銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)

  • 4848人登録
  • 4.25評価
    • (605)
    • (596)
    • (222)
    • (12)
    • (0)
  • 324レビュー
著者 : 荒川弘
  • 小学館 (2012年4月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091236531

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 農業という労働は本当に生きることを学ぶ場所だと思う。生き物を殺す辛さと、そうしなくては生きていけない、食べていけない私たち。そんな葛藤に直面して八軒が出した答えは、豚丼の肉を買うこと。面白いなぁ。独特だね。この感性がどうこの場所で活きてくるのか楽しみ!

  • 屠殺場の事を、今はと畜場と言うんですね。
    漫画にそれを差し込んでくる所に心意気を感じるというか、凄いです。
    私が屠殺場という言葉を知ったのが、自主規制とか差別語とかにちょっと興味をもったからだったので、授業でちょっと映像を見るシーンだけとはいっても、ご苦労があったのではと、ちょっと思ったりして。
    人間を支える重要な仕事ですよね。
    何しろその仕事をする人がいなければ、私達は食肉にありつけないんですから。

    そして今巻の泣き所は…。

    >「俺、中学で
    目標が無くなって
    夢もないから、
    夢があって
    キラキラしてる奴が
    正直ねたましいよ!
    でもさ…
    夢かなえる為に
    しんどい思いしながら
    ふんばってる奴
    いっぱいいるから…
    そういう奴の夢が
    かなわないのは嫌だよ!」

    そして、バイト代受け取る所。


    蛇足ですが、「夏の巻15」の扉絵。
    穀物用(かな?)の秤で体重を測ってる絵が私的に懐かしい。
    子どもの頃家には体重計がなく、親に精米したついでとかに、これで体重測ってもらったりしてたなぁ。

  • 中学時代に、理科の授業で、
    牛の解体をしたのを思い出した。
    同じ解体でも、
    それまで生きている姿を
    見ているのと、
    更には、育てたのと、
    それが仕事の人と、状況によって、
    思いは全く違う。
    フラットな見方できるような、
    したいと思うような、
    考えさせられる漫画。
    何事にも一生懸命なハチが、
    甘酸っぱくて、好感が持てる。
    こういう抉られる感じ、懐かしい。

  • 良い漫画ですね~^^
    ほのぼのしていると思いきや、ずっしりと重いものが残る。

    一生懸命愛情を持って育ててきた豚丼がついに…!
    八軒君は良くも悪くもまっすぐで、だからこそ人一倍悩む。
    やりたい事が見つからないというけれど、しっかり吸収してるね。

    先生の「停学などなまぬるい!」に笑いました。
    いかにも酪農学校らしい処分だなぁ。

  • ついに豚丼が! の3巻です。
    作者の牛乳普及活動が見え隠れする・・・。私も牛乳好きなので、給食で飲みたくないと言うクラスメイトに「もったいないなぁ」と思う方ですが……。

    しかし、この本はいろいろなものがおいしく見えていけませんね。
    動物もかわいいんだろうけど、あまり動物の世話をしたことのない私は多分動物臭は苦手だろうなぁ。

    さて、主人公の兄が登場しました。
    こんな人が通常にいたら殺意を抱く、ということはないですね。兄弟だったら嫌かもだけどだって天才と馬鹿って紙一重って言うし。
    主人公の家族関係が、ちらちらしだした3巻です。
    恋愛は・・・道のりは遠いねぇ~。

    ちなみにわたくし、そのむかしソーセージ作りのビデオを見た覚えがあります。ええ、豚の「アーメン」のシーンから。
    さすがに解体のシーンはなかったけど。
    いつ見たのか、なぜ見たのかも忘れたのに、そこだけはしっかり憶えているものですね・・・。

  • 同じ価値観を持つ集団の中に在る異分子である八軒が逃げずに現実と向き合うその真面目さがいい。

  • 御影牧場での夏休み…。
    街で過ごしたどんな夏より迷い、働き、汗を流した日々。
    そして住み慣れた寮に八軒は帰る。
    いつもの仲間がいつものように笑っている。
    夏はまだ終わらない…。

    前巻に引き続き御影のご実家でのバイトの話が半分、夏休み明けの学校話が半分。
    牧場での毎日は本当に大変そうだけど、なんか色々と美味しそうでお腹すく(笑)
    まさかの八軒のお兄さん登場でどうなる事かと思ったけど、結構普通に帰って行った。
    というかお兄さんは本当に兄弟から見ると大変イラっとさせられるタイプだったなぁ。
    でも悪い人ではないから憎めないという。

    夏休み開けていよいよ出荷間際となった豚丼のことで八軒が悩み過ぎてて、ちょっと読んでて重たい漫画だなと感じたり。
    そこが重要なんだけど、こっちまで気が重くなるから困る。
    家畜の運命とそこまで真剣に向き合うってしんどい。私にはムリだな、重いし。

  • バイトを通じていろいろ学ぶ巻。
    小中学生に読んでもらって、働くことを感じてほしい。

  • 3巻は農業高校の夏休みがメインです。生徒一人一人が目的があって夏休みを送っている気がしました。自分は普通科でしたのでちょっと羨ましく思います。
    もちろん羨ましいだけでは片づけられない苦労や家の事情はあるかと思いますが、いいことも悪いこともバランスよく描かれていて、このマンガを読んで進路をどうしようか迷っている人が「農業」を選択肢に入れてもらえたらいいですね。
    働くこと、お金をもらうこと、お金を使うこと、食べること…。
    この巻もいろいろ考えさせられるところも多くあり面白かったです。

  • 1~3巻を読みました。
    農業高校なんだけど、畜産のお話、登場人物がみんな違うタイプなので、
    いろいろな角度から物を感じたり考えたり行動したりと、いうのが、
    すごく面白い。前向きだし。
    牛、馬、ブタ、くま、しか、など、ペットとは違う、実は生活に密着していたという命のとらえ方など、なかなか知る機会のない未知の部分があかされていて神聖さを感じつつ観ました。

    子供の頃、こういう環境には、少し接してきたはずだけど、お金のいる生活になってからは、離れてしまい、忘れてしまいがち。なんか、家畜に接していたころをすごく思い出しました。

全324件中 1 - 10件を表示

銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)の作品紹介

初めてづくしのアルバイトが終わり、寮に戻った八軒。
そこで突きつけられた現実は、“豚丼”が肉になってしまうこと。
八軒が下した決断は…!?

大人気酪農グラフィティ第3巻。“銀のスプーン”が付いた特別版が同時発売。
第3回ブクログ大賞で漫画部門大賞を受賞。マンガ大賞2012で1位を獲得。

銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)のペーパーバック

銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)のKindle版

ツイートする