ひとりぼっちの地球侵略 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

  • 477人登録
  • 3.99評価
    • (37)
    • (53)
    • (28)
    • (2)
    • (2)
  • 22レビュー
著者 : 小川麻衣子
  • 小学館 (2012年12月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091238788

ひとりぼっちの地球侵略 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 凪が思いの外キライすぎる、リコは…まぁいいか

  • また新たな謎が出てきましたね。
    凪は何者?
    続きが気になります。

  • 凪が謎。
    リコがかわいいい。

  •  第二の侵略によってようやく物語が動き始めた。ついでにマスコット獲得である。
     彼のことで右往左往する先輩が、ひどく人臭くて可愛いものだが、しかしこのストーリー展開でもうキスを済ませてるわけだから、思ったより恋愛色が強いのかもしれない。そっちの面でも今後、期待したいところである。

  • リコが家に住むことになるところまで。

  • 「ひとりぼっちの地球侵略」二巻目読了。おおおこれはついにひとりぼっちか! と思ったら回避された二巻。なんだろう俺のこのひとりぼっち熱。ライダーキックは足刀で。うむうむ。

  • 凪くん復活!最初のうちはちょっとうざったいなぁと思ったものの、物語上重要な鍵を握ってそう。次に期待。
    凪にペースを乱される先輩が可愛い。そして広瀬くんに危害を加えられた時が怖い。本当は今よりもよほど強い様子。
    広瀬くんも覚悟を決めた。この子も次巻以降どう動くのか期待。

  • うーうー言ってる先輩かわいいなあ。

  • いいねぇ。
    一見普通の女の子だけど、実は地球侵略を目的とした宇宙人。
    でも、ドロドロとした暗い感じは全くない。

    感じとしては、成恵の世界、に似たライト感覚。

    今の所は、おきらくな感じだけど、
    地球侵略というのは、具体的にどうしていくのか?
    やってくる他の侵略者、
    弟の不穏な動き、
    それらが、今後どんな展開を見せるのか?
    私、気になります。

  • 相変わらずぽわぽわしていておもしろ楽しいんだが、岬一と先輩の間に闖入してきた凪の存在がこれからの波乱を予感させる。何かを知っていそうだけど……。

全22件中 1 - 10件を表示

小川麻衣子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ひとりぼっちの地球侵略 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ひとりぼっちの地球侵略 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ひとりぼっちの地球侵略 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ひとりぼっちの地球侵略 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス)のKindle版

ツイートする