東京喰種トーキョーグール:re 5 (ヤングジャンプコミックス)

  • 600人登録
  • 3.95評価
    • (34)
    • (57)
    • (35)
    • (3)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : 石田スイ
  • 集英社 (2015年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088903316

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

東京喰種トーキョーグール:re 5 (ヤングジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 5巻の扉絵、クインクス班の趣味に興じている絵だけど、六月くんは何してるの…物騒な絵に見えるけど…
    『東京喰種』にはBLに描かれるであろう精神みたいなものが描かれている、と思うのが第42話のカナエを絡めとるエトの言葉。これは同性(他者とも言える)を好きになってしまった事で葛藤する人間の自問自答に非常に酷似しているのだ。誰かに「執着する心」がもんどりうってる様が描かれている…
    5巻巻末収録されてるカラー絵のカナエ…女子の格好させてあげてるんだよね、作者の優しさがこう言う所にも凄く出ていると思う。自分の作り出した登場人物たちわけ隔てなく優しいよね、石田スイさん。
    政よ…「敬われる」のと和修の名だけで「恐れられる」のは違うんだよ…まあ、彼も解ってて「恐れられる」方を選んでるんだろうけどね。瓜江くんを自分と同一視しない様に。人の上に立つものとして「偉そう」にする資質だけじゃ裏切られるかもね、誰かに。お父さんは大事にしとけよ、って思う。
    少し前に2巻で唐突に脱いだスニーカーが描かれてる…これは誰のだ、って思ったんだがなんかちょっと以前の高飛車で身勝手な部分が抜けて「イイ男」感が増えているニシキのだ、ってこのコマで解った。ハイセたちが入ってくるのを察して、いつもモードでスニーカー脱いでくつろいでたのに急いで隠れたんだろうね、恐らく。
    この「布石」の回収の仕方、洒落てるなぁ。気付かなくても作品読むのに全く支障はない、支障はないが、気付くと、やはり漫画と言うものは作者が全て「描いている」と言うジャンルで、描かれたものには全て意味がある、ってBSマンガ夜話で夏目房之助さんが行ってた言葉を思い出す。何度も。背景、そこに置かれる小物に意味がない、空白埋めだけのもの、って作品も無論多いけどね。『東京喰種』に関しては「なんか引っ掛かる」って時はやっぱ意味があるんだよ、って思い知った。そして、そこまで考えて布石を回収する作者の頭の中、どういう構造してんだろう…って恐れおののく。
    什造好きにとって5巻は什造出てこない巻でもある訳だが、おまけ回文漫画で什造好きを十二分に満たして貰った。半兵衛に「かってくださいいいい」って駄々こねなくても、あんた結構お給料貰ってるでしょ(笑)しかもこの海パン、かなりな色遣いのカラフルなマルチカラー水玉だろ(笑)この一コマだけでかなり什造萌えが補充できるお得さ…「かってくださいいいい」の什造を目にするだけでエネルギーをチャージできる感じ。
    やはり私の漫画に接する時の脳みそは「紙媒体」でこそ集中力を発揮すると思われる。アナログ~デジタルを生きている世代なので、デジタルもそれなりに生活に導入してるが、アナログの「実体がある」確実性の方を信用してるんだよな、根っこのところで。WEBで読んでて気づかなかった事に気付く…。

  • 【あらすじ】
    「私があなたの神様になってあげる――」 進捗をみせる「ロゼ」討伐作戦の最中、“個”を発揮し始める、歴戦の捜査官たちと、次第に“空白の20年間”に迫る佐々木琲世。疑問と真相の輪郭が、徐々に姿を現してゆく。一方、主・月山習のため、ハイセらQsの面々を消そうと画策するカナエは、「アオギリの樹」と接触を図る。月山家に近づく、数多の足音。そして、景色は縫われる。片眼が紅く蠢く存在によって――…!

    【感想】

  • どっちも好きだから、辛い

  • ずっと放置していた:reを再開するにあたり、もう1回1−4巻を読んだのだけど、やっと理解できたぞ!さすがに3回くらい読むと:reの人間関係がわかって面白く読めるようになってきた。
    無印の方でも好きだったキャラの月山さんが:reではホント可哀想なことになってて胸が痛い。自信家で変態な月山習がよかったのに…!
    鈴屋什造ちゃんは相変わらず天使。

  • 覚醒…ですか?ですね

  • レンタルでちょっとずつ読んでやっとここまで。続きももちろんだけど、どう終わらせるのかが気になるなあ。

  • 月山家抹殺計画。

  • ハイセと金木の中間

  • 面白かった点
    ・月山執事の献身
    「胴体・無用!」がもののけ姫みたいだった。
    松前姉さんも、最後何であんな感じ悪いのにやられなきゃいかんのか歯ぎしり。最後の愛が詰まってて壇ノ浦みたい。苦労知らずでいつも気づくのが遅い習さまにため息。

