銀の匙 Silver Spoon 12 (少年サンデーコミックス)

  • 2476人登録
  • 4.13評価
    • (221)
    • (308)
    • (127)
    • (3)
    • (0)
  • 148レビュー
著者 : 荒川弘
  • 小学館 (2014年8月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091250889

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

銀の匙 Silver Spoon 12 (少年サンデーコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 面白いですね~。巻が進むほどに面白くなってきた。
     八軒君や御影ちゃんや、周りがポジティブにどんどん進んで行くと、読んでて気持ちいいですね。

     そして荒川さんの、知識とユーモアが絶妙なバランスでタマリマセン。

     西川君のイモの紹介シーンは、素晴らしい!!荒川さんお見事です。

     次巻は2015年になるらしい。話の中で、八軒の会社名にもチラっと触れてますが、どう言う感じで進んでいくのか、楽しみです!!

  • 八軒君、どんどん成長していますね!
    起業の話は面白い。さて大川先輩とどこまでいくのやら…

    確かに北海道のイモの種類は豊富だけど、
    そんな目で見た事はなかったぞ!(笑)
    グラウンドペチカは知りませんでした~^^;

  • ジャガイモ擬人化のところ3回ぐらい読み返した。
    男爵、キタアカリ、メークイン、インカのめざめぐらいしか知りませんでした・・・芋の種類ってこんなにあったのね・・・十勝こがねとレッドムーン食べてみたい。

  • この巻で驚いたのは
    コミックスの見返し部分の作者コメント欄。

    漫画家が法人立ち上げやってる!と
    思ったけど、考えてみればアシスタント
    いっぱい雇ってると有限会社とか
    立ち上げるのは珍しくはないのかも。

    2年目になって
    高校のシーンが減ってきた。
    学園物っていうくくりはそろそろできなそう。

  • いつも思う。その辺の自己啓発本よりこのマンガ読んだ方がやる気スイッチ押してもらえるって。
    富士先生の一言がすべてを物語ってる。毎回新しいし、元気とやる気がもらえる。
    荒川先生、やっぱりすごい!

  • 馬小屋をバラバラにするシーンで、ことばにならない感情が溢れてきて、思わず胸が一杯になった。物語のギアチェンジが遂に成功していて、北海道の大地を踏みしめながら一日一日はたらいてゆく17歳の主人公達が、どうしようもなくまぶしい。あの山越えたら、何があると思う?

  • 夢なんて語る奴がウザったかった。
    目標を持ってる奴にムカついた。
    そんな自分が嫌いだった。今は違う。
    北の大地で過ごした一年は、伊達じゃない。
    やりたいことが見えてきた。厳しい冬を越えて、どれだけ成長したのかを一番知りたいのは、八軒だ。

    ほのぼのと農業系の学校を見守るマンガだったような気がしたのに、いつの間にかがっつりと経営的な方向を見据える話になっていた。
    それはそれで八軒や周りのみんなの成長や行動力があって面白いんだけど、ちょっと小難しくなってきた印象。
    もっと牧歌的な方向を見ていたかったなぁ。
    個人的にはちらっと出てきたお父さんがやっぱり大好き。
    何だかんだ、しっかり息子の将来心配してますよね。疲れて帰って、あんな分厚い企画書見たら放り投げたくなるよ。
    速攻で目を通してくれるだけで十分優しいよな。

  • いつも皆が前向きで読んでいて本当に清々しいです。真面目な八軒くんは最初は振り回されっぱなしだったのに、今や皆を引っ張っていく存在になっていて頼もしい♪先生にもいい刺激になっているようで「いい年なのでな」の後の言葉に私もコケました(笑)大川先輩もとっても頼れるし、アキもコツコツ頑張ってるし…お手本のような高校だなと思います。いい後輩にも恵まれたみたい。駒場くんはどこへ旅立ったのかなぁ。少しずつ前向きになってるのが分かって嬉しかったです♡駒場くんのお母さん素敵。八軒くんのお父さんもお母さんも大好きだぁ!

  • 8~12巻をイッキ読みしました!
    は~おもしろかった♪

    私は西川が好みのタイプなんだけど、多分少数派なんだろうな~。
    大川先輩をネチネチいじめてるとこがよかったんだよな~(笑

    それぞれの方向性が定まってきましたね。楽しみです。

  • 銀の匙、読むのが辛い時期があって、12巻も手をつけるまで時間がかかったけれど、読んでみたらやっぱり面白くてすんなりと受け入れられた。
    八軒じゃないけど、自分自身も回復してきたのかな…

  • 夢なんて語るやつがウザったかった。目標を持っているやつにムカついた。そんな自分が嫌いだった。今は違う。北の大地で過ごした一年は、伊達じゃない。やりたいことが見えてきた。厳しい冬を越えて、どれだけ成長したのかを一番知りたいのは、八軒だ。(裏表紙より)

