ブクログ大賞

マギ 20 (少年サンデーコミックス)

  • 1256人登録
  • 3.96評価
    • (78)
    • (101)
    • (77)
    • (6)
    • (0)
  • 48レビュー
著者 : 大高忍
  • 小学館 (2014年1月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091245526

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

マギ 20 (少年サンデーコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 黒い玉をみんなでやっつける話。
    で、結局?

  • 極大魔法のオンパレード。
    ティトスマギとして転生
    モガメット消える。
    紅炎、シンドバットと、七海連合の金属器使い強すぎ。

  • マグノシュタット編完結。
    力で倒すのは無理そうで、どう倒すのかがすごく気になってわくわくした。
    モルさんとアリババくんも再会。
    ティトスくん、生き返られて良かった。
    黒いルフは白いルフへ戻すことができるのか?
    続きが楽しみ。

  •  20巻ではマグノシュタット編から引き続く、各勢力が一堂に揃ってのアル・サーメンとの総力戦。ひとまず勝利に終わったものの、力では押し切れなかったという恐るべき戦いが披露された次第である。
     その中で、学長が最後に遺した言葉は、もしかすると大きな意味を持つかもしれないところだ。相手が無尽蔵にエネルギーを吸収する化物である以上、その力の無効化は大きく意味を持つところだろう。
     と、まあそんな風にこれからの展開を想像するところであるが、このマグノシュタット編完結巻は非常に美しく締められた。練紅炎とシンドバッドの両雄邂逅もあり、時代は大きく展開している途上にある。物語のダイナミズムが大きく描かれている。
     敵対勢力もおおむね整理され、物語はようやく道筋をはっきり見せた形だろう。ここからどういう展開を見せていくのか興味深いところである。

     今回は、これからへの重要な示唆や伏線を含めたシリーズにおける重要性と、物語の締まりの良さを加味して星五つと評価したい。

  • 【レンタル】ラスト感溢れる巻。大技大盤振る舞い。ようやくモルさんも合流して一安心。けどモルさんもアリババくんも修行シーン全然ないので、ほのぼのシーンで語らってくれることを期待。そしてお帰り、ティトスくん。

  • 世界の滅びを食い止めるべく、煌帝国の金属器使い達と協力して依代の破壊を図るアラジンたち。
    しかし依代からは際限なく黒いジンが生成され、魔力だけが消費されていく。
    依代にも魔力切れはあるとアラジンは言うが…。

    マグノシュタット完結編。
    前巻で金属器使い大集合で盛り上がったけど、今巻はさらに盛り上がった。
    紅炎さんの言葉じゃないけど、本当に練兄妹勇ましすぎる。
    敵だと怖いけど、共闘だと頼りになりすぎる。皆すごく心強い。
    アリババくんも今回はちゃんと活躍できてるし。
    紅玉ちゃんがお兄様とアリババ君やられてキレたのが地味に嬉しかった。アリババくん心配してくれてる!
    あとようやくモルさん帰ってきた!久しぶりなせいかキラキラして見えた。可愛い。
    シンドバッドも満を持して登場。すっかり存在忘れてたけどやっぱすごく強かった。
    皆での極大魔法はすごく盛り上がる。こういう王道展開は大好き。

  • マグノシュタット編終わった…のかな?白龍の目の火傷のあとなくなってない?ティトスが生き返った‼︎‼︎アラジンどうなっちゃうんだろw紅炎に殺されちゃうかもw目力でw

  • この辺りの戦いはアニメの方がサクッと見れる気がする。紙面がひたすら黒い。
    圧倒的力の差でもう無理じゃね…ってなった時に出てくるシンドバッドがもうラスボスチックで最終回どうなるのかが怖い。

  • みんな魔装してて超カッコよかった
    最高のモルさんのブルンブルンブルンが異様に可愛いと思った(真顔)

  • マグノシュタット編完結、といゆーなんかよくわかんなくなってきたぞ!!最初から読み直した方がいい?

