トーマの心臓1 萩尾望都Perfect Selection 1 (フラワーコミックススペシャル)

  • 526人登録
  • 4.24評価
    • (136)
    • (23)
    • (78)
    • (0)
    • (0)
  • 55レビュー
著者 : 萩尾望都
  • 小学館 (2007年7月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091311191

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
オノ・ナツメ
日丸屋 秀和
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

トーマの心臓1 萩尾望都Perfect Selection 1 (フラワーコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

  • 冬になるといつも手に取る。
    恋には遠く、友情では狂おしすぎる。
    性別無き時代って確かにあった気がする。

  • 天使のような子、トーマが自殺した。彼に愛を告白されていたユーリは、トーマからの遺書によって自分の中の問題と向き合わざるを得なくなる。そんな折、トーマそっくりの顔をした活発な少年、エーリクが転入してくる。トーマのこと、自分の問題に対して向き合いたくないユーリは、思いがけぬエーリクの登場によってさらに心掻き乱される。

    とりあえず、「オスカー!!!!!!」ってなりました。オスカーが良い子過ぎて胸が痛い。ああいうもどかしいキャラクターが大好きで仕方ありません。
    実は、『風と木の詩』の救済(?)として『トーマの心臓』を知ったのですが、なるほど、これはラストに少し明るいものが待っていそうです。よかった……。

    それにしても、メインはたぶんユーリとエーリク(トーマも?)なんでしょうけど、脇役であるはずのオスカーがすっごく作りこまれているというか、なんだろう……むしろオスカーがいることで、より魅力UPにつながっている印象があります。オスカーが主人公だったら、こうはいかないのかなあ、とも。

    タイトルもすごいですよね。『トーマの心臓』ですよ? わたし、内容を最近まで知らなかったもんですから、ずっと医療漫画とかそういう系なのかと思ってました。アホみたいですね。でも、最初っから突っ走るポエミーな文章や、トーマの遺書から察するに、やっぱ「愛」のひとつの形を指すんですかね。どうなんだろ。

    ユーリもすごい子だなあ、って感心しました。昔の古傷さえなければ、少女漫画のヒーローみたいなやつじゃないですか! ううむ、綺麗なものを汚そうとする奴が、話の展開上必要なのは承知ですが、許せない気持ちが抑えられませんね……。

  • 愛情と呼ぶには幼くて
    友情と呼ぶには狂おしい

    性のない愛

    もうきっと二度と手にすることはないでしょう

  • 【経緯】
    ぺりこさんオススメ

    【書き出し】
    ぼくはほぼ半年のあいだ
    ずっと考え続けていた
    ぼくの生と死と
    それからひとりの友人について

    【感想】
    男でも女でもない「少年期」。
    女も「少年期」を持ちうるのだと思っている。「っポイ!」のなるちゃんとかね。そして「少女期」なるものもしかりなんだろうな。純粋な目で見た「マリアさまが見てる」ですね。

    【引用】
    ぼくは成熟しただけの子どもだということはじゅうぶん 分かっているし
    だからこそ
    この「少年の時」としての愛が
    なにか透明なものへ向かって
    (性もなく正体も分からない)
    …投げ出されるのだということも
    知っている

  • 【経緯】
    以前から読みたかった。
    ペンギン・ハイウェイの萩尾望都先生の推薦文を読んだのがきっかけ

    【感想】
    トーマの心臓Ⅱへ

  • 透明で美しい物語。
    通して一編の詩のような世界。

    これがぼくの愛
    これがぼくの心臓の音

  • 青春と人間愛。

  • 最初のページを見た瞬間から、これはヤバいと思った。
    絵の古さなんて問題なかった。
    この本の伝えようとする愛は、
    キャラクターたちの伝えようとする色々な思いは時代を感じさせない。
    むしろ、そんな古さが世界観の一部になっている。

  • たしかに名著。

  • 萩尾先生の作品で一番好き。

  • 手放しました(泣)

  • 根底に流れる優しさに心が洗われる。綺麗な漫画。

  • 性に左右されない愛情。
    純粋でまっすぐなそれを、拒絶したり受け入れたり…
    どのキャラクターにも誰にも触れて欲しくない生傷があって、
    臆病になってゆくさまなんかはすごくリアルだと思いました。

    ただ、性に囚われない愛を描いた作品、というのが今は昔より
    溢れているので、そこに新鮮味がなく、
    「あっ多分このキャラクターこういうトラウマ持ってる」っていうのが読み始めから察することができてしまうのが少し残念でした。


    出てくる登場人物が全員成熟しきっていない少年なので、
    そういう意味での「性に囚われない」はとてもよかったですが。
    絵はもっのすごく綺麗です。


    個人的にはオスカーがとても好きでした*
    あと「オトナ」として登場する先生たちがかわいすぎる!!

  • 面白い…!
    学園ものです。

    一人の少年の死から生まれた、生徒達の心の成長と淡い恋愛と。
    図書室での、委員長の背中からかすかに翼が見える場面は感動的。


    ただ、ひとつだけ違っていたのは、その学園は男子校だったのです。。

  • 読んだ本。

    なぜかずっと後回しになってた。
    遠からず森博嗣版小説を読むつもりだけど、そのための予習として。

    複雑さはあまりないので、シンプルで読みやすかったです。
    ちなみに萩尾さんでは「ポーの一族」と「銀の三角」が好きです。

    (2009年09月20日読了)

  • ここまで引き込まれるとは正直思わず。これは私の中で三大歴史的傑作の一つです。


    トーマの死という衝撃的なシーンから始まり、物語はユーリを中心に動いていく。

    ──何故トーマは死んだの?ユーリは何を隠しているの?

    ベールに包まれていた真実が、エーリクの出現と共に少しずつ明かされていきます。
    読者を引き込む展開。耽美な絵。透明で美しい世界観。
    少年たちの愛情がとても純粋で、心を打たれました。

    終わり方がなんとも切なくて好きです。

  • オスカーが好きすぎる!

  • 萩尾作品では一番好き。

    基督教特有の
    真っ白い香りの中で
    ゆがみながら揺れている
    きれいすぎる少年の姿が
    印象的。

    オスカーが
    どうしようもなく
    かっこいいんだが 

    訪問者もだいすき

  • 綺麗。
    愛。
    誰かを愛すること。あいしたひとのために出来ること

  • 素晴らしすぎる。
    言葉でこの感動を表すことができない。

  • 私が言うべきことは無いような気もする

  • 愛とは何か。

    校長室でオスカーにユリスモールが声をかけるシーンが、いちばん好き。

  • 文庫でほとんど持ってるのに全巻予約した(もっとも予約特典の複製原画が目当てでした!ニコ!)。ユーリに言いたいのはオスカーにしとけよ、の一言です。

全55件中 1 - 25件を表示

トーマの心臓1 萩尾望都Perfect Selection 1 (フラワーコミックススペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

トーマの心臓1 萩尾望都Perfect Selection 1 (フラワーコミックススペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

トーマの心臓1 萩尾望都Perfect Selection 1 (フラワーコミックススペシャル)はこんなマンガです

ツイートする