そしてボクは外道マンになる 1 (ヤングジャンプコミックス)

  • 28人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 平松伸二
  • 集英社 (2017年8月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088905990

そしてボクは外道マンになる 1 (ヤングジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 漫画家の自伝なのにドス黒い情念に包まれた異色な作品。過酷な状況のなかヤクザの出入りのように現れてくる編集者達と幾多の漫画家達の睡眠不足から生まれた作品には敬意するしかありません。

  • キワモノ的表現も目立つ一方、作者の漫画力の高さで圧倒的に「読ませる」仕上がり。(大きなウソを埋めるためかもしれないが)細かなディテールには当時を思わせるリアリティと臨場感がある。

  • 漫画家の自伝漫画に出てくる編集は本当ヤクザばかり。本宮先生の描写は爆笑したけど、やっぱちょっと似ていますw

全3件中 1 - 3件を表示

平松伸二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

そしてボクは外道マンになる 1 (ヤングジャンプコミックス)はこんなマンガです

そしてボクは外道マンになる 1 (ヤングジャンプコミックス)の作品紹介

1970年代、激動の「週刊少年ジャンプ」でデビューを果たした若き漫画家・平松伸二。やがて不動の人気連載作家へと成長するが、それは、想像を絶する厳しく険しい道のりであった…。岡山の片田舎で生まれた少年が漫画家を目指し、外道漫画家・「外道マン」に至る漫画家人生をドキュメンタリータッチで描く、著者入魂の一作!!

そしてボクは外道マンになる 1 (ヤングジャンプコミックス)のKindle版

ツイートする