銀の匙 Silver Spoon 9 (少年サンデーコミックス)

  • 2996人登録
  • 4.23評価
    • (341)
    • (387)
    • (121)
    • (5)
    • (4)
  • 180レビュー
著者 : 荒川弘
  • 小学館 (2013年10月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091244741

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

銀の匙 Silver Spoon 9 (少年サンデーコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 本屋さんのシーン、好きだな。
    同級生たちもきっと心配してたんじゃないかなぁ。
    八軒くんも「周りを見回す」って、あとほんの少しの余裕さえあれば
    苦しい時間を過ごすこともなかったのかもねぇ。

    そんなテンパり体質の弟と
    「いきなり!?」な兄。
    そして、とことん不器用な父。
    おかあさんも大変だ。(笑。

  • 何時ものように読後、あ~これぞ青春!と思える。
    タマコが八軒に言った、「信用してるから」なんて言葉、自分なら照れ臭くて言えない。
    八軒、いい仲間に出会ったな。

  • はじめて八軒が父親に反抗する。
    今までの経験が説得力となって、理詰めの親父と戦う場面は見ものだった。

  • アキの受験勉強のために兄のノートを取りに実家に帰る八軒。
    父親に反論する姿に母親が八軒の高校生活に興味を持ったエゾノーにやってくる。
    豚肉の加工食作りでファンドを立ち上げる話。今度は育てた豚が殺され、解体するまでをしっかり見る八軒たち。確実に成長している。

  •  八軒がすげー成長していてまぶしい。お母さん八軒君を直視できないよ……! という母目線になった。リアル母なら号泣するレベルなんじゃなかろうか。

  • 人の成長を書くのが本当にうまい人だ。
    何度読んでも面白い。

  • 大人になった私でも、感情移入できる青春マンガなので、家族に借りてよんでいる

    大蝦夷農業高校を舞台にしたおはなし
    本巻では、御影に勉強を教えることになったことをきっかけに、八軒が実家に帰省して家族と向き合う

    いいなぁ、とっても充実した高校生活なんだなぁ、と、いつも思う
    私の高校生活とは比べものにならない
    けれど、八軒の父親はいちいちきつくて、何を考えているのか分からない
    エリートで勝手な親はあんな風なんだろうか?
    今回は、畜産では外せないであろう屠殺のはなしも出てきて、現実味もある
    友達が八軒に持たせてくれたおみやげを見て、自分で食べるものを自分で作り出すことの尊さのようなものを感じた
    いつも思うけれど、巻末の次巻予告もいいんだよなぁ

  • 八軒君が、父親に初めて言い返すシーンに成長を感じました!
    パパ、気難しそうだよね…息子が結婚する時なんかどうなるんだろ;
    お兄ちゃんは相変わらずフリーダムでした。お嫁さん、早く見たい。

    アキちゃんとの関係も良い感じになってきましたね~♪
    クリスマスプレゼントがあれって、やっぱりアキちゃんだなぁ(笑)

    焼き椎茸が無性に食べたくなりました。
    私はレモン汁と醤油派!!^^

  • 八軒の家庭事情。
    ゆるやかで確かな自己改革。

    再び始まるバカ騒ぎ。でも人生への大きな糧。

    目を背けたくなる、実情。夢。

    本巻も色々なモノが詰まっていて、とても面白かった。
    しかし、やや説教臭くなってきたかな〜と思ってた序盤。

    一転。とあるシーンでフッと力が抜けて笑える。
    どこで? 誰が?…は勿論書かない。
    予想を上回る言動に、思わず笑みを浮かべてしまった。

    現実とコメディ。
    これらの配合が絶妙。

    両方向ともに、緩急が素晴らしくとても飽きない漫画。
    今後も失速することなく、このまま進めて欲しいと切に願う!

  •  御影の勉強、豚の解体、過去と向き合うなどなど、今回も盛りだくさん。
    お父さんが怖かったのと、お兄さんが驚きのニュースをもたらしたり、お母さんが学校へやってきたりと、八軒の家族も総出演です。
     八軒がお父さんに言い返したのと、お母さんが八軒の成長ぶりに驚いてるところが感動しました。

     豚の解体も。切ないけれど、これが「食べる」という事なんだというのを勉強させられました。

  • 八軒が、どんどん成長して行きます。
    逞しくなったなぁ。

    いつの間にか、常に輪の中心に居る。

    そんな感じですね。
    北海道の農業高校って、こんなに楽しい感じか?

    私の地元の農業高校は、近づきたくない程 “超怖かった”ですけどね・・・

  • リア充(仮)wwwwww

    八軒も御影さんも相川くんもその他諸々みんなも、いろんなことを考えながら少しずつ成長して行く。いい話だねぇ。

    原作はいいねぇ。アニメ化されたけれど、なんかアニメは物足りない。何でだろう。原作のテンポはスゴくいいのになぁ。

    (個人的には八軒くんの声がしっくり来てなかったりもする…声のファンの方ごめんなさいね。単に私の頭の中で鳴らしていた声と違いすぎるってだけなので、批判反論ご容赦を)。

  • 八軒が爆発四散します

  • 銀の匙を読んでいると、物語の面白さは勿論のこと、食の大切も考えさせられる。今回は食べるだけでなく、口にするまでの行程までぎゅっと詰まってる。飼育から解体、加工などは勿論のこと利益云々とか経理とか、学生時代にこの作品に出合いたかったな[2013年10月19日購入]

