Piece 2 (フラワーコミックス)

  • 358人登録
  • 4.03評価
    • (32)
    • (41)
    • (25)
    • (2)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 芦原妃名子
  • 小学館 (2009年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091323965

Piece 2 (フラワーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おーもしろくなってきたー

  • 折口はるかの「過去」を調べるうち、
    高校時代のアイドル・瀬戸内円に対する
    ストーカー事件に辿り着く水帆。
    はるかとは接点のなさそうな円だったけれど、
    なんとその先に「はるかが教師と不倫していた」という
    疑惑が浮びあがる。
    そして同時に、水帆の中で封印していた
    成海への想いもふくらみ続け、ついに…!?

  •  何が面白いって。
     物語は、同級生が1人亡くなったところから始まってる訳です。
     おまけに、仲が良かった同級生ではなく、殆ど喋ったこともないような同級生。いじめられっこ。

     それでも、お葬式に行ったら。
     そこでその亡くなった人のお母さんに「娘の元カレを探して欲しい」って言われて。
     一旦は断ったんだけど、好奇心に負けて、主人公の水帆は、その彼を捜し始めるんだ。

     でも、水帆は正義感ぶりたかった訳じゃなく。
     ちゃんとそれを「知りたい!」というのは「好奇心」だっていうのがわかってて。
     それでもその役目を引き受けた。

     そんで、ちょっとサスペンスちっくに物語は進んで行くんですが。
     そこには、亡くなった同級生の周りの人間関係を調べることから始まって。
     調べる為にいろんな人と会うことで。
     水帆自身がいろんな人とのつながりを持って行ってしまう。

     そして、隠されていた人と人とのつながりが明らかになったりしてね。

     ただ、それが全て正義感から来てないところがすごいと思うんだ。
     それと、調べれば調べる程、水帆自身も自分の過去と向きあわないといけなくなってしまう……。

     でも、それほど深刻なものじゃないのだけど。
     とにかく面白い。

     人間の悪意と好意と悪意じゃない悪意(変な言い回しだな)とが素直に描かれてる作品なんだと思う。
     読まなきゃよかったー! って後悔したけど(買っちゃうから)。
     読んでると面白いです。

     続きが楽しみ! 続きが楽しみ!

  • えっと……どうなるの、続き

    な、終わり方された

    しかし、先輩好きです(*≧∀≦*)

  • 少しずつなぞがとけてゆく・・・のかな?

    瀬戸内さん可愛い(´▼`)
    そして成海くんはなんなのか続きが気になるー!

  • 阿哈哈~台版Vol.1門牌一樣是管原喔XD(作者應該很無奈吧XD) 不過這只是小CASE啦!藤間麗還在巨幅臉特寫的Vol.2封面少畫刺青哩XDD 是說台版也沒刺青XDD

    雖然書中沒有特別指明,不過一出場就過世的折口和主角須賀等,讀的是升學高中吧。所以禮美才說沒上大學很少見。

    再怎麼溫柔的人也有極限。幸好瀨戶內和菅原沒有上演贖罪與原諒劇場。

    高中時代,成海說:「選擇的不是我,是對方吧!」作者下了這句真是優秀!成海,雖然並不是喜歡他,但描寫得十分細微的他很有魅力。

  • 徐々に繋がっていくよく練られたシナリオに感心してしまう。
    冒頭のバスの話も上手く効いてて良いなぁ。

    円ちゃんみたいな子、たまにいるよねー。
    でも、そのままで生きてこうとすると
    結構しんどいと思うんだよね。
    小池くんって彼氏がいるから大丈夫なんだろうけど。

  • やっぱ暗いなー。

    でも少しずつ謎が溶けていくのが面白い

    はまる予感

  • 昼ドラみたいな展開!

  • 水帆の小さいころの記憶からフラッシュバック。
    「間違ったバス」に乗ってしまった記憶。
    そしてこの巻では今まで見えてこなかった
    「折口はるか」という人物像がしっかりと浮かび上がってきて、面白い!
    クラスメートからは大人しくてあまり存在感のない人とされていた彼女。
    でも少しずつ話を聞いていくうちに、
    クラスメイトが思い描いていた彼女との違いが出てくる。
    セクハラ教師だと思われていた宮本先生の本当の姿。
    先生ははるかちゃんに救われたんだろうなぁ。

    本当に人ってわからないよね。
    私たちは簡単に人をこの人はこういう人だ、と決め付けてしまうことがある。
    一度決め付けてしまってその後掘り起こさないから
    本当はそのせいで見逃していることたくさんあるような気がする。

全15件中 1 - 10件を表示

芦原妃名子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

Piece 2 (フラワーコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Piece 2 (フラワーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Piece 2 (フラワーコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

Piece 2 (フラワーコミックス)のKindle版

ツイートする