ハレルヤオーバードライブ! 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

  • 327人登録
  • 3.82評価
    • (33)
    • (34)
    • (36)
    • (4)
    • (3)
  • 24レビュー
著者 : 高田康太郎
  • 小学館 (2009年11月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091221032

ハレルヤオーバードライブ! 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  雨音はメタリカの調べ!(挨拶)

     面白い面白いと絶賛されていたこの作品、コミックスを購入して改めて読んでみたら本当に面白い。
     自分が読んで知っていたのは冒頭の三話までで、そこまでの話でも「音楽を奏でること」の楽しさが主人公の小雨を通じて伝わってくるステキマンガだったんですけど、四話以降になるとヒロインのハルや『メタりか』部の過去に物語の焦点が当たるようになって来ており、ストーリー面でも面白みが出てきたと思います。第二話で部長が言ってた「"メタりか"には先人達の"歴史"と"想い"がてんこ盛りだ」という言葉は伊達じゃなかった。

     にしてもハルさん本当にカッコイイ上にカワイイ。このマンガは究極的にはそこに行き着きます。

  • 久々に読んだグッとくる王道少年漫画。高校生の片想いや三角関係を甘酸っぱく描いていて、読んでいて若返った気分。メインテーマであるバンドものとしても、主人公の音楽的な成長をたっぷり感じることができて、常に前向きなメッセージを発する主人公の健全さがまぶしく映る。いやぁ、これは名作でしょ。2009年から6年半にわたってゲッサンに連載されたとのこと。サンデーコミックス全15巻。

  • イカのギターに笑った。
    思ったよりも面白かったので、集めようか悩み中。
    部長好き。

  • ああ良き青春かな!

    まだラブコメなのか本格的な音楽漫画なのか曖昧な線を行っているものの、小雨の不器用なまでの真っ直ぐさ、ボクッ娘ヒロイン・ハルさんのかわいさ、演奏シーンの紙面から感じる熱に魅入られました。

    小雨の音楽がこれからどのように成長していくのか、ハルさんへ想いは届くのか。
    音楽の面でも恋愛の面でも気になるこの先。

  • 男の子が頑張るのは好きな女の子のためと相場が決まっているのだよ。
    恋と音楽が奏でる青春バンドラブストーリー第1巻。

    サンデーらしい軽快なコメディ&イラストで読みやすい。表紙が気になったら鉄板です。おてんばちびっ子ハル姉さんはじめ、キャラが魅力的で記憶に残る作品だね。

    なぜかハルさんで一番記憶に残ってるセリフ。
    「小雨ーーーー!! ヘッタクソーー!!」

  • 青春バンド漫画。勢いと若さがいい。バンドめっちゃ楽しそう。

  • 青春全開で読み終わった後の高揚感が心地よかったです。
    見開きの演奏シーンは迫力があってシビレました。

  • 青春バンドマンガ。

    土曜にこれ読んでから、1日一時間はギターさわってる、落ち着け、俺(笑)

    恋愛あり、バンドあり、いいマンガ。BECK以来。

    しかし、バンドマンガの主人公は「下手くそだけど、人を引きつける奇跡の歌声をたまにだす天才」ていう設定はmustなのか?
    個人的には、麗のキャラ好きです。

  • 音楽好きなんで(笑)
    高校生とかの時代にバンドやりたかったなぁ~

  • 本ページ特集「小コレ」のお薦めコミック診断で出てきた。

    音楽の持つ、人を揺さぶる力を描いている。
    もっともっと作者は伸びるはず。

全24件中 1 - 10件を表示

高田康太郎の作品

ハレルヤオーバードライブ! 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)に関連する談話室の質問

ハレルヤオーバードライブ! 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)に関連するまとめ

ハレルヤオーバードライブ! 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ハレルヤオーバードライブ! 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ハレルヤオーバードライブ! 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハレルヤオーバードライブ! 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ハレルヤオーバードライブ! 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)のKindle版

ハレルヤオーバードライブ! 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)のKindle版

ツイートする