銀の匙 Silver Spoon 10 (少年サンデーコミックス)

  • 2920人登録
  • 4.23評価
    • (317)
    • (397)
    • (121)
    • (2)
    • (1)
  • 205レビュー
著者 : 荒川弘
  • 小学館 (2014年1月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091245489

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

銀の匙 Silver Spoon 10 (少年サンデーコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 待望の『銀の匙10巻』です。

    内容のレビューは割愛します。
    (私なんぞが書くまでもなく、面白いですからね)

    収穫したジャガイモに3度の旬があると言うのは、初めて知りました。

    10巻に出て来る、「和寒町産の越冬キャベツ」
    北海道に移り住んだ最初の冬に食べて驚きました。北海道だし、冬の葉物は値段が高いのだろうと、特に気にせず買いましたが、食べてビックリ!
    本当に甘いです。後に調べて理由を知り納得。

    未食の方は、どうにかして手に入れて欲しいです。1玉300円くらいかな?
    と思ったら楽天で売ってる・・・色々すごいな。

  • 気づいたらもう10巻。
    まず読み終わって思ったのは、ソーセージ食べたいってこと。
    ソーセージ製造と販売で実感する消費者目線と生産者目線。双方を納得させられる価格を決めるのって本当に難しい。高く売りたい、安く買いたいと思うのは当然。
    そして履歴書に書けない特技ばかり披露した大川先輩の進路は一体どうなるのか。あることで西川の恨みを買った大川先輩への仕打ちがひどかった(笑)
    八軒兄とそのお嫁さんが登場して、ロシア比較のスケールが大きくて笑った。
    さらにあの彼も再登場して良い方へ向かいそうなラストだった。

  • 出てくる料理出てくる料理美味しそうだなあ、と思って見てたら今回は巻末にレシピが!
    でもレシピというかエゾノーで採れてみんなでわちゃわちゃ食べるから美味しいんだろうなあ。
    今回本編にも出てきたチーズが……もう本当にチーズ好きにはたまらない。
    何はともあれ八軒がいいカンジになってきてよきかな。

    そろそろ2年になるかと思ったらそういえば恋愛イベントで忘れてはならないあれが次の巻なんですね。
    予告を見る限り楽しみな要素しかない。

  • エゾノーの冬。
    当たり前のようだけど、私たちが毎日口にしているものは天から雨のように降ってくるわけではなくて、誰かの手から手へ渡されたもの。

    ソーセージ大好きだし、チーズも好き。
    だけど、おいしいだけじゃないものがここにある。

    そんな話だから好きだ。

  • 安定の美味しさ、いや面白さ。

    家族とは徐々に雪解けの気配な八軒くん(本人全力で否定中ですが)。
    御影ちゃんとは大きな進展なしだけど、いいよね、こういうほのぼのな感じ。
    私のイチ推し駒場くんが出てきて、嬉しい10巻ですv
    八軒くんたち友人の気持ちが通じて、すこーし前を向き始めた彼。
    野球のボールを握る駒場くんは、カッコイイ!
    なんとか復帰してはもらえないものか……。でも荒川さんは、そんな甘い展開しないよね……。でもでも、こっそり期待してます。

    しかし作中の食べ物はどれもこれも美味しそうです~。ソーセージ食べたい!
    近くの農高の文化祭は、販売品を求める一般客で大賑わいでした。私もジャムを買いました。豚肉は売り切れ……。

    それはともかく。
    生活の基本、国の基礎であるべき農業のあり方を、この漫画から若い人たちも考えてくれるといいですね。

  • 他人にお節介を焼くのは本当に難しい。
    相手のプライドが傷つくんじゃないか、とか、
    自己満足にすぎないんじゃないか、とか。
    もちろん八軒くんもいろいろ考えているのですが、
    行動しているときは純粋に相手のことをのみ考えている。
    だから、周囲の人間も変わっていくのかな。

    雪まつりの場面が、良かったなぁ。
    友人の境遇にただ同情するだけでなく、
    自分の無力さを悲観するだけでなく、
    相手と一緒に居られる時間は大切にしつつ、
    未来の自分の夢につなげて、力を蓄えて、
    周囲に還元していこうとする意欲に満ちていた。