    夢も目標もない、農業の知識や経験もないという状態からスタートだった八軒くんの物語も一年が経ち、「起業」という新たな目標に向かって動き出しました。八軒くん以外の登場人物もそれぞれの目標に向かって歩きだし、ふと「じゃあ自分は?」と思ってみたり。最近なんだか大きな目標を見失ってるなぁと感じる今日この頃。人生を充実させるためには、長期に渡って一生懸命になれる何かが必要なのに。さぁ、気合を入れ直そう!
    新たな目標に向かって、一つの転機となった第12巻。ちょっと話が混み入ってきたので、ここらで1巻から読み直ししたいなぁと思いました。

  • 起業という目標を見つけた八軒。
    計画書を作っては何度もタマコに見てもらうが、父親からはOKが出ずに前途多難中。
    そんな中、馬術部に入りたいという新入生が現れて…。
    2年生になった八軒の新たな物語が始まる。

    おおお、着々と起業の話が進んでる!
    でもよく考えれば八軒くんってまだ高校2年生なんだよね…。16か17歳にして既に起業を考えてるとかすごいわ。しかも社長まで立てちゃったし(笑)

    意外に大川先輩が社長として実行力のある人だったので、ホッとしました(笑)
    やっぱり豚とピザから始まるんですね!
    楽しみだ~!

    そして駒場くんがようやく山を登る気に!
    八軒くんの起業と上手く繋がると嬉しいのですが!

  • 八軒くんはもはやヘタレではない!!! 目標をみつけて、地道な努力が加速していくのがいいね。大川社長がんばれー

  • 人の成長って早いねぇ。
    ついに私の教え子と同い年になるのか、八軒。
    高校3年はやっぱり特別な年になるんじゃないかな。

  • あっという間に二年生終了。
    皆、夢に向かっている姿に好感。
    私的に富士先生のジョブチェンジにびっくり‼
    次巻で三年生。
    終わるの早いのかなぁ。

  • 最新刊。
    八軒かっこいいなあ~ こんな優良物件がなんで大川先輩とかそういうのと組んじゃうのかな?とか思ったりもします。
    個人的に駒場君の行く先が気になります。
    タマコちゃんの出番が少なくて残念ですが。
    そしてチーズ研究会は会長と顧問しかいないのだろうか…?
    猟師になる、がカッコよかったな~

  • 追いかけているマンガなので、家族に借りてよんだ。

    エゾノー新章・四季の巻。
    八軒たちは2年になって馬術部の後輩もでき、自分たちの興味のある研究テーマを絞り、「絆の農業ビジネス」プロジェクトチームを結成する。

    これぞ、ほんとうの学習・研究。
    エゾノー生のやっていることは、大学生以上のレベルだ。
    問題を把握する力は、やはり家業を継ぐなど差し迫ったことがあるからこそ、身につけたものではあるのだろうけど。
    あるべき学びの姿だなぁ、となぜか感心してしまった。
    がんばってるね、応援してるからね、と声をかけたくなるマンガだ。

  • ■書名

    書名:銀の匙 Silver Spoon 12
    著者:荒川 弘

    ■概要

    成長と奮闘の新章”四季の巻”スタート!

    夢なんて語るやつがウザったかった。
    目標を持っているやつにムカついた。
    そんな自分が嫌いだった。
    今は違う。
    北の大地で過ごした一年は、伊達じゃない。
    やりたいことが見えてきた。
    厳しい冬を越えて、
    どれだけ成長したのかを
    一番知りたいのは、
    八軒だ。
    (From amazon)

    ■感想

    この作者本当にすごい。
    1年目を11巻で丁寧に描写しながら、登場人物全員の方向性を決めて
    おいて、2年目は、各人がそれぞれ、その道を進む様をたった一巻で
    濃縮に仕上げている。
    しかも、恐らく、作者の言いたい事はそこかしこに散りばめられて
    いる。

    1年目を丁寧に描き、人物描写がしっかりしているため、駆け足で2年
    目を描いても、さほど、違和感は無い。
    むしろ登場人物を増やしすぎないで、読みやすい。

    「高校生活は3年」という前提で、かつ、物語をダラケさせないので
    あれば、これは、よい方法だと思う。

    本巻では、八軒のビジネス(絆の農場プロジェクト)が少しずつ具体
    的な形となって進んでいきます。
    しかも、社長はあの人で、いかんなく長所を発揮します。
    (考え方のプロセス、思惑は違っても、結果として、みんながWin-Win
    の関係になっています。)

    勿論、現実的にありえない!と言ってしまえばそれまでの部分の多々
    あると思います。
    でも、これ、覚悟を持ってやれば、出来ない事ではないのでは?と
    感じます。(実際の現実を知らないので、断言はできませんが・・)
    「言い訳をするぐらいなら、やってから」というのがこの作品の至る
    所に伺えますので、このプロジェクトも根本的にはそういう部分あり
    きだと感じます。

    本巻は、結末へ向かい、加速していきます。
    みんながハッピエンドでなくても、それぞれの人物が納得できる
    道を見つけられるエンディングになっているといいな~

    次の巻の紹介を見ると、次の巻で最終巻かな?

