11人いる! 萩尾望都Perfect Selection 3 (フラワーコミックススペシャル)

  • 308人登録
  • 4.19評価
    • (77)
    • (28)
    • (38)
    • (4)
    • (1)
  • 37レビュー
著者 : 萩尾望都
  • 小学館 (2007年8月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091312099

11人いる! 萩尾望都Perfect Selection 3 (フラワーコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少女漫画かと思っていたが、割りと抑えられてて、ストーリーも魅力的、フロル可愛い、タダテライケメンって感じですね。テラだけに。

    「ぼくの星へ来りゃいい 一夫一妻制だ
    ぼくと結婚しなよ」ヤバス!

    「タダとフロルのスペースストリート」もおもろかったな、当時じゃこういうのまだ流行ってなかったっぽいな。

    他の萩尾作品にも手を出していこうかな。

  • 設定的にはかなりの長編に出来そうなのに1巻完結。非常にテンポが良く、下手に時代特有の言葉が無いので今でも読みやすい。
    ただ、テンポがいい代わりに11人全員のキャラクターが描けていない。半分は名前と顔だけの人数合わせのモブ。メインキャラとその周囲のキャラがガッツリ設定があるのに対して、勿体無い気もする。それでも読んでる最中は気にならないくらい世界観に引き込まれた。
    結構ラブラブなのに、そこをメインに書かないのが良い。小さいコマで普通にキスしてるのが可愛い。

  • この時代にここまで精緻に描かれてるってのにまず驚愕するね~。萩尾望都、実はあまり知らないんだけど、やっぱさすがだなあと思わされる。

  • やっぱり、萩尾望都の考える世界は違うなと圧巻でした。
    少女漫画と言うにはなんだか勿体ないものがあって、萩尾望都が作り出す世界には矛盾がない。まるで本当にその世界が存在するように説得力がある。それだけ作り込まれている。
    その丁寧さは萩尾望都独自のものだなと思う。タダもフロルも四世も王さまもみんな魅力的で引き込まれる。
    頭いいんだよなぁ、ほんと。

  • タダ格好いい…

  • 萩尾望都さんのSF。今見ても面白い。ハリウッド映画にしても通用する。

  • 1番最初に読んだ萩尾作品。再読できて懐かしかった名作。

  • スタジオライフ公演『続・11人いる!』
    今年の1月には「11人いる!」を上演したそうです。。。

    公演期間:2013年2月28日(木)~3月17日(日)
    会場:紀伊國屋ホール
    〒163-8636 東京都新宿区新宿3-17-7 紀伊國屋書店新宿本店4F
    スタッフ:原作=萩尾望都 脚本・演出=倉田淳
    キャスト:山本芳樹 及川健 松本慎也 内藤大希 曽世海司 堀川剛史 仲原裕之 藤森陽太 ほか *一部Wキャスト
    お問い合わせ:スタジオライフTEL03-5929-7039
    http://www.studio-life.com/stage/11nin_2013/z11nin/

  • 二回読み直した。面白かったな。

  • この本を読んだのは何歳だったかな…。何歳だったか覚えていないが、とにかく内容が怖くて眠れなくなったのは覚えている。
    結局は、何度も何度も読み返してしまう中毒性みたいなものが萩尾さんの作品にはあるのですが…。

全37件中 1 - 10件を表示

萩尾望都の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
オノ・ナツメ
有効な右矢印 無効な右矢印

11人いる! 萩尾望都Perfect Selection 3 (フラワーコミックススペシャル)はこんなマンガです

11人いる! 萩尾望都Perfect Selection 3 (フラワーコミックススペシャル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

11人いる! 萩尾望都Perfect Selection 3 (フラワーコミックススペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする