女子高生刑事白石ひなた 1 (少年サンデーコミックス)

  • 19人登録
  • 4.43評価
    • (4)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 早坂ガブ
  • 小学館 (2013年2月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091241931

女子高生刑事白石ひなた 1 (少年サンデーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 週刊少年サンデーの特別編で気になったのが知ったキッカケですが、これがけっこう面白いのです…

    志半ばで殉職した敏腕ナイスミドル刑事・拝田さんの心臓を移植された、女子高生ひなたちゃんが主人公です。
    ひなちゃんはあるキーワードで心臓の元の持ち主の拝田さんの人格が出てしまい、拝田さんとなって遭遇した事件を解決に導いてしまう…というのが基本的な流れ
    拝田さんの立居振舞にすっかり惚れ込んでしまうクロウ刑事ですが、それは随分倒錯的ではないのか…!?といつも思ってしまいます。笑

    素朴でかわいらしい絵柄ですが起こる事件はなかなかエグいですね、、
    個々の事件のトリック等についてはあまり深く考察したことはないので言及できませんが、、全体のストーリーにも細かな伏線があったり… 読み応えもあります。

    個人的にはなかなかおすすめ。
    少しでも気になったら読んでみてほしい作品のひとつです。

  • 設定も面白いしテンポも良い。謎もたくさん!期待しています!

  • 銀さん……? アマイモン……? ガリレオ最終回……?と色々思いつつも、楽しく読めた。クロウさんは卑怯だなー、大好きだよこういうキャラ!! そしてひなちんの泣き顔たまらん。

  • 推理漫画が大好きなので購入。
    一話完結物かと思ったら、最後のお話は続きものだったー。
    犯人が気になります!
    クロウさんとひなたの関係が徐々にいい感じになっていて良いなぁ!

  • 中々に新し良い印象を受けた、推理漫画
    絵はまぁ、正直に言えば、まだ拙いが、本格派の片鱗はあり、その手のジャンルが好きな読み手を十分に納得させられる内容になっている
    犯人側の奇想天外なトリックよりも、緻密な推理・プロファイリングに重きを置いているので、『サイコメトラー』に近いように思える
    花の女子高生が探偵役って漫画は多いも、名刑事の心臓を移植しており、あるワードを聞いた途端、スイッチが入るって設定が面白い
    また、相棒役のヘボ刑事が、いざって時はやる男ってのも、中々にポイントは高いか
    犯人だけでなく、他のキャラの強烈にキレてるってのも魅力の一つに推してもいいだろう
    何より、個人的に気に入ったのが、主役の二人も含め、その話ごとに出てくるキャラの名前に工夫が凝らされてるコト
    今後、押さえておきたい推理漫画である

全5件中 1 - 5件を表示

早坂ガブの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

女子高生刑事白石ひなた 1 (少年サンデーコミックス)はこんなマンガです

女子高生刑事白石ひなた 1 (少年サンデーコミックス)を本棚に登録しているひと

女子高生刑事白石ひなた 1 (少年サンデーコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

女子高生刑事白石ひなた 1 (少年サンデーコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする