ちろり 8 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

  • 25人登録
  • 4.38評価
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 小山愛子
  • 小学館 (2016年1月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091265975

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
有効な右矢印 無効な右矢印

ちろり 8 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 台詞も説明も少なく、彼女たちの生い立ちも描かれてない。ゆったりとだが未来へと続くシーンの連続が心地よい。

  • 珈琲の香りと共に
    ゆっくりと穏やかに過ぎていく時間…
    時は移ろえども、変わらぬものもあり…

    余韻の残る最後でした。

全2件中 1 - 2件を表示

小山愛子の作品一覧

小山愛子の作品ランキング・新刊情報

ちろり 8 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ちろり 8 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ちろり 8 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

ちろり 8 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)の作品紹介

季節は巡り、そしてーー最終巻。

時は大開港時代。
明治の横濱は文化が入り乱れ様々な人が行き交い
目まぐるしく変化をしていく…
カモメ亭に訪れる人も、移ろい…流れ…
そしてまた、季節が巡るように…
人は、カモメのいる港へと
―――帰ってくる。

ちろり 8 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)はこんなマンガです

ちろり 8 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)のKindle版

ツイートする