送球ボーイズ 1 (裏少年サンデーコミックス)

  • 24人登録
  • 3.88評価
    • (2)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : サカズキ 九  フウワイ 
  • 小学館 (2016年5月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091272607

送球ボーイズ 1 (裏少年サンデーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 能力が微妙だけど少年スポーツマンガとしては及第点か

  • バスケ、バレーときて、次はハンドボールか。

    実はルールもよく知らなかったんだけど、キャラが立っていて面白かった。
    エイトの過去編が見え始めたあたりからグイグイのめり込んじゃいました。

    かなり重たい家庭環境だなぁ…あと、先輩達が無駄にカッコイイ(笑)

  • 見た目と間逆にナイーブ過ぎるライバル

  • ハンドボールマンガ初めて読んだ。面白かった〜。

全4件中 1 - 4件を表示

送球ボーイズ 1 (裏少年サンデーコミックス)のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

送球ボーイズ 1 (裏少年サンデーコミックス)に関連する談話室の質問

送球ボーイズ 1 (裏少年サンデーコミックス)はこんなマンガです

送球ボーイズ 1 (裏少年サンデーコミックス)の作品紹介

北陸の高校生、ハンドボールに懸ける青春!

北陸の田舎町、氷見市。
ここは、ハンドボールの町として知られている。

そんな町で、地元のハンドボール少年、凪が出会ったのは、
東京から来た謎の少年、エイト。
二人の出会いが、全国への夢が動き出すーー!!

ハンドボール経験者の作者が描く、本格送球部コミック始動ーー!!

【編集担当からのおすすめ情報】
ハンドボール経験者のフウワイ先生と、美麗作画のサカズキ先生が描く試合シーンは、その熱気がまるで会場にいるかのように伝わってきます。

「ハンドボールってこんなに熱い競技だったのか!」 と驚くこと間違いなしです。
ぜひご一読ください。

ツイートする