かったし
    再戦はあるかな…

  • 20170903
    ×1。3.8。

  • 面白いけど文字が多くて難しい…

  • ますます戦いの解説が
    複雑になっていく。

  • 前半:唐突にヒソカVS団長。あれー?ヤりたいヤりたい言ってはいたけど、前振りとか何か飛ばしたっけ?前巻忘れすぎておさらいからやり直し。しかし観客をガンガン使い捨てる闘い方はあんまり好きになれないかなー。ヨークシンの時からそうだったけど、団員には篤く、他には冷たい人だったから、ヒソカの団員殺しは怒りを買うだろうと思うけど、船から降りたらどうなるんだろう団長。てか継承戦に絡んでくるのかどうすんだ?

    後半:14人もいる王子(女子含む)の王位継承戦。本人に自覚のない「寄生型」ってのが判断付きにくくしてて、王子の人間関係や能力でどう転ぶか全然油断できない。しかしこのペースで行くと緋の眼を取り戻せるのっていつになるんだろう。ビヨンド一派の件もあるし。

    あーもうとにかく休載しないでほしい。そんでできたら14王子が殺されないように話を持ってってほしい。誰が王になってもいいけど、クラピカを過労死させないでくれ!

  • ヒソカとクロロの戦いは、いったいいつから始まっていたんだ!
    いいけどね!悔しいが面白いしね!

  • ヒソカすげぇ。団長とヤリたい、と言う固執の根源は未だ不明だが(スイさんの漫画で補完すると、ヒソカの生い立ちに関わっていて、彼の本能に擦り込まれた衝動だと思われるが、今のところは想像するしかない)念能力者として天才的な事が証明された一冊。

  • クロロの能力を理解できなくて楽しめない…(´・ω・)
    相変わらずの情報力。
    これからもどうか仕事続けてください!
    no more休載!!

  • ヒソカとクロロがたっぷり

  • 久々にガチガチのバトルとヒソカ
    このバトルもカストロ戦よろしく裏がいくつもあってページが進むたびにおぉっとなる
    ラストも衝撃的、そうなるか…
    そして始まった継承戦、蟻編の最後や選挙編であった政治的な要素が話に絡みそうでこれは楽しみだ
    簡単に暗黒大陸行かないで、滑らかにエピソードを挟んでいくのはさすがやなぁ

  • 天空闘技場でヒソカとクロロの死闘開始!! 新能力を披露しつつヒソカを追い詰めるクロロ。極限の闘いで勝つのは!? そして、ついに暗黒大陸へ出航したクラピカとカキン王国王子達。だが早速不可解な死が…。(Amazon紹介より)

  • バトルが難解なのは仕方ないとして。
    死闘とかわざわざ言っておいて、ヒソカが生き返ったのは納得いかないなー。
    後半のクラピカの話も誰が誰だかよく分からなくてもういいや感大きかった。

  • 久しぶりのハンターハンター。たぶん、「久しぶりの」が枕詞になること請け合いですな。
    暗黒大陸出発を目指す一方、天空競技場ではヒソカ対クロロの戦い。女のように股まで濡らして待っていたのだよ、状態のヒソカ。ヒソカ・モローってフルネームなんだね、へー。この一戦に準備万端で挑んだクロロの勝利となりました。快楽・悦楽・享楽の戦いが大好きなヒソカとしては、相手の準備を出し抜いて(それこそまじでヌイて)こそなんだけど、残念無念。でも、リレイズ可能となると無敵じゃないの?2度目は初回の必死さがないから、無効なんでしょうね。念の強さは覚悟と誓約。その覚悟が2回目だと薄れるから、リレイズ無効ということなんでしょうな。

    殺人ピエロがやってくるよ。乱歩のピエロの恐怖を思い出す。無表情ではないけど、満面の笑みでサイレントキリング・サイレントストーカーのピエロって怖すぎる。
    マチは完全に凌辱されるんだろうな。クロロの殺害実況されたり?少年誌だよ。

    暗黒大陸の方は、蠱毒開幕。こっちはこっちでデスゲームですよ。

  • H×Hの新刊を手に取った時にしか、感じられないわくわく感がある。
    しかし最後の解説…冨樫先生どうしちゃったの、珍しい笑!嬉しいけれども!

  • 小学生のときに初めて出会ったこの漫画。
    今までずっと人に借りて読んでいたけれど、こないだのGWに大人買いした。
    そしたらまさかの新刊発売。大好きなヒソカ。はぁ。幸せ。はぁ。

全51件中 1 - 25件を表示

HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)の作品紹介




HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)のKindle版

ツイートする