王様の仕立て屋 11 ~サルトリア・ナポレターナ~ (ヤングジャンプコミックス)

  • 52人登録
  • 3.69評価
    • (1)
    • (9)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 大河原遁
  • 集英社 (2015年11月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088902807

王様の仕立て屋 11 ~サルトリア・ナポレターナ~ (ヤングジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  ツッパリ系ルポライターのチェレスティーノ・バルツァーギをキーキャラとした「モノトーンの彩り」編である。
     彼の曾祖父、北部財界に影響を与える財閥総帥に彼のスタイルが忌み嫌われている人間関係をベースに、その関係をほぐす過程で出会ったフリーアナウンサーのサブリナ嬢との恋愛なども挟み、しかもその背景にはファシスト党という歴史的な存在も絡んでいるという、結構詰め込んである一巻だ。
     内容的にはしっかりとしていて、なおかつキーキャラである彼も好感の持てるキャラ像をしている。読みやすく、読後感も良い一冊であった。

     星五つで評価している。この第二部で一、二を争うだろう質の物語であった。
     

  • 今回は、「どこまでモノトーンでおしゃれできるか?」が
    テーマ。
    服に凝る=カッコつける、ではあるけれど、
    主義主張を表す道具でもあることをお忘れ無く。

  • ものを知るのには年がかかるものだもの。

全3件中 1 - 3件を表示

大河原遁の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

王様の仕立て屋 11 ~サルトリア・ナポレターナ~ (ヤングジャンプコミックス)はこんなマンガです

王様の仕立て屋 11 ~サルトリア・ナポレターナ~ (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

王様の仕立て屋 11 ~サルトリア・ナポレターナ~ (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

王様の仕立て屋 11 ~サルトリア・ナポレターナ~ (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

王様の仕立て屋 11 ~サルトリア・ナポレターナ~ (ヤングジャンプコミックス)の作品紹介

紳士服の聖地と呼ばれるナポリに自らの店をオープンした織部悠。彼は伝説の名仕立て職人マリオ・サントリヨが唯一認めた弟子であり、“究めし職人"と称される男。そんな悠の許に、ひとりのルポライターが客として現れた。彼は実は北イタリア屈指の財閥バルツァーギ家の御曹司。黒ずくめの装いを好む彼だが、財閥総帥の曾祖父は黒が大っ嫌い。曾祖父が繰り出す様々な妨害工作に、悠はどう立ち向かうのか…!? ナポリ仕立てをモノトーンでまとめた大人の着こなしが満載! 「モノトーンの彩り」編、全7話+特別描きおろしを収録!!

王様の仕立て屋 11 ~サルトリア・ナポレターナ~ (ヤングジャンプコミックス)のKindle版

ツイートする