舞妓さんちのまかないさん 1 (少年サンデーコミックススペシャル)

  • 167人登録
  • 3.97評価
    • (13)
    • (14)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 小山愛子
  • 小学館 (2017年4月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091275622

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

舞妓さんちのまかないさん 1 (少年サンデーコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 書店で面見せされていた。(2巻が新刊で発売されたからだね)
    舞妓さんの世界に憧れがあり、疲れていたしいやされたくて購入。

    16歳のキヨは、京都・花街の屋形「市」のまかないさんとして、舞妓さんたちの食事を作っている。

    ほのぼのだなー、料理って大切、体をつくってるんだもの。
    素朴なごはんがおいしそうですよ。
    料理の絵の線が細くて料理の雰囲気がわかりづらいのだけれど、ちょっとしたレシピもついている。
    いまのところ、屋形が舞台である必然性はあまり感じない。
    でも、花街のことばや知らない世界を垣間見られるのはおもしろい。

  • ほっとできる、ほんわか癒し系。
    グルメ漫画よりも、こういう生活に根付いた料理漫画の方が好きかも。
    一時間の自由時間でコーヒーを淹れて一息つく空気感が好きだなあ。

    花街の苦味が描かれるのか否かはちょっと気になる。

  • 可愛らしかった

  • 作者のことは全く知らなかった。書店で手に取って、直感で良さそうだと思ったので、購入。当たりだったと思う。温かみがあって、ほっとできる素晴らしい作品。舞妓さんたちが生活する家で料理を担当する16歳の少女が主人公の物語。キヨが作る料理はどれも美味しそうで、食べたら元気になれそうだ。凝ったものではなくて、読者でも作ることができそうな料理ばかりなので、とても身近に感じた。続きが楽しみだ。

  • 素朴に美味しそう。

  • 青森から舞妓になるのを夢見て京都祇園へ来たものの、夢破れた16歳の少女が、ひょんな事から世話になっていた屋形(置屋)のまかないとして奮闘する物語。
    こんな題材を週刊少年サンデーで連載しているのが驚きだけど、読んでいてまさに「ほっこり」するような掌編なので永く連載が続いてくれればと願う

  • メシマンガ系、ハズレにくいんだろうがコレは当たりね

  • 芸なんですかね?
    料理ができる!
    これ、
    女の子だけでなく男の子もできた方がいいスキルだと思うのよ。
    やってるけど、
    全然上達しないからそっち系で働こうかと思ってるくらいだわ!
    と、
    作者さんの「小山愛子」さんの、
    ご飯に対する考えがかぐりんとシンクロします!


    第1話・京都のかわいい台所
    舞妓さんって16歳とか若い子がやるのに深夜1時まで働くの?
    法律的にどうなんだ?
    つか、
    プリンは大事な!
    かぐりん的にはぷっちんプリンな!
    で、
    落ち込んでる舞妓さんに「キヨ」さんが作ったのは、
    パンプディング!
    舞妓さんっぽくないなぁ。。。


    第2話・まかないさんは16歳
    台所のおばちゃんが倒れて、
    舞妓に向かいてないから故郷にお帰り!
    と、
    言われたのが「キヨ」さん?
    で、
    倒れた台所さんの代わりに「キヨ」さんが入ったと。
    料理できる腕があってよかったなぁ!


    第3話・キヨちゃんの一日
    6時起床
    8時にご飯配膳して
    10時に買出し
    12時にお昼ご飯を少々
    13時に夜の仕込み
    16時におやつ的なものを作って
    20時に掃除
    21時に風呂
    22時に寝る

    16時から20時に空いてる時間がありそうやね。


    第4話・キヨちゃん上京す(前編)
    「キヨ」ちゃんは青森出身ですか。
    湯たんぽをおばあちゃんから貰っていざ京都!


    第5話・キヨちゃん上京す(後編)
    どうもお稽古できなくって、
    台所のおばちゃんと仲良し。
    この頃からおばちゃんの代わりに料理してたんですね。
    で、
    おばちゃんが倒れて、
    「キヨ」は才能ないからリストラ。
    前にあったように、
    このとき「キヨ」ちゃんが台所を引き継ぐと。


    第6話・買出しの日
    バッグに入れて持ち帰れるものを考えながら買い物!
    分かる!
    つか、
    平日の昼に確かに高校生っぽい、
    年齢的には高校生な「キヨ」ちゃんが街を歩いていたら補導されるわな。


    第7話・おうちのカレー
    突然の休みをいただいた「キヨ」ちゃん!
    カレーを食べたいって言うてるけど作ればいいやん!
    と、
    思ったんですが、
    舞妓さんがいる「花街」では家庭の雰囲気をだしてはいけないんだって!
    ゆえに、
    カレーの匂いが家庭を連想させてしまうから作れない食べれないそうです。
    つか、
    舞妓さんはカレー食べれないのか!
    そう思うと辛そうだなぁ。
    特に、
    カレーが好きなわけではないが、
    食べれないよ!
    と、
    言われると無性にね。
    ちなみに、
    カレーにはコーヒー派みたいですが、かぐりんもそうです!
    つか、
    木曜日ゴーゴーカレーに行こうかな!
    食べたくなってきた!


    第8話・雪の日の朝
    そっか、
    青森っ子だから雪掻きはお手のものですか!
    ひっつみ汁って、
    いわゆるすいとん的なやつですかね?
    それなら美味しそうです!


    おまけ
    1時間時間が空いたらコーヒー淹れてるよ「キヨ」さん!
    美味いよねぇー!

  • 偶然見つけた漫画です。作者の方は全く知らなかったのですが、ほんわか系の漫画で良かったと
    思いました。料理はそれほど見劣りはしませんでした。絵がかわいいのでよし、です。

  • 201705/屋形で舞妓さん達へのまかないやってる少女が主人公、という設定は面白かったけど、肝心の料理描写が絵柄のせいかさほどそそられず惜しい…。

全10件中 1 - 10件を表示

小山愛子の作品一覧

小山愛子の作品ランキング・新刊情報

舞妓さんちのまかないさん 1 (少年サンデーコミックススペシャル)を本棚に登録しているひと

舞妓さんちのまかないさん 1 (少年サンデーコミックススペシャル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

舞妓さんちのまかないさん 1 (少年サンデーコミックススペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

舞妓さんちのまかないさん 1 (少年サンデーコミックススペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

舞妓さんちのまかないさん 1 (少年サンデーコミックススペシャル)の作品紹介

京都の花街発・16歳が綴る台所物語!

ここは京都のど真ん中にある花街。
舞妓さんたちが深夜、お仕事を終えたあと帰ってきて、共同生活を送っているのは、「屋形」と呼ばれるおうちです。
とある屋形で「まかないさん」として舞妓さんたちに毎日の食事を作っているのは、なんと弱冠16歳の少女・キヨ。
彼女がまかないさんになったのには、ある意外な理由があって――。

華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれます。


【編集担当からのおすすめ情報】
京都・美味しいごはん・幼馴染・十和田・おばあちゃん・着物
↑このキーワードのうち、どれかが気になった方は、ぜひ本書をお手に取ってみてください!

小山先生特製・キヨちゃんが作中で作ったお料理のレシピもついてます!!

舞妓さんちのまかないさん 1 (少年サンデーコミックススペシャル)はこんなマンガです

舞妓さんちのまかないさん 1 (少年サンデーコミックススペシャル)のKindle版

ツイートする