銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)

  • 8365人登録
  • 4.18評価
    • (1093)
    • (1114)
    • (495)
    • (38)
    • (5)
  • 742レビュー
著者 : 荒川弘
  • 小学館 (2011年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091231802

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)の感想・レビュー・書評

  • いや~おもしろかったです。
    6巻まで大人買いして一気読みです。
    高校生の息子も面白いと言ってました~

    ところどころ、感動して涙がでちゃいました。
    いいこと言いますねぇ・・・・

  • 無性に卵かけご飯が食べたくなった!

  • 本屋さんの一話ためし読み作戦にまんまと嵌って購入した一冊です。

    農業高校が舞台ですが、面白い。

    主人公には夢が無い設定でその葛藤です。

    同級生には獣医になる夢を持っているが、
    その課題を本人は気づいている。

    主人公が獣医にその課題と聞いてみた。
    「獣医になる夢をかなえるために必要なことはなんですか?」

    大切なものは
    「やれるかどうか」(殺れるかどうか)
    この気持ちで獣医を断念する人もいるのだとか。

    しかし、ここで獣医がいう一言がフカイイ(笑)なのです、
    (あの番組面白くないけど、笑)

    「どんな事でもね、
    叶うにしろ、叶わないにしろ、
    夢を持つという事は、
    同時に現実と
    闘う事になるのを
    覚悟する事だと思うよ」

    この、叶う叶わなくても覚悟することだというのがいいですね。

    夢がないという若者がたくさんいると思います。
    また若者でなくても夢がないといいます。

    それは覚悟がないことなんだなと思います。

    成功失敗ではなく受け入れるということです。

    失敗が嫌だということではなく

    失敗を失敗のまま受け入れる覚悟があれば

    何だってできるのではないでしょうか。

    (そうえば叶ってかいてて叶姉妹を思い出した、どこにいったんでしょうね、笑)

  • 読んだ周囲の評価が高く、①②のみ入手。最初は敬遠していた中1の娘が暇にまかせて読み始めたら止まらなくなり、「続きを買って!」コールで本屋に走る。
    私も読み始めて納得。舞台は北海道の全寮制農業高校。高校生らしい将来への不安、自分とは?の悩みに加えて農業高校らしい「いのちをいただくこと」や現在の農家の問題にも触れていて奥が深い。「こんな高校に行きたい」と娘。ほんとだね、こんな仲間がいる高校があったらいいのにね。

  • アニメがよかったので買い始めました。

    子供も大人も勉強になる内容なのに、アニメの放送時間が深夜っていうのが残念な気も。夕方とか子供も見やすい時間にやればいいのになーと思います。

  • ついに買ってしまった、のうこう(色んな意味で、なのであえてひらがな)青春グラフィティ

    作者が農校出身、農家のでなので北海道の広大な大地を余すことなく描いています

    面白く読ませていただきました

  • 食事前の「いただきます」を安易に言えなくなりました。
    出てくるごはんが本当においしそう…!

    マンガ大賞2012受賞作品。
    いや~さすが大賞受賞作です。教員の方から「面白い漫画があるよ!」と紹介していただきました。

    3.11以降、原発の影響で警戒区域になった地区で徘徊するペットや繋がれたまま息絶えた家畜など、生き物の命について考えさせられることが多くあり、この作品で改めて生き物の命(特に食用の家畜のシビアな世界)について考えさせられました。
    面白いキャラクターに笑いながら、ドキッとさせられるセリフがちりばめられています。
    生きるということは同時に他の生き物に生かされているということですね。宮沢賢治に通じるものがあるような・・・

    荒川先生のコミックエッセイ「百姓貴族」も同じような作品で面白いです。

  • とりあえず人が死んでみたりだとか、とりあえずケンカしてみたりだとか
    そういうのはもういいなぁ・・・と思っていた所にピッタリきた一冊。

    都会から出てきた学生が農学校に入り、なんにもわからないまま
    巻き込まれるように力仕事をして、朝早くに起きて、知らない間にたくさん人がいて。

    そうそうウマくいくはずもあるめぇという想いも一方にはあるところで
    ちょうどよくトラブルが起きたり主人公の足りない部分が浮き彫りになったりして
    でもあくまで牧歌的な雰囲気で描かれているので深刻になりすぎない。
    このあたりのバランスが良くて、読んでいて安心感があるのが良い。

