マギ 21 (少年サンデーコミックス)

  • 1015人登録
  • 4.01評価
    • (67)
    • (90)
    • (54)
    • (5)
    • (0)
  • 44レビュー
著者 : 大高忍
  • 小学館 (2014年4月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091246219

マギ 21 (少年サンデーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アリババくんwwww

  • いろんな意味でアリババ君のターンです(笑)ここ数巻の不在を一気に取り戻すべく(!?)奮闘しますが報われません(笑)
    事態は相変わらず深刻で煌という国がまだ読めませんが、少しずつ核心に近づいてきている気がします。オマケ漫画にまた笑わされましたww

  • アリババはアリババのままで、安心した。(笑)
    モルさんの発言は勘違いしてしまってもおかしくない!
    マグノシュタットでの戦いが終わり、次はアリババがバルバッドへ向かう。
    バルバッドがすっかり煌帝国にそまっていて、アリババがバルバッドを取り戻せるのか続きも楽しみ。

  • アラジンが、かわいそすぎて面白い。
    故郷に戻ったアラジンどうなるか。

  •  一巻丸々アリババ回である。煌帝国とシンドリアの会見に先立つ、アリババによるバルバッド訪問回と言ってもいいだろう。
     相変わらず徹底したアリババの非モテネタには腹を抱えて笑ったのだけど、その笑いが吹っ飛ぶくらいの後半はさすがとしか言えない。同化政策をここまで正面から批判的に書いた漫画は初めて見た。
     その落差の大きさも含めて、間の巻としては申し分なく面白かった。物語としては大きな動きがないが、それでも星五つとして評価せざるを得ないだろう。いや、もう、本当にアリババが可哀想で。第200夜なんて、もう本当に笑ってしまったよ。

  • 【レンタル】アリババくんのコロコロ変わる表情が可愛い。感情の起伏が激しい、緩々な巻。みんなで馬鹿やってるのが一番楽しい。

  • 新章突入
    バルバッドにいざ帰還!
    変わり果てたバルバッドとは?

    アリババくんがみんなからプライドをズタズタのメッタメタに傷つけられまくりです
    「もう少し時間を下さい。できるようになるまで私を待っていてはくれませんか?」って言うモルさん、良いお嫁さんになりそうだねっ
    そのあとのアリババくんをひしっと抱くモルさんがね・・・もうすてきw

    アリババくんいちいち面白くって肩の力が抜ける巻でしたw

  • マグノシュタットでの戦いを終え、再びシンドリアへと帰っていた三人。
    懐かしい面子や思いがけない人々と再会しつつ、帰還の宴は賑やかに過ぎていく。
    そんな中、レームで恋人でも出来たかと聞かれたアリババは…。

    前巻までのシリアス展開から一転、久しぶりのギャグメインな展開。
    まさかここでオルバ出てくるとは…。オルバ急にイケメンなっててビビった。キャラ変わりすぎだろ…。
    アリババ君の恋人宣言には本気で驚愕し、思わず本を閉じるレベルで衝撃を覚えたものの、安定のアリババ君で安心した。
    モルさんが無意識にショック受けてたりでこっちまでハラハラした。
    しかし本当に、意識してないときは普通にイケメンなのに、どうしてここ一番で上手くいかないんだろうね。
    バルバットへの船上でも気の毒になるくらい勘違いだったけど、これは、むしろ脈があると確認できたってことでは?
    何だかんだやっぱりアリババくんにはモルさんが一番しっくりくるので、今後の進展に期待。
    そんでようやくバルバットに帰還できたとこで再び真面目な展開に。
    煌帝国の奴らの難題を前に、平然とやり返せちゃうアリババさんがかっこよすぎる。ハッタリすごい。
    練兄弟を前にアリババ君がどう動くのかが楽しみ。

  • バルバット久しぶり‼︎紅明ってイメージと違ったんだけど…。アリババ負けるな‼︎モルジアナとアリババのからみめっちゃ面白かったww彼女欲しいとかwオルバかっこよくなってるしwモルジアナ確かにかなりかわいいな。うん。会談どうなっちゃうんだろうな。

  • とても面白かったです!まさかもう22巻が出ていたとは知らず、流行遅れの感想になります。
    なんてったって~アリババくん!102ページのオルバの感想もあながちギャグじゃないな!アリババくんは本当にかっこいいキャラクターですね。好きです。
    「マギ」そのもの、そしてわたしは特にその中の人間ドラマは、ノンフィクションと間違うほどのものだと思います。(以前のブクログのアカウントで「マギ」について書いたときと同じことを書くんですが)この「マギ」は「大高先生の頭の中に思い描かれている物語」なので、「大高先生の考え得る、知り得る範囲」でしか展開しないはずなんです。けども、「マギ」を読んでいると、アリババ、アラジン、モルジアナの三人はもちろんのこと、その他の主要キャラクター、更には世界に生きるひとすべての「意思」があるなと感じます。みんながみんな、生きていて、生命があり、家族があり、、仕事があり、希望があり、絶望があり、挑戦があり、諦めや妥協があり、野望があり、ささやかな願いがある。そのいろいろな「意思」や「行動」の中で、とりわけ「世界」に関わるものや、それこそ大高先生が選び抜いたものが、メインの物語として描かれているなと、いつもしみじみ考えてしまいます。なのでよく鼻水たらして泣きながら読んだり、逆にいっぱいいっぱいで読めなかったりするんですね!好きです!大高先生の頭の中って一体どうなっているのでしょうか。こんなにもいろんなひとの思いを想像できること状態は、とてもとても、想像できません。すごいな~
    そんな中で、この巻ではハッサンが、昔よりかなりクローズアップされて登場していますが、彼もやはり「生」について考えて考えて、でも理性でもって押さえ込み、踏ん張って生きているのがわかって、やはりわたしは鼻水をたらすのでした。オマケ漫画でハッサンとザイナブにキュン……としていたのも、もうけっこう前なんだ……。
    最後に、ピスティとスパルトスが仲良くなっていたことが無性に嬉かったことを書かせてください。23巻もとても楽しみです!

全44件中 1 - 10件を表示

大高忍の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

マギ 21 (少年サンデーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マギ 21 (少年サンデーコミックス)の作品紹介

束の間の休息、そして…

マグノシュタットでの闘いを経て約1年半ぶりにシンドリアに帰ってきたアラジン、アリババ、モルジアナ。彼らを待っていた八人将達に三人はそれぞれの成長を披露するが、話題はアリババのプライベートな部分に移っていき…大人気大河ファンタジー21巻!

【編集担当からのおすすめ情報】
サンデー連載時に大きな話題を呼んだ、アリババの苦悩編収録!! そして物語はさらなる大きな舞台へと移っていきます。マギはそろそろ物語の折り返し地点へと近づいてきました。これからさらに盛り上がるマギをよろしくお願いします。

マギ 21 (少年サンデーコミックス)のKindle版

ツイートする