銀の匙 Silver Spoon 13 (少年サンデーコミックス)

  • 1903人登録
  • 3.98評価
    • (125)
    • (223)
    • (125)
    • (4)
    • (0)
  • 112レビュー
著者 : 荒川弘
  • 小学館 (2015年6月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091260598

銀の匙 Silver Spoon 13 (少年サンデーコミックス)の感想・レビュー・書評

  •  明るさと未来への希望に満ちた3年生編。クライマックスは目前、との次回予告に一抹の寂しさを感じつつも、大会編には笑わせていただきました。

  •  八軒の試合に成長を感じる。
     確実に完結へと向かっている物語。
     作者さんの脳内には、平凡で当たり前の幸せがずっと続くなんてないんだろうなぁ。

  • もう付き合えばいいんじゃないかな!
    ハガレンはバトル多かったのでそうもいかなかったけど、銀匙は恋愛要素も結構あるので嬉しいです。

    0→1ビジネスどうやるのかすごく楽しみ!
    あとこの巻か忘れたけど、折角の大舞台が失格で終わったのものすごく悲しかった…!

  • 青春コメディー@大蝦夷農業高校。今回は馬術部大会編。最初は劣等感の塊だった八軒くんの成長が凄い。敵役とか嫌なやつまで味方につけていく八軒くん。〝敵役〟というのはその人の一面にすぎなくて、みんなそれぞれ自分が主役のストーリーを生きているんだという、作者の姿勢が伝わってくる。

  • 12,13巻を読む。

    もう高校三年?色々詰め込んでて、バタバタした感じになってるんだけど、ひとつひとつできるようになってることとか挑戦してることが増えている様子が何とも良い。

    全体的なフットワークの軽さが好き。農業のというのか自然に関わる人の懐の深さなのかしら。

  • 5月1日〜5日、1〜13巻読了。
    いろいろ詰まってて内容濃くてなんというか簡単には書けない。アニメで見たところまで、と思ってたけどついどんどん読んだ。もうすぐクライマックスですか。

    八軒、御影、駒場、常盤、多摩子、相川、別府、吉野、寮のみんな、部活のみんな、先輩、先生、味があって情が深くて、馬も豚も牛もめんこくてうまそうで(あっ犬もめんこい)。
    今後は肉やベーコンやソーセージを見る目が変わる。多分。

    人と自然と学校。いいなぁ。

  • 部活が終わり、今度は学生起業と受験が近づく。駒場の頼みとはいったい……。そろそろクライマックスかな

  • 銀の匙はこの巻が初読です。
    初読で途中からみても面白い。キャラもタッているし、説明なくても関係性が理解できる。やっぱり荒川弘はスゴイ人なんだと感心した。イイネー。

    なんか、じゃじゃ馬グルーミンアップを思い出しました。

  • 久しぶりの新刊!馬術大会がメイン?人馬一体は気持ちかいいだろうなあ…(アグネス号は眼鏡に見境なさすぎ)そして久しぶりの駒場!ムキムキでびっくり。ピザ美味しそう…そしてクライマックスが近いのか。

  • 部活も引退して、卒業に向けてどんどん時間が過ぎてゆく…!
    八軒くんも最後に馬の甲子園に行けて良かった。
    255軒だったけれども…!
    駒場くんの、八軒くんに頼みたいこととは何だろう。
    次巻も楽しみ。

  • 久々に読んだら、たった2巻であっという間に2年過ぎてた(笑)。でもこの濃厚な2巻で八軒くんの起業準備も御影さんの大学への道もグッと前に進んでた。多分次巻で一区切りつくのかな?最後まで見守ってあげたい。

  • とても面白い!好き。

  • ストーリー的には「締め」に入っている感じなんですが、じつにのんびりとしたエピローグ。普通の漫画ならスキップしそうなエピソードなんですが、こういう所もキッチリやるのがサンデーっぽい気が。

  • はぁ、相変わらずの面白さ。馬の甲子園を目指し頑張るエゾノー馬術部、御影さんがかっこ良かったです♪ 甲子園本番はあっという間だったけど(笑) ピザの話ではもう食べたくて食べたくて… 八軒は部活に恋に仕事にと、とても濃い3年間を過ごし大きく成長して来ましたよ。本当に頼もしいw 次巻への引きが凄く気になるわ! 何を頼もうとしてるのかな駒場くん。続きも楽しみです♪