    この作品に対して「命の大切さがうんぬん」みたいな安直な言葉は自分には違和感があって
    むしろ「どこにでもある普通のことを再認識させてくれる」というところに
    この作品の良さがひとつあるような気がしています。

    ずっと読みます。

  • 再読。マンガ大賞2012を受賞した作品。北海道の農業高校が舞台。目的も夢も無く入学した主人公八軒が、クラスメートと共に農業高校ならではの実習や部活に奮闘します。同じく農業高校を舞台とする『もやしもん』という作品があるのですが、『もやしもん』が食品菌の雑学に特化しているのに対して、銀の匙では畜産や農業体験を通して八軒の感情の動きにスポットを当てています。

    成績の悪い競走馬や生産率の低い鶏が淘汰される現場を目の当たりにすることもあれば、可愛らしく愛着の湧く子豚を食用として育てたり。これまで経験の無いことばかりで最初はとまどいながらも、泣いたり笑ったりしながらクラスメートと共に取り組んでいく八軒。自分には周りのクラスメートの様な将来の夢が無いと自嘲しながらも、親切で面倒見が良く、目の前の事に一生懸命になれる彼が頑張る姿は見ていて心地良い。

    作者はハガレンの荒川弘先生。ストーリーの中でたびたび荒川先生の哲学が垣間見えます。
    二回目だけど読むのが楽しいというのはすごい。人生の中で自分が経験し得ないフィールドの話は本当に興味深いです。

  • 私には文句なしの作品。

    目標を見失ってしまった非農家の家庭の主人公が、農業高校での生活で生きる意味や育てることの大変さ、食べることの尊さを学んで成長していく作品。

    多摩子はある意味これからどうなっちゃうのかも楽しみw

  • 1巻のときから存在は知っていたのだけど、ハガレンがあまり私の嗜好と合わなかったので、手を出しそびれていた1冊。
    漫画大賞ということで、ミーハー的な興味により読んでみた。

    結論、すごく面白くて悔しい。
    夢ってなんだ!という青春時代のお約束の問いかけから、
    農業高校という一般には知られていない生活についての、緻密で笑いあふれる描写に、農業や畜産にまつわる豆知識に。
    動物たちは可愛くっても、いずれ食される者たち。
    過度の思い入れは禁止だし、だけど動物への愛情なくしては成り立たない産業なんだな。

    主人公も、周りの人たちも、1巻だけで十分愛着がわいた。
    これからが楽しみなマンガだ。

  • ハガレン完結後、やっぱり同じくバトル物を期待していたのですが…

    あれ?農業高校が舞台の青春物ですか?
    一瞬肩透かしを食らったのですが、読んでみて考えを一変しました。
    これめっちゃ面白いよ!!

    こちらに住んでいると、皆に「熊出るんでしょ!」と言われるのだけれど、
    札幌では決してそう頻繁に出る訳ではありません。
    なので、思い切り八軒君の視点から読みました(笑)

    生き物を育てる事、そしてやがては人間の食べ物になる事。
    当たり前のようで、実際に目の当たりにすると怖気づいてしまう。
    何だかすごく共感しちゃいました。

  • 小学生の息子に勧められて読んだ。投げやりな八軒君が酪農に目覚めちゃうんだろうな~と思いながら読み進めた。彼の周りは良い人だらけだ。学園ものにありがちな悪役が出てこない。それでも、ばんえい競馬が出てくる第5話辺りから、なんか馴染んできた。2巻も読もう!

  • つ、ついに手を出してしまった…。

    『百姓貴族』が大好きなので、
    本作で描かれるよりも、
    もっと過酷な現実があるのだろうなと思いながらも、
    実に面白い。

    命を育むということ、
    その命をいただくということ。
    この一連の営みの、なんたる本質的なことか。

    荒川弘だからこそ描ける、
    農業高校の面白おかしい、
    でもとんでもなく真面目な酪農物語!
    1巻で既に大好き!!

