名探偵コナン 92 (少年サンデーコミックス)

  • 299人登録
  • 4.07評価
    • (19)
    • (25)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 青山剛昌
  • 小学館 (2017年4月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091275530

名探偵コナン 92 (少年サンデーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 真純が可愛すぎてつらい…

  • 赤井家が大集合の大サービス回。忠吉ダイスキなので、高校生の忠吉に釘付け。妹のお世話してるーーーー!かわいいーーーーー!そしてファンが20代の赤井さんはパリピって言ってる意味がやっとわかった。チャラい。とにかく、チャラい。こんなオラついた男から、今の落ち着いた男になるまでに、一体何があったのか。なんかこう、プライドをぺしゃんこにへし折られる何かがあったんじゃないかなぁって勘ぐってしまう。
    92巻は、本編も大サービスだけど、巻末の赤井家年表がまた素晴らしい。ちょこちょこ古谷零くんの情報も入れてくれているところがもう、、、わかってるなぁ。

  • ついに赤井秀一、羽田秀吉、世良真澄の関係が明らかになりましたね〜。副担任の若狭先生は今回も怪しい動きを・・・。コナンも要注意人物と認識しているみたいだし。お寿司屋さんの新店員もただ者では無いみたいだし・・・。脇キャラ多すぎて覚えらんないよ・・・。

  • コナン92巻。

    新一の10年前の記憶。赤井秀一…世良…秀吉…そしてメアリー…。そんなに登場人物たちを密に関係付けちゃって大丈夫なのかーい!と思わずツッコミつつも、今後に期待。そして、なにやらコナンの周りにも新しい謎のキャラクタたちが出てきましたね。どうなっていくことやら。

  • ちょっとこの巻はトリックの雑さが酷すぎて我慢できなかった。

    更衣室のやつ:
    いくらなんでも、あの偽造サンダルはバレる可能性高すぎだろう。
    また、更衣室の前に置いてある履き物って更衣室が使用中かどうか確認するときにしっかり見てしまうことも多いし、使い終わらないか前で少し待ったりもするし、そんな状況でスマホで踵を上げてるとかバレバレだろうに。
    っていうか靴の中敷きのような扁平な物の踵を浮かせただけじゃ、つま先部分の接地面がなさすぎて違和感バリバリじゃない?
    作中では「正面から見れば」と限定してるけど、そもそも正面から見ない場合もあるし、正面から見てもチープすぎて逆に目を引いちゃいそうだけど。

    海水浴場のやつ:
    水中メガネもなしに海中で運転手の頸骨が折れてると診断し、後部座席にカバンを発見し、そのカバンからハミでたものが時計で、しかも高級ブランド品(しかも値札付き)であることを見抜くとは、目の構造がもう人間のソレじゃないよ。
    水圧でドアが開かないのならパワーウィンドウも開かないのでは?
    しかもアレは電気回路での制御なんだし、海中ならなおさら故障して動かなさそうだけど。
    (もしかすると最近の自動車は水没の可能性を考慮して安全機能的に回路が組んであるのか?)
    最初から開いてたとしたら、そもそも運転手に声を掛けて返事がなかったからってのが成立しない。
    (まぁ、これは推理だったので普通に見捨てたって可能性も高いだろうけど。)

    寿司屋のやつ:
    大根で血の染みが消えることを知らなかった板前は、まぁそういうこともあるかもしれないし、小五郎を試した可能性もなくはないのでセーフ。
    ただ、満員電車云々は、雨の日は電車が混む傾向にあるので雨の日は混むことを予想して避ける人もいるだろう。
    実際に空いてる空いてないに関わらず満員の可能性を考慮してバスにしたのかもしれないし。
    それだけで決めつけるのはどうかと思う。
    結局、当たった万馬券を見越して特上寿司を食べた挙げ句、その万馬券を警察に届けたワケだけど、だったらなんで蘭ちゃんは寿司を食べに来たの?
    意味がわからない。
    新人の板前にしては仕切りすぎだし、無実な他の客を犯人扱いしたのなら大問題になるんじゃないの?

    プロゴルファーのやつ:
    変装したプロゴルファーがドアを叩いたときにドアに付いたファンデーションが・・・って話もムチャクチャ。
    背の高さが圧倒的に異なる元太が、たまたまプロゴルファーの叩いたドアの位置を叩くのか?
    (ちなみに画ではワザワザ腕を振り上げてノックしていたし、元太の身長の公式な設定は存在していなさそうで場面によって伸び縮みしてるみたいなので不自然ではあるけど無茶ってワケではないけど。)
    それよりも、ノックくらいで匂いがドアに移って、更に同じ箇所をノックした元太に匂いが移るくらいファンデーション塗ってたのなら白い粉がドアにも付いてるだろうし、当然のこと元太の腕にも付着してるんじゃないの?

  • 赤井さんってお母さんを殴ったりするような人だったのか…と驚いた。
    兄の笑顔が見たい世良さんがとてもかわいい。
    いろは寿司の板前、脇田が登場。
    若狭先生やっぱり格好良い。好き。

  • 赤井さんの話がおもしろすぎる

  • 初めから読み直すと、登場人物の関係とかわかるのかな。
    でも、90巻以上読み直す気にはなれないな。

  • やっとこさ世良と新一の過去が分かった。
    長い、実に長い!

    最近妙な行動をとる副担任・若狭先生も気になるところ。
    ドジッ子はカモフラージュなのか?

  • 邂逅。

全20件中 1 - 10件を表示

青山剛昌の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

名探偵コナン 92 (少年サンデーコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

名探偵コナン 92 (少年サンデーコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

名探偵コナン 92 (少年サンデーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

名探偵コナン 92 (少年サンデーコミックス)の作品紹介

赤井秀一の家族に隠された秘密が明らかに!

波のさざめきと共に蘇る
コナンの記憶――
それは、幼き新一と蘭が
世良と出会う海辺の光景・・・
そこには赤井秀一と思しき
若い男の姿も・・・

赤井家の秘密がついに
明かされる必読の最新刊です!

名探偵コナン 92 (少年サンデーコミックス)はこんなマンガです

名探偵コナン 92 (少年サンデーコミックス)のKindle版

ツイートする