バイオーグ・トリニティ 11 (ヤングジャンプコミックス)

  • 74人登録
  • 3.81評価
    • (4)
    • (5)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 大暮維人
制作 : 舞城 王太郎 
  • 集英社 (2017年2月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088905976

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

バイオーグ・トリニティ 11 (ヤングジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

  • "「フミホの中から今すぐ出たい。すごく急いでるんだ!
    バイオバグの解除ドラッグ確か一つ持ってたよね?」
    「えっ出ちゃうの?もったいなくね?おまえソコ入ってたら無敵じゃんね」
    「いや…それじゃあと数分でフミホ宇宙に吸収されて消えちゃうし」
    「……一回ぐらいその体でオナニーしても黙っててやるぞ……こんなチャンスめったにねーぞ」
    「いーーからはよっ!!」"

  • 世界は愛でできている。
    どんなものも愛があるから生まれる。
    無敵の愛は無敵の存在、それこそが最強。

全2件中 1 - 2件を表示

バイオーグ・トリニティ 11 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

バイオーグ・トリニティ 11 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

バイオーグ・トリニティ 11 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バイオーグ・トリニティ 11 (ヤングジャンプコミックス)の作品紹介

キワちゃん…… 私が…死んだ後さ…
榎本芙三歩が死ぬXデーまで、あと3日。藤井は40年前に迷い込んだ意味、誰が芙三歩を殺したのか、どうすれば救えるのか、その謎のこたえに手をかける。バイオーグの攻撃が激化する中、世界の秘密、その核心に辿り着けるのか? ──そんな第11巻!


バイオーグ・トリニティ 11 (ヤングジャンプコミックス)はこんなマンガです

バイオーグ・トリニティ 11 (ヤングジャンプコミックス)のKindle版

ツイートする