  • マグノシュタット編完結。

    依り代を倒すために大技の連続。
    これからの戦いの時どうするんだろうってくらい。

    さらにはシンドバッドたちやユナンまで来ちゃうからこれで一気に終わりまで持っていっちゃうのかと思った。

    アラジンと玉艶がアルマトランでマギだったことが発覚。三賢者マギとなっていたのでそのうちもう一人も出てくるのかな。

    最後に「優れた者」など、どこにも存在しないといったシェヘラザードの後に描かれたシンドバッドがやけに印象的。

  • マグノシュタット編完結。

    おまけマンガはファナリス兵団とモルジアナ、ユナンとシンドバッド。

  • …だめだ、まとめて読もう…

  • マグノシュタット、完結!しかし、次なるストーリーの仕込みも。

  • マグノシュタット完結編
    シンドバットのかっこよさと紅玉ちゃんの怒りが印象的 ティトスくん生き返って拍子抜けではあったけど、かなり嬉しかった ぐいぐい引きこまれていく面白さにはやはり脱帽だった

  • マグノシュタット編終わり。悪意の化身『黒の神』の依り代の出現により方々から勢ぞろいする金属器使いたち。素性が明かされていなかったユナン、練玉艶、ウーゴくんなど数名の重要人物の素性の判明、極大魔法を連発する壮絶なバトルと数多の種明かしによる登場人物の人物像の浮上。この巻(それか19巻)だけを読むと別の漫画みたいに思えた。

  • ティトス君よかった。
    白龍がつらい。

  • 文句なしの星5つ。
    少年漫画の王道を行っていて清々しい。

    紅炎「約束したもんなっ。」ニゴッ ここ笑った

  • なんかまた1巻すっ飛ばして読んだかも...でも19巻も登録されてるからいうちにはあるはず...いい加減明るい話が読みたいですよー

  • もう誰が誰やらわからないくらい勢揃いの巻でした。特に変身後に髪の色変わっちゃう系の人たちは神経衰弱的難しさがありますよね。
    とにかくバトルバトルバトル。アリババくん頑張ってたけどやっぱり埋もれちゃってましたね…そしてこの人たちなんで会話できてるんだろう。考えちゃいけない系なのか、私が設定忘れちゃってるだけなのか。。。
    久しぶりな?ウーゴくん。
    若干ポニョみたいになってる子がかわいすぎるなぁー

  • これでもかの熱さ。書き込みもちょっとわけがわからないくらいにすごいけど、読んでてほんとに世界に引き込まれる。最後は泣いた。あとオマケまんが(のモルさん)が素晴らしかった。

  • マグノシュタット編、長かったようで短く感じました。
    紅玉の怒りがかっこよすぎた…。玉艶さんマギだったの?ドッヒャーな展開多くて頭に収まりきらないのでもう一回読みます。一度死んだ登場人物が生き返る話は個人的あんまり好きではないのですが、ティトスがマギとして生き返った時はほんとに良かったな~と思いました。シェヘラザードはとても素敵な母親でした。
    モルさんとファナリス兵団たちのやり取りをもっと見たい!それにマスルールも加わったらとても面白そうです。

  • マグノシュタット編完結! 最後!?と思ってしまうほどのこれでもかと奥義炸裂でしたねぇ 今巻の最後はいろんな意味でウルウルしちゃいました

全48件中 1 - 25件を表示

マギ 20 (少年サンデーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マギ 20 (少年サンデーコミックス)の作品紹介

マグノシュタット編感動のクライマックス!

圧倒的な力を持つ煌帝国の金属器使い達と共闘するアラジン達!
だが、マグノシュタットで過去に堕転した者達の魂からなる“依り代”を
完全に止めることは出来ない! 世界が終わるかに見えた瞬間、現れたのは!?
全世界の存亡を賭けた究極の闘いがここに終結!!
その結末は自分の目で確かめよう!!

【編集担当からのおすすめ情報】
本誌サンデーで2年近く続いたマグノシュタット編もついに完結!!
だが物語はまだまだ終わりません。この闘いが、マギという壮大な
物語の大きな役割を担うのはこれからです!!

マギ 20 (少年サンデーコミックス)のKindle版

ツイートする