    もう少し読んでいたいですが、冗長するぐらいなら、このテンポで
    終わらせるのは、頭がいい終わらせ方だと思います。

    ■自分がこの作品のPOPを作るとしたら?(最大5行)

    農業高校の物語も二年目へ。
    もがき、苦しみ、なやみ、考え、それでも誰かに誰かが影響され
    誰かが行動を起こし、誰かが行動する。
    全員が違う事をやりながら、同じ想いを持っている漫画です。
    漫画、あなどるなかれ!

    ■気になった点

    ・人の夢を否定しない人間に、俺はなりたい

  • おもしろかったー

    大川先輩の躍進ぶりがパねぇ!(笑)
    ついに登場人物紹介に登場してるし!
    もはや八軒勇吾くんよりも、大川進英くんのサクセスストーリー(メインキャラ的な意味で)が気になってしょうがない

    後輩ちゃんの名前がないのが、ちょっとした謎で面白そう
    きっと、すでにどこかに伏線が隠されてると思う
    お馴染みのキャラの誰かの妹とか親戚とか?

    ジャガイモ(の擬人化)に2ページ使う西川も好きだ

    ……これから刊行ペースは遅くなっていくのでしょうか
    それでも待ってますので、どうか先生お願いします!

  • 若いうちに読むべき本にランクアップ。
    現代の学校教育のあるべき姿。教育機関の授業なんてものはオマケであって、生徒が問題を見つけて成長する場を提供するのが本義、らしい。
    真面目に生きることを凄く楽しそうに描いてくれると、自分のような普通の生活も悪くないと思える。真面目に努力して工夫して積み重ねることが一番おもしろいんです。気づくかどうかだけで。そこは彼ら農業経験者が知ってるとこなんでしょう。

  • 2年生になったなぁ~と始まったら、
    プロジェクト中心の展開になり、
    春夏秋冬から四季の巻に替わり、
    あっという間に3年生になってしまったよ。

    八軒がバイト頑張ってるって聞いたときの
    八軒パパの笑みが印象的でした♪

  • 馬術部そろい踏みのカバー。新入生候補が見学に来た時から、やけに大人びた感のある八軒たちが頼もしい。それがカバーにも溢れているような感じがする。エゾノーOB・大川との起業は不安要素が一杯だが、コンセプトや父の厳しい選択眼が良い方向に向かいそうな予感。そう、この物語は希望に満ちた展開が相応しいのだ。

  • 少年が青年になっていく。それも毎日、驚くべきスピードで。学校の成績・順位だけにこだわってきたひ弱な少年は、もう蝦夷農にはいない。

  • 八軒がんばるなー
    企業に向けて企画書を作ったり、勉強見てあげたりと忙しい
    それに人を見る目をちゃんと持ってるんだなーと思った

全148件中 1 - 25件を表示

銀の匙 Silver Spoon 12 (少年サンデーコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

銀の匙 Silver Spoon 12 (少年サンデーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀の匙 Silver Spoon 12 (少年サンデーコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

銀の匙 Silver Spoon 12 (少年サンデーコミックス)の作品紹介

成長と奮闘の新章”四季の巻”スタート!

夢なんて語るやつがウザったかった。
目標を持っているやつにムカついた。
そんな自分が嫌いだった。
今は違う。
北の大地で過ごした一年は、伊達じゃない。
やりたいことが見えてきた。
厳しい冬を越えて、
どれだけ成長したのかを
一番知りたいのは、
八軒だ。


【編集担当からのおすすめ情報】
大反響を呼んだ”冬の巻”の、
そして、大注目の新章”四季の巻”を収録した12巻が
いよいよ発売です!

「起業」という目標に向かいもがく八軒…
夢をかなえるため受験に挑む御影…
夢を見失い現実と戦わなければいけない駒場…

それぞれがどのように前を向き、奮闘し、成長するのかを
ぜひ見守っていただきたいと思います!!

青春の力強さがぎっしり詰まった「銀の匙Silver Spoon」第12巻
たっぷりとご堪能ください!

銀の匙 Silver Spoon 12 (少年サンデーコミックス)のKindle版

ツイートする