  • ついに季節は冬に。
    なんという安定感。
    久々に駒場が登場

  • 兄の突撃結婚(ロシア嫁)ですべてを持ってかれた9巻ラスト(笑)10巻の最初は年末年始の話。手打ちソバを食べたり、つきたての餅を味わって始まります。そのすべてがエゾノー産。自分たちが作った・育てたものを新年から味わえる。美味しそう。羨ましい。
    そして稼働した豚ファンド。自分たちの買った豚を自分たちで加工・値付け・販売。教室の授業では得られない生の勉強を身を持って学んでいる感じ。こういう体験こそ自分たちの本当の糧になるんだよね。もちろん、机に向かってした勉強で得た基礎あって然りのこともありますが(笑)
    チーズもソーセージもベーコンも美味しそう。ホント美味しそう。先輩たちが引き継いでくれたエゾノーブランドを後世に伝えていくためにも今、できることに一生懸命・真剣に、「あつくるしく」取り組む八軒たち。駒場にもその思いが伝わるといい。
    今年は午年。銀の匙の年。さらに面白い作品になるように期待しています。

  • 「あなた、つまらない男になったわね!」「気前が悪いとお金は回って来ないし、その上しみったれた顔をしていると人も寄ってこなくなるわよ」南九条あやめに言われると、ものっそいへこむなー。「なんの事かわかんないけど、これくって元気出せ!」八軒のような真面目で融通のきかない堅物が入ることで「考える」ことが多い1Dおよび寮生だけど。離農をきっかけに考えてくれることも嬉しいけれど、常盤のシンプルな一言が一番うれしいかもしれない。駒場は天邪鬼だから余計に。

  • 八軒、ますますかっこよくなっていくなー。
    年末年始、実家に帰らず寮に残る八軒。
    地産地消でソバやらなにやら、おいしいものたっぷりのエゾノー!いいなぁ。

    ソーセージの値段つけに悩む八軒。「付加価値」ってなんなのか…。
    生産者のこんな苦労、消費者側も知らなきゃだめだよね。とくに、毎日口に入る、なくてはならない食べ物なんだからねー。

  • 単純に「好き」って理由だけで読める一方、読み手に色々と深く考えさせてくれる漫画
    高校生がディスカッションするテーマを決める際、先生方に是非、用いてほしい鉄板の名作の一つ
    この巻の内容は、イイ意味でいつも通り、八軒を初めとした高校生らが青春のイベントを楽しみ、全力で盛り上がりに参加する一方で、日常に起こりうるトラブルやらハプニングに対して、泣き言や不平は言いつつも、真剣に向き合って、自分たちなりの『答』を果敢に導き出そうとしている、ある意味、少年漫画らしい少年漫画
    何と言うのか、勉強する事、学ぶ事、遊ぶ事、食べる事、友達と付き合う事、何かに挑戦してみる事、他の生物の命に触れる事、総じて、生きる事に対して、真面目でいる奴は損したり、苦労したりするけど、最終的にはバカを見ずに済み、人間として大事なモノを手に入れているのかも知れない、そう、心の底から思えるようになった
    しかし、何と言っても、やはり、この巻で衝撃的だったのは、八軒を兄夫婦が訪ねてくる回だろう
    八軒兄のイイ所をちゃんと見つけて、嫁さんになっただけあって、アレクサンドラさん、乳も胃袋も度量も規格外
    それにしても、八軒兄の料理スキル・・・・・・毎度、笑えん。なまじ、見た目が美味そうに見えちゃうから、恐いんだよなー
    『家庭教師ヒットマン REBORN!!』のビアンキ、『銀魂』の志村妙、『P3』の山岸風花、そんで、『P4』の天城雪子に匹敵するのではないか?
    そういう意味ではやっぱ、アレクサンドラさんと結婚出来て、正解だったんだろう

  • 熱さは伝染する。食に家畜に未来に友人にちゃんと向き合える真面目さが眩しい。いい子達や〜
    点数評価じゃなくて、画一的な一斉授業じゃなくて、体験から学んでいくことの大切さ、学べることの奥行の深さがちゃんと描かれている。これからの豊かで少人数な社会では子供たちにはこういった体験を中心にすえた授業をしていくべきではないだろうか。

  • 八軒自身はもちろんだけど、
    それぞれのキャラクターたちがそれぞれの背景を持って
    がっちり絡んでくるようになって、
    群像劇という雰囲気が高まってきたように感じますねー。
    それぞれの高校生活がこれからどこへ向かうのか、
    今は特に駒場がどうなるのかが興味深いです。

    アレクサンドラさんすげぇな(笑)。

  • 今回はとくにおいしそうでした。ソーセージ、ラクレット、本当にたべたくなりました。食べ物への丁寧な目線に、いつも感じ入ります。

  • 加工とか一次産業て言葉、教科書で見たときは頭痛くなっただけなのに、ここではもっともっと知りたくなる。こんな漫画が教科書になればいいのにって思う。
    シビアな中でも「この子加工しました」ラベルは笑った。ユーモアも融合してるから読みやすいんだろうなぁ。