    モヤっとする点
    ・KANAEとエト
    忠誠が歪むから色恋設定いらなかったんだけど、「この世界は間違ってる」って創世記にかけたかったからか。あとシロクロの時も思ったけど、嬉々として他人の傷口を掻き回すエトが性格悪いなあと。地獄を這う道連れをもっと増やしたいのかどうなのか。

    構成
    皆の目的地が「屋上」とはっきりしてる分、オークションの時より交戦地がバラけても混乱しなかった。追い詰められるのが坊ちゃまだし執事も必死だしで戦いも濃かったと思う。謎はあまり回収されず、むしろまた思わせぶりに増えてる。

  • 4巻と合わせてレンタル。
    実は女子、またか!
    月山ぼっちゃんが、ああ!ああ!ですでした。

    それにしても容赦なく人(?)が死んでいく漫画です。

    腕もげちゃったのどうなるんだろう。

  • 相変わらずよく人が死ぬ
    月山復活したはいいものの、月山家がグールとばれて殲滅させられ、習を助けようと使用人とかが頑張ってる巻
    最後の方梟でてきた。黒幕?

  • 美食家さんの家があっけなく壊滅したわけですが本筋と関係ないけど同じ壊滅の道を辿るにしても美食家さんの組織無策すぎと思ってしまった。あれだけの巨大企業組織に国家権力とパイプが何もないのだろうか。危機管理対策してなかったのだろうか。この世界の力関係はCCG>国家?
    何も知らずに働いていた美食家さんの企業グループの従業員が突然失職してしまうのも気の毒だとこれまた本筋と関係ないことを考えてしまった。退職金でるかしら。

  • 月山くんがどんどん追い詰められていくのがツラい上に、双方に容赦がない展開なので、顔馴染みの人があっちこっちで倒れていくのが悲しい…。

    琲世が自分の過去を知ろうとする過程でついに亜門さんにたどりついた!
    …が、見事に誰も何も教えてくれない!(笑)
    私としては亜門さんが本当に死んでしまったかどうかがいまだに疑問なんですが。

    有馬さんそんなに出番多いわけじゃないのに人気だなぁ、とCCG内の有馬信者の多さをしみじみ感じる今日この頃です。
    しかし六月の時も気付かなかったけど、カナエの正体も全く気付かなかったわ。

  • 月山家駆逐作戦決行。当主は捕らえられ、後継ぎの習を庇い使用人たちが次々と倒れていく。屋上ヘリポートで待機する佐々木は追い詰められた月山、金木の過去と対峙することになる…。
    戦闘中に断片的に蘇る記憶。佐々木は有馬を慕ってるようだったのに、金木はかなり恨んでる⁈ どんな調教されたんだか…。

  • 喰種に扮して調査するマスク作戦。久しぶりにカネキのマスク姿が見れて嬉しかった。

  • ゆるふわ系キラーマシン 伊丙入ちゃんの活躍がもうちょっと見たかった。

  • 月山編。
    前期での5巻も月山メイン回だったので、やはり意識してる構成であるようだ。
    前期では月山が仕掛ける側であったが、今回は一転して追われる立場であり、自己中心的→当主としての責任という風に行動原理も対照的になってるのが上手い。
    反面、新キャラ等の処理に雑味を感じるような点があり、そこは今後のフォローを期待したい所。

  • 面白くなってきたけど、

    グロさも増してきた。


    個人的に初期シリーズよりも面白い気がする。

  • はいせくんが、目覚め始めてる…

全21件中 1 - 21件を表示

石田スイの作品一覧

石田スイの作品ランキング・新刊情報

東京喰種トーキョーグール:re 5 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

東京喰種トーキョーグール:re 5 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東京喰種トーキョーグール:re 5 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京喰種トーキョーグール:re 5 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

東京喰種トーキョーグール:re 5 (ヤングジャンプコミックス)の作品紹介

「私があなたの神様になってあげる──」進捗をみせる「ロゼ」討伐作戦の最中、“個"を発揮し始める、歴戦の捜査官たちと、次第に“空白の20年間"に迫る佐々木琲世。疑問と真相の輪郭が、徐々に姿を現してゆく。一方、主・月山習のため、ハイセらQsの面々を消そうと画策するカナエは、「アオギリの樹」と接触を図る。月山家に近づく、数多の足音。そして、景色は縫われる。片眼が紅く蠢く存在によって──…!


東京喰種トーキョーグール:re 5 (ヤングジャンプコミックス)のKindle版

ツイートする