  • 相変わらずしみる。
    夢があっても、知恵や適正、金や学歴がないと叶えられないという現実をいやらしくなく描いているところにじ~んときた。

    少年漫画なんだから夢で全てが何とかなっちゃってもいいんだけれど、そうではないんだな。でもだからといって悲壮感にさせきらないからこの漫画はいいんだろうな。

    八軒は自分では全然ダメだと思っていても、周りにはちゃんと認められているし、それだけのことをちゃんとなしている。その辺も主人公らしいし、かっこいい。そこはちゃんと漫画してる。

    だからとっても安定。

  • 八軒と御影ちゃん、どんどん距離縮まってるね〜!
    豚肉ファンド、私も一口のりたい!
    ギャグ部分とシリアス部分のバランスがいいよね。
    子どもができたら読んで欲しいマンガです。

    あ、お兄ちゃん結婚おめでとうww

  • 相変わらずいい漫画。
    今の中高生に読ませたいわー。

    なんか、話も素敵だけど、読むたびこういう話を描ける荒川センセが素敵だと思ってしまう。本当に毎巻思ってます。

    八軒も大分、成長してきました。お父さんと早く分かり合えるといいね~。

  • 今回も色々ぶっ飛んでて楽しかった。そして相変わらずこの作品では人間が生きるための犠牲をきちんと描いていて、よく考えさせられるよい作品だと思う。豚さん・・・ありがとう。八軒が父親に対して自分の気持ちを言えたり、中学生時代のクラスメイトときちんと話せたりするようになったのは”逃げた過去”のおかげかと思うと、凄く良い逃げになったのでは?と思った。今後も八軒の成長が楽しみ。映画化決定おめでとうございます!

  • 前巻とまた別の意味で、ちょっとシリアスな場面も。
    「お肉」をいただくということ。

    シリアスになり過ぎず、感情を無駄に挟まず、
    その場面を描いた距離感みたいなのは絶妙だったと思う。
    あまり立ち入るのもね、アレだし。

    八軒が親と向き合っている、というか向き合っていない、
    ああいう問題は誰もが思春期にあり得たことで、私にもあって、
    まだ未来も時間も体力も希望も夢もあった頃を懐かしく思い出す。

    なーんて真面目なこと考えたりもするけれど
    やっぱり読みながらフヒヒと笑ってしまう楽しいマンガであります!

  • 冬到来~悲しいクリスマス(男子)までの間に、
    札幌にちょっと帰った八軒の成長ぶりや、
    豚の解体、御影マジ受験シフト&八軒頑張る!や、
    豚肉ファンド開始だの、いろいろ満載です。
    あ、兄の結婚も!
    八軒と母の交流は良かった~。
    また、タマコの言葉に“信用できる”・・・八軒、良し!

    八軒の勉強法、「三月のライオン」の零の勉強法と
    同じく、とてもためになりました。

  • 新刊を買ってきて即読了。八軒が父に反駁するシーンが良かった。後に出てくる「おまえは経済動物より下だ」の場面で二度笑える。母の突然の学校訪問や豚肉ファンドなど、この巻も笑いどころが一杯。それでいて各話の結びにはホロリとさせるコマが入る。さすが!

  • 母の愛の大きさ、そして父の存在の大きさ。自分で考え行動するようになって初めて知る大人の重み。そして、八軒は育てた豚の解体・加工過程にまで目を向ける。コメディなのにそれに止まらない。

  • 父親にちゃんと反論できた八軒。大きくなったねえ。失敗していいんだ、というメッセージ、親が一番子供に伝えないといけないことだと思う。母親もなんかおどおどしてて好きになれないなあ。他のお母さんたちがたくましいからそう感じるのかな。 タマコが好きです。

  • スプラッター映画を見て、血の出かたが違うとか、シビアなコメント。ホラー映画も怖くなくなるね。
    実家に帰って親と向き合うことになった八軒。その関わり方にも変化が。
    ベーコンの解体現場を見てみる事になった八軒達。飼育したベーコンたちが加工されていく現場を見るのは、勇気のいる事だったと思います。
    そして、御影の馬も…。
    これが、現実なんですね。

  • 11巻まで読んだ
    主人公も、将来のことを考え始めた。
    でもまだやっぱり甘くて、お父ちゃんにギタギタにされてる(笑)

全180件中 1 - 25件を表示

銀の匙 Silver Spoon 9 (少年サンデーコミックス)に関連する談話室の質問

銀の匙 Silver Spoon 9 (少年サンデーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀の匙 Silver Spoon 9 (少年サンデーコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

銀の匙 Silver Spoon 9 (少年サンデーコミックス)の作品紹介

映画化決定!大人気酪農青春グラフィティ!

逃げてきた過去がある。頑張っている今がある。
牛乳は、誰かが育てた牛から誰かが搾り、誰かが届けてくれている。
酪農が教えてくれたこと。エゾノーで学んだこと。
どこから来て、どこへ行くのか…
来し方も 行くすえも どっちも大事。
夢をみつけられない八軒勇吾は、生まれ育った札幌で自分の過去と向き合う。
エゾノーの冬は、寒いだけじゃない。

【編集担当からのおすすめ情報】
国民的大ヒット作の酪農青春コメディーの第9巻いよいよ登場です!人生の岐路に立つ少年少女の悩み苦しみ頑張りが詰まっています!もちろん美味しい場面も、いつもどおり満載です!!アニメ化+映画化でますます大きくなる銀匙ワールドを是非お楽しみください!!!

銀の匙 Silver Spoon 9 (少年サンデーコミックス)のKindle版

ツイートする