HUG!friends: セラピーフォトブック (小学館SJムック)

  • 166人登録
  • 4.31評価
    • (33)
    • (18)
    • (7)
    • (2)
    • (1)
  • 25レビュー
  • 小学館 (2013年11月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (82ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091046529

HUG!friends: セラピーフォトブック (小学館SJムック)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    心にポッと灯がともる、奇跡の出会いの物語

    自然写真家・丹葉暁弥氏が大切に温めてきた、野生のシロクマとカナダの原野の犬の友情を撮影した写真と、天才コピーライター・ひすいこたろう氏のコピーが読む人の心を癒すヴィジュアルブック。半年間、絶食状態のシロクマが、友達の犬のいる居留地に1年ぶりにやって来て、再会を喜び、一緒に遊ぶ、という奇跡的な瞬間をモチーフにしながら、孤独で何も変わらないような毎日を過ごしていると感じている人にも必ずあたたかい愛情に満ちた瞬間が訪れる、というメッセージをシンプルなデザインで伝えます。一見、弱肉強食と思われる自然界から、「HUG」(ハグ=抱きしめること)の大切さを学び、シェアすることの歓びを伝える1冊です。

    【キーワード】
    単行本・写真集・シロクマ・犬・英語対訳


    ++++1

  • まずは、って。。。

  • 泣いた

  • 2017/2/7読了

  • 新聞のレビューを見て本屋さんで手に取った。涙が溢れてレジに持って行けなかった…。次の日にはもうなかった。動物や自然をコントロールしているつもりの人間には超えられない壁があるんだと思った。

  • お腹を空かせたシロクマが犬の群れの中に入る。
    本来なら食べてしまいそうなのに、そのシロクマは犬と遊んだ。
    最初は怖がっている犬だが、だんだん慣れて仲良くなる。

    長年見続けてきた人でも珍しい光景なのだとか。

    写真はかわいい。
    けれど、人生の終わりの質問、人生を楽しんだか、とかはいらなかったと思う。

  • シロクマと犬がいっしょにあそんでる写真集

    しろくまかわいい

  • Did you enjoy your life?
    使者が最後に投げかけることば。

    ハッとした。
    自分に問いかけられ、言葉に詰まる感じ。

    日々もがき、
    息ができなくなりそうになりながら、
    必死に誤魔化しながら生きている今。

    もうちょっと自分を信じてみようかなって思える、勇気をもらえる、そんな素敵な本。

  • 自分がベストではないとき、むしろベストな一冊。気持ちがほわっととろけていきます。
    なぜこんな奇跡がおこるかはわからないけど、すごーく素敵な奇跡。
    やっぱり信じることっていいよね。

  • 久しぶりに読み返してみた。どれだけ沢山の言葉よりhugは心をほぐすのでしょう。

全25件中 1 - 10件を表示

丹葉暁弥の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
村上 たかし
村上 春樹
ヨシタケシンスケ
梨木 香歩
三浦 しをん
朝井 リョウ
有効な右矢印 無効な右矢印

HUG!friends: セラピーフォトブック (小学館SJムック)に関連する談話室の質問

HUG!friends: セラピーフォトブック (小学館SJムック)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

HUG!friends: セラピーフォトブック (小学館SJムック)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

HUG!friends: セラピーフォトブック (小学館SJムック)を本棚に「積読」で登録しているひと

HUG!friends: セラピーフォトブック (小学館SJムック)の作品紹介

心にポッと灯がともる、奇跡の出会いの物語

自然写真家・丹葉暁弥氏が大切に温めてきた、野生のシロクマとカナダの原野の犬の友情を撮影した写真と、天才コピーライター・ひすいこたろう氏のコピーが読む人の心を癒すヴィジュアルブック。半年間、絶食状態のシロクマが、友達の犬のいる居留地に1年ぶりにやって来て、再会を喜び、一緒に遊ぶ、という奇跡的な瞬間をモチーフにしながら、孤独で何も変わらないような毎日を過ごしていると感じている人にも必ずあたたかい愛情に満ちた瞬間が訪れる、というメッセージをシンプルなデザインで伝えます。一見、弱肉強食と思われる自然界から、「HUG」(ハグ=抱きしめること)の大切さを学び、シェアすることの歓びを伝える1冊です。

【編集担当からのおすすめ情報】
とにかく読み進めるうちに、心がジワッと温かくなってきます。クライマックスの写真とコピーで涙腺がゆるみ、読後は、固くなっていた心がマッサージされたように、やさしい気持ちになっていることに気付きます。大切な人、悩んでいる友人にカフェや居酒屋で手渡したくなる本です。

ツイートする