  • 勉強に疲れた少年が選んだ進路先が農業高校だった。
    今迄とは違う世界に来た少年が何を感じ、どの様に成長して行くのかが楽しみな漫画。
    短い高校3年間をどの様に生きるかって結構重要な事だと思う…

  • 長男が借りてきたのを拝借して読んだ。
    これは面白いと思った。

    農業高校という舞台と
    生き物を食べる、ということ。

    普段思わなかったことが
    確かに!!とか思いつつ。
    続きが気になるというのは作家さんの力量でしょう。
    久しぶりに先が読みたくなる王道漫画だなぁと思いつつ。

    続き、読みたい…。

  • もうちょっと本気だして勉強すれば……楽しかったのかなぁなんて……(笑)
    境遇も面白いし、こんなに着々と成長する主人公もひさしぶり。読み応えあるー

    元農校生

  • この漫画を読んだあと牧場に行った。
    そんで乳搾りとか乗馬とか卵拾いとか一通りやってみた。取れたて卵って黄身が真っ赤だし白身盛り上がってんだね。超美味しかった。

    つまり、美味しいものを感謝して食べられるようになる漫画です。命の大切さと青春。これがイコールで繋がってんのが凄い。

  • 「失敗した人間は・・・一度失敗した人間は何もしちゃいけないのか?一度の「ダメ」で全部がダメになるのか?」

    「鋼の錬金術師」の荒川弘先生の農業漫画。
    八軒達を見ていると、「あー高校の時ってこんな真剣に将来のビジョン見据えてなかったなあ...ファーストフード店のブロイラー鶏喰いながら適当~に生きてたな...」と少し遠い目、いや黄色い目(しかもにごってる)

    とりあえず読んでると「豚丼食いてえええええええ
    ピザ食いてえええええええイモ揚げたやつ食いてえええってなります。」ぐー。アシさん達、いい仕事しすぎ。

  • 髪を切りに行った帰りに出来心で買ってきた。実に面白い。また、ローカルに笑えてしまうところも。例えば稲田という名前の兄弟が出てくるが、帯広市稲田町と言えば農業高校と畜産大学が隣接している場所である。私はそこの教授宅に預けられていたことがあり、帯広市稲田町で麻疹を発症した経験を持つ。家の前は馬場だった。ドイツパンに乗せてトースターで溶かして食べる帯広畜産大学のチーズがこの世で一番うまいチーズだと信じているが、そのチーズが入手できないので悲しい。そういうわけだから、続きを大人買いする予定である。

  • いかにも少年サンデーっぽい、正統派青春マンガ。鋼の錬金術師より、こっちの方が好きだなあ。
    農業高校面白そう!と思わせる、でも農業のシビアな現実も描いていて、とてもバランスがいいのは、作者の経験と力量なんだろうなあ。
    毎巻楽しみです。

  • 「獣医になるための条件は、殺れるかどうかだ」のくだり、さらっと書いてあったけど、奥深いなあ。

  • 8巻まで読了。

    私、ご飯をきたなく残す人って本当に嫌いで、
    調理をしてくれた人はもちろん、素材を育ててくれた人にも
    しっかり敬意を示さなきゃだめでしょ!っていう人間なので、
    “命をいただく”ということについて考える良い機会になるし、
    “残さず食べる”という当たり前のことを植え付けてもらえる
    漫画だなって純粋に感じました。

    八軒くんとアキのやり取りにも優しい気持ちで向きあえます。

  • もっと食べ物が出てくるマンガかと思ってましたけど、そうでもないですね。ちょっと子供向けかなぁ。

  • 第1〜8話収録。
    農業高校の日常を描いた作品なので戦闘はありませんが、登場人物が死生観・人生観を語る場面を見て『鋼の錬金術師』と通ずるものを感じました。特に、6話の獣医(獣医の条件、夢を持つこと)と御影父(馬の葬式)、7話の冨士先生(子豚の性質)の言葉を特に重く受け止めました。本作品と同じタイトルの、中勘助さんの『銀の匙』は多分難しくて読めないだろうから、『<銀の匙>の国語授業』『奇跡の教室 エチ先生と「銀の匙」』を読もうと思います。

全742件中 1 - 25件を表示

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)に関連する談話室の質問

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)に関連するまとめ

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)のKindle版

ツイートする