  • エスカレーター式で大学に進学できるという高校生の甥っ子に読ませたいマンガ。夢は見るんじゃなくて、徐々におかれている環境のなかで“飼育”されていくものなんだ! 八軒くんのエゾノーライフがそう語っている。

  • ついに強力キャラ、義理姉アレクサンドラさん登場。
    銀の匙のロシア風解釈が面白すぎて。

    息子がもう少し大きくなったら、読ませたいコミックNo1。

    勿論、ホットドック作って食べました。
    エゾノーブランドは無理なので、近くのスーパーで
    材料揃えて。

  • そういえば、今年は午年。リア充皆殺しモードラクレットオーブンでのブレーカー落ち。嫁(二次元)を奪われた怨みはすごいぞ。小キックハメ殺し後の大技でKO。流石だぜ、西川。おそばにおもち・チーズにおいもにホットドッグ、あぁたまらん。双子と御影のじいちゃんGJ!いつもの駒場に戻りつつあるかも。ロシア人義姉はいいキャラしてた。兄ちゃんも変わりつつある。

  • エゾノーブランドを知り、自分のブランドについて考える八軒、農業だけじゃなくて生き方も学べる漫画、重い。。。しかしロシア人の奥さんの設定、さすがに本物のロシア人に怒られないか?(笑

  • 豚を育てて、つぶして、肉を加工して、販売して食う。
    八軒が最終的に値段をつけるところ、すごく迷っただろうな。
    食であれ物であれ、作った人の思いや
    色々な経費を組ながらお金に変える。
    高くても低くてもダメ。経営って、大変だな~。

  • 駒場あっさり登場。
    ちょっと捻くれちゃったかな?
    仕方が無いとはいえ悲しいなぁ。
    最後は少し前向きになってきてるみたいで良かった。

    ロシア姉は可愛かった。
    ハート強くて大らかで素敵!

  • 相変わらずおなかへる

  • 今回はアレクサンドラ姐さんに持ってかれた感が。(笑
    姉さん女房のお蔭で、『あの』お兄ちゃんが成長してっし!
     ■ ■ ■ ■ ■ 
    あと、南九条さんね!
    彼女みたくきっちり言いたいこと言える子、好きやわ~。
    あたしもシケた顔しないように気をつけよ。
     ■ ■ ■ ■ ■ 
    駒場も頑張れ!
    あ 大川せんぱいもね(爆!

  • 今巻は、サブキャラのほうにスポットが当たったちょっと息抜き的展開がメインのよう。といっても話が前に進んでいないわけでなく、駒場を絡めて、八軒によって変化した皆を描いているような所が。
    あと「この子を加工しました」が、もう、ね(涙

  • たまこさんカッコいいっ
    あやめちゃんかわいいっ
    お義姉さますてきっ

全205件中 1 - 25件を表示

銀の匙 Silver Spoon 10 (少年サンデーコミックス)に関連する談話室の質問

銀の匙 Silver Spoon 10 (少年サンデーコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

銀の匙 Silver Spoon 10 (少年サンデーコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

銀の匙 Silver Spoon 10 (少年サンデーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀の匙 Silver Spoon 10 (少年サンデーコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

銀の匙 Silver Spoon 10 (少年サンデーコミックス)の作品紹介

大ヒット酪農青春グラフィティ最新第10巻

実家に帰らない八軒は、ひとり寮に残る…
エゾノーで迎える初めての正月…
一年の計は元旦にあり。
昔の人は、いいことを言う。手打ちのソバで年を越し、つきたてのモチで新年を祝う。そのすべて地産地消。それがエゾノースタイル!
だから八軒は、思う。先人たちの偉大さを…
そして八軒は、惑う。自分の価値に…
この値札は、高いか?安いか?

アニメ第2期1月9日よりフジテレビ[ノイタミナ]ほかにて放送開始!
実写映画が3月7日(金)全国東宝系にて公開!!
ますます広がるエゾノーワールド!!




【編集担当からのおすすめ情報】
いよいよ第10巻です!
ストーリーもますます骨太に面白くなってきました!
とはいえ、そこは銀匙!今回も蕎麦やらモチやらソーゼージやら…美味しいものが満載です!
そして、節目の10巻ということもあり、今回は巻頭にサンデー本誌・掲載時に大好評だったカラーページをカラーのまま掲載!
荒川先生とエゾノーからのお年玉!
是非、ご鑑賞ください!!

銀の匙 Silver Spoon 10 (少年サンデーコミックス)はこんなマンガです

銀の匙 Silver Spoon 10 (少年サンデーコミックス)のKindle版

ツイートする