  • 牛も豚も鶏も…きちんと育つまでには時間がかかる。
    じゃがいももアスパラもしいたけも…誰かが手間暇かけて育てたものだ。
    大蝦夷農業高校で育まれた八軒たちは、ちゃんと美味しくなったのか…。
    メインディッシュはこれからだ。

    乗馬クラブの甲子園に向かうべく奮闘する八軒たち。
    八軒のタイムではなく正確さ重視の選択はかっこよかったけど、どうにも欲をだして失敗するタイプだなぁ。
    逆に御影は本当に馬関係だと頼りがいありすぎる。
    何気に見に来ていたお父さんと鉢合わせしたシーンがシュールすぎて笑った。
    商品化研究のピザ試食会が美味しそう。ピザ食べたくなった。

  • 相変わらず安定の面白さ。
    小ネタが効いててホント、プロの仕事ですね♪

    一番心に残ったところ。
    富士先生のセリフ。
     ブルーチーズはビール案件・・・・!
    おっしゃる通りっ!!

  • 八軒くんがあれこれ意識が飛び過ぎて馬に集中出来ない感じがらしい。
    皆ちゃくちゃくと進路を決めていて逞しい。
    プロジェクトで作るあれこれも全部おいしそう。

  • 乗馬はおいといて・・・着実に成長するエゾノーの面々が相変わらず頼もしく、きらきら輝いていました♪八軒くんのお父さん・・・本当に優しいんだか怖いんだか。あんな顔されたら誰でも逃げますって。推薦入試に駒場くんからの電話。次巻がまた楽しみです。

  • 紅的作品代理超快@@
    完全追上日本進度~

  • 久々で内容を若干忘れていた。。
    ピザが美味しそう!軽さと重さのバランスがいいな。難しいことを楽しく伝えられるってすごい事だ。
    八軒のプロジェクトも駒場も次巻が楽しみ。

  • 酪農青春グラフィティ。北海道の農業高校で最終学年となった主人公・八軒と馬術部は、高校生活最後の団体戦に挑む。他校と交流しつつ、3年間の集大成を見せるべく奮闘する八軒。そして、就職や起業や大学進学といった進路に向けて、仲間たちも着実に足を踏み出し…。んー。可もなく不可もなくってな感じかなぁ。

  • 第106〜113話収録。
    馬術選手権の地方選とインターハイ全国出場、ピザ試食会など。八軒インターハイやらかしたね!(笑)大舞台で凡ミスするところは流石八軒としか言えない。馬術大会の計算、荒川さんお疲れさまでした。見開きいっぱいにピザが並ぶ場面に思わずよだれ(笑)ホルスタインの廃牛焼肉も。それなのに舌肥えてしまい、経営者目線で物事考えてしまうと。高校3年生とは思えないよ。一方、御影は八軒との約束がなくなるかもと心配するなど、純情すぎる二人(笑)かわいいなあ。次巻予告に思わず涙目になった、二人の友情も好きだよ。カバー下は、株式会社GINSAJI社長こと大川先輩のお言葉(笑)口達者だわー。

  • これ買ってから12巻買ってないことに気付く。

  • 追いかけているマンガ、家族に借りた。

    3年生の夏。
    馬術部全国大会・ピザ試食会・御影畜大推薦枠獲得・駒場東京進出。

    青春だなぁ。
    自分の頭で考える、目指す道を見据えて進む。
    私の高校時代とは大違いで、少しもやもやするのは、私がまだ後悔したり卑屈になっているせいだろう。
    できないことをできるようにする覚悟も、もうできないと認める覚悟も、どちらも困難なのだ。
    やっぱり人間の強さは、心の強さだと私は思う。
    八軒と御影、あの距離感が恋で楽しいんじゃないかな。
    駒場の夢がよきものとなるように。
    私もしっかりあるいていかなければ。

全112件中 1 - 25件を表示

銀の匙 Silver Spoon 13 (少年サンデーコミックス)に関連する談話室の質問

銀の匙 Silver Spoon 13 (少年サンデーコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

銀の匙 Silver Spoon 13 (少年サンデーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀の匙 Silver Spoon 13 (少年サンデーコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

銀の匙 Silver Spoon 13 (少年サンデーコミックス)のKindle